読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

家族旅行―5

漸く、夜の帳(とばり)が降りて来た。 しかしアルコールも十分入り、子供達もいるので、以前の様な事(滝汗)は無かった。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/20111216/1323981339 (18禁)

 

ただ、ただ、ベッドに倒れ込むのみだった。

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233246.jpg

 

夜中にトイレに起きたが、酔いは無かった。 うん、良い酒だった。 杖を頼りにトイレに着くと、手摺りに掴まった。 そう、バリアーフリーなのである。 これなら、私でも利用出来る。 

 

こうして何事も無く(汗)、朝を迎えた。 まだ皆が寝ているので、私は再び露天朝風呂を楽しんだ。 

 

その後起床した家族も、次々と露天風呂を楽しみ、朝のニュースをテレビで観ていると、7時50分頃、入り口のチャイムが鳴った。 そう、8時に朝食をお願いしてあったのだ。

 

女性従業員が、布団を上げるかどうか、訊いた。 一瞬、「なぜ?」とは思ったが、きっと朝食後に二度寝をする客もいるのだろう。 我々は、旅行二日目の予定もあるので、上げて貰った。

 

こうして、運ばれた朝食を見て、その豪華さにビックリ!!! これにフリードリンクが付くと言う。

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233245.jpg

 

勿論、まだ昨晩の夕食が十分こなれていないと言うのに、食べれば食べられるものである。 こうして、9時に朝食を終える頃には、皆が「もうこれ以上は、ムリ」と言う程、満腹となった。

 

さて、チェックアウト時間が11時なので、10時50分頃退室しロビーに向かった。 勿論、私は車椅子に乗せられて・・

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233247.jpg

 

閑散としたロビーの隅のカウンターで、クレジットカードで決済すると、酒代も入れて8万円とチョットだった。 私は「安い!」と思った。 その理由は、後述する。