パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

またまた、やってしまった。(4)

さて、頭の傷の縫合(?)から一週間が経った9月29日、抜針のために、再び、○けうちクリニックに行った。 妻の運転で、クリニックの駐車場に着くと、妻がクリニックから、空気の抜けた車椅子を借用して来てくれた。 私は、その車椅子に乗り、待合室に入った。 そして、妻が受付を済まして、順番を待った。 流石に今回は、順番通りらしく、40分程待った。 そして、看護師に呼ばれ、処置室(の前室?)に入った。 

 

机の上には、前回と比較すると、遥かに少ないツールしかない・・ やがて、前回、「縫合」した同じ医師がやって来た。 挨拶もそこそこに、早速、2つのツールを滅菌袋から取り出した。 先が丸く反った手術用の鋏(はさみ)と、長さ20cm程の巨大ピンセットである。 きっと、鋏でステープル(ホチキスの針)を持ち上げ、それをピンセットで抜くに違いない! すると、看護師が、2つに折ったガーゼを傷に沿う様に頭に当てた。 きっとこれは、抜針した時の出血に備えたものだろう。

 

そして、いよいよ「その時」がやって来た。 医師がステープルを、剝がし始めた。 その痛いのなんのったら!?! だって、麻酔無しで、頭皮の肉に馴染んだ針を、無理やり引き抜いてゆくんですよ!!! 私は、本数を数えながら、10に達するのを待った。 しかし、途中、抜針の余りの痛さに、本数が分からなくなった・・

 

では、針を打つときと、どちらが痛いか・・ですって? ほぼ同じに思えた。 但し、針を打つ時は、曲がりなりにも「麻酔」が効いている。 

 

しかし、その昔、T胃腸科医院で縫合糸を抜く時には、痛みは無かった。

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/07/30/075111 (そして、(手術用の)鋏でぷちぷちと切り出した。 しかし、抜糸に伴う痛みは、なかった。)

 

漸く、針を抜き終わった時には、アドレナリンがタップリ分泌され、手の平から、汗が滲んでた・・ まぁ、看護師が特別な処置をしなかったので、異常な出血等は無かったのだろう。 こうして、無事に抜糸(抜針?)が終わり、無事に帰宅の途に就いた。

 

では万が一、次回、縫合が必要な程出血したら、T胃腸科医院が良いだろうか、○けうちクリニックが良いだろうか?

 

もし、○けうちクリニックで、ステープラー(ホッチキス)でなく、チャンと麻酔薬をs.c.(皮下注射)して、糸で縫合するなあ、○けうちクリニックであるが、ろくに麻酔も効いていない内にステープラーで止めて、出血覚悟で針を抜くなら、T胃腸科医院だろう。

 

時々、(全身麻酔による)開腹手術後に、傷をステープラーで止めるらしいが、きっと、抜針の時は、麻酔しないんだろうなぁー・・ その時の痛みを想像すると、今更ながら、「健康って素晴らしいなぁ」と思うのである。

 

最後に、妻が、

 

   「ねぇ、車椅子の空気、何とかならないかしら・・」

 

と言うので、私が

 

   「そうだねぇ・・ メンテナンス担当がいないし、(クリニックの)職員は使わないので、分かんないんだろうなぁ・・ 教えてあげたら?」

 

と言いったら、会計時に職員に告げていた。 もう、このクリニックに来る事は無いことを願うばかりだが、本当に空気が入ったか否か、気になる所ではある。

 

 

またまた、やってしまった。(3)

 

それを聞いた妻が、医師に疑問を投げた。

 

   「あのぉ、センセ? 傷に付ける薬は、出ない(=処方されない)んですか?」

 

と。 それに対して、医師は、

 

   「必要ありません」

 

と言った。 こうして、診療は終わり。私は、廊下の反対側のCT室に連れて行かれた。 CTを撮り終わると、廊下に出た時点で、(車椅子の)私は看護師から、妻に戻された。 そして、看護師は、我々に。

 

   「この後、先生からお話しがありますので、この辺にいて下さいね」

 

と言うので。我々が待っていると、程なく呼ばれた。 診察室に入ると、先程の医師が、モニターを見ていた。 再度、軽い挨拶を交わして、早速医師が、CT像の説明を始めた。 

 

曰く、

 

   「これが、普通のCT像です。 傷は、この辺ですね!」

 

と言い、連続切片を止めた。 更に別の画像を出して、

 

   「こちらは、骨を強調したものです」

 

と言い、周囲のみの画像に替えた。 そして、こう言った。

 

   「怪我は、この辺ですね?」

 

と、円周の一部を指した。 そこには、何にもなかった。 医師は、

 

   「結局、頭部に骨折はありませんでしたねぇ!」

 

と言った。 それを聞き、安堵したのは申すまでもない。 そして、医師は、

 

   「じゃあ、1週間後ね! あ、ピタリ1週間でなくてもイイですからね!」

 

と言うので、礼を述べて診療をおえた。 費用は1割負担だったので、3500円とチョットだった。 内、概算は。初診料500点。手術代1500点、画像診断料1500点だった。 しかし、指定難病医療費月額管理票に書いてくれるので、上限額5000円なので、実質無料となる。 さて、診療内容を見ると、「キシロカイン」(局所麻酔薬)が使ってある!?! エー、じゃあ、あの痛みはなんなのーーー! まさか、キシロカインを傷口に垂らしただけじゃあ、ないだろうなぁ!!! と言うのは、針の位置は傷の両側、数mmの所だぜ! まさか・・ キシロカインが針の辺りまで、効いているとは思われない!?!?! T胃腸科医院での様に、キシロカインは傷の両側にs.c.(皮下注射)しなくっちゃ!!!

.

 

え? 傷をステープラーで止めた所が見たい・・ですって??? じゃあ・・

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20200927/20200927133814.jpg

 

痛々しいでしょ!?!

 

またまた、やってしまった。(2)

 

翌朝、起きて見ると、頭に巻いたタオルを見ると、結構、あちこちと血が着いていた。 但し、その量は極僅かであり、単に、拡散した様だった。 では、シーツには? 実は、シーツにも付く事が懸念されたので、妻は、ペット用の紙シーツを敷いて置いたのだった。

 

その行為が控訴が効を奏して。シーツは無事だった。 その後、休日診療所の表を見た。 そうしたら、以前にも行った事のある、○けうちクリニックだった。うん、それなら、場所も分かっているし、診察券も持っている! そこで、妻‘の運転で、朝の9時の診察開始に間に合う様に、出掛けた。

 

   ――――――――――――――――

 

○けうちクリニックに着くと、妻がクリニックの玄関に入って、車椅子を持って来た。 それは、前回同様に、タイヤの空気が抜けたものだった。 前回から、クリニックの誰も気付かないのだろうか? メンテナンス担当はいないのだろうか!?! 仕方がないので、その車椅子に乗った。 ガタガタと乗り心地も悪く、ましてや押す方も大変だ!

 

こうして、待合室に津kと、既に10人位が待っている! 妻は、受付に行って、男性職員に何かを説明している。 それが終わると、私の所まで戻って来て、こう言った。

 

   「凄く大袈裟に言ってきたからねっ! 例えば、『どれ位、出血しましたか?』ときくので、私は、『テレビドラマでし見た事がない位です』と答えといたよ~」

 

と。。 だから、妻は、男性職員に何かを「訴えて」いたのだった。 そのせいか、一番に呼ばれた!!! 私は、「まさか、妻の訴えを、真に受けて!?!」とか思った

 

私は、車椅子のまま、診察室の隣の処置室(の前室?)に入った。 そして、暫くして、医師が来た。

 

私の懸念は。

 

   「まさか、この前の(内科の?)先生じゃあないだろうなぁ・・」

 

と言う事だったが、部屋に入って来た医師を見て、安心した。 と言うのは、(洗濯しても落ち‘ばい?)大小シミ付いた、水色のケーシーを着ていたからだ。 いかにも「外科医」といういでたちだったからである。

 

彼は、私を見るなり、

 

    「こんちわ・・ 傷はどこですか? あぁ、これねぇ・・」

 

と私の背後に回りながら、忙(せわ)しそうに言った。 どうやら、私は、傷の位置を誤解していたおうだ。 耳の上でなく、どうも、右側の額の上から、旋毛(つむじ)の方向にある様だ。 そして、その長さが8nmもある・・と言う! だから、就寝時に巻いたタオルだ、結構、血に染まっていた訳だ!

 

   ――――――――――――――

 

そして、医師は、おおきなプラスチック製のステープラーで、バッチン、バッチンと傷を止め始めた。 その痛い事、痛い事!!! 一針毎に、アドレナリンがドバッと出てくる感じである。 もし、これが拷問だったら、直ぐにゲロしてしまいそうだ・・

 

こうして縫合が終わると、妻が室内に呼ばれ、概略の説明がなされた。 その中で、一週間後に来る様に言われると、妻が私に

 

   「これで、一週間。髪を洗えないねぇ・・」

 

と言うと、医師は、

 

   「もう、明日には、シャワーのお湯を(傷口に)掛けて大丈夫ですよぉー」

 

と言った。 すると、妻が聞き返した。

 

   」えっ? 明日ですか!?!」

 

‘すると、医師は、

 

   「そうです、明日からです。 髪は清潔な方が、イイでしょ」

 

と、ユックリと、諭す様な口調で言った。 そして、

 

   「念のため、CTを撮りましょう」

 

と言った。 それを聞いた妻が、医師に疑問を投げた。

 

 

またまた、やってしまった。(1)

 

それは、9月21日の夜の事だった。 夜も11時半になったので、

 

  「(さぁて。そろそろ寝ようか)」

 

と思い、

 

  「(そうだ! 夜の分の薬を飲まなくっちゃ!)」

 

と思った。 そして薬のある所まで歩いて行った。 そう、レンタルの手摺りを(右?)手で持ち、左に進めば薬のある棚だ、 所が、なぜか右の方に落ちて行った。 が、一瞬、何が起きたか分らなってしまった。 そのため、重力ななすがままに、手摺りを持った(右?)手を中心に回転しながら・落ちて行った。 間が悪い‥と言うのは、こう言う事を言うのだろう、その先には、掃き出し窓の枠があった。 

 

まぁ、不幸中の幸い・・とでも言えるとしたら、その窓枠が(アルミニウムでなく)木で出来ていた事と、チャンと、大きく面取りしてあった事だろう・・

 

しかし、その窓枠に思いっ切りぶつけてしまった事に変わりはない・・ 

 

   「痛―――!」

 

と思わず、声が出てしまった。 そして、その音に驚いて、(先に寝ていた)妻が起きて来たので。私が、小声で

 

   「助けてぇ・・」

 

と言うと、事の重大さに気付いたのか、

 

   「大丈夫?」

 

と言いながら、ティッシュペーパーで、床を拭き始めた。 そう、出血してしまったのである。 しかし、その量があまりにも多いので、風呂場の脱衣場に行って、タオルを持って来た。

 

では、どの位の量かと言うと、私が見た所、50cc位だと思えた。 では、傷の位置は? 私は、倒れ込む間の0.何秒の間に、考えた。

 

   「このまま倒れると、顔に当たってしまうぞ! それだけは、何としても避けなければならない。 そうだ、頭なら、髪の毛が(少しは)クッションとなってくれるだろう・・」

 

と言うような事である。 その結果、確かに顔は無傷だったが、頭皮の中から出血したのである。 顔の右側だ。 私は、もう一枚のタオルで圧迫止血をした。 当たって一番痛い耳の上を圧迫した。 うん、確か左側の対応する位置(=耳の上)には、確かに動脈が走っている。 顔や頭は、皮膚の下に肉がないので、直ぐ出血する・・と聞いた事があった。 きっと、多量に出血したのは、そのためだろう・・等と考えた。 

 

妻は、床に溜まった血液を見て、

 

   「救急車を呼ぼうか?」

 

とは言ったが、もう出血は止まったので、私が

 

    「呼ばなくても、大丈夫だよ」

 

と止めた。 その後、タオルを頭に巻いて、就寝した。

 

 

癒しの一日 ― 富弘美術館  

 

 

貴方(貴女)は、「富弘美術館」をご存知だろうか? え? ご存じない??? では、紹介しましょう。 

 

   https://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/

 

先ず、場所ですが、上記URLにある通り、群馬県みどり市にあります。 え? みどり市もご存じない!?! ん! もう仕方ないなぁ・・

 

   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E5%B8%82

 

え? 地図が無いと、具体的なイメージが湧かない・・ですって!?! じゃあ、上記URLにある地図でも、見て下さいっ!!!

 

では、いよいよ、核心へ・・ 

 

続いて、「富弘美術館」の「富弘」とは? これは、「星野富弘」の名前ですね! え? 星野富弘を知らない??? 彼は、詩画作家です。 勿論、みどり市(旧 勢多郡東村)生まれ(1946年)です。 では、詩画とは?

 

詩画とは、画に詩を添えたものです。 例えば、「相田みつを」の作品に絵を加えた様な・・

 

彼は群馬大学を卒業後、中学の教師となったが、部活指導中の落下事故により、頸髄損傷を起こし、首から下が動かなくなってしまった。 それは、1970年(24歳)の時であった。 確かに、首から下は動かない、しかし、口は動く! そこで、口で筆を咥えて、絵を描いた。 最初に書いた画は、子供の落書きの様な、献身的に看護する母の姿であった。 1972年の事であった。 以降、画に詩を付ける様になり、腕をドンドン上げて行った。

 

で、本来なら、ここで作品を紹介したいのだが、会場は撮影禁止、著作権もあるので、Google.comの画像で、「星野富弘」で検索してみて下さい。

 

  https://www.townnews.co.jp/0108/images/a000903126_02.jpg

 

で、なぜ、「癒し」になるかと言うと、その詩が兎に角優しい。 また、花の絵が、「これ、本当に口に咥えた筆で描いたの?」と思うほどリアルだからだ。 更に、年代別に見てゆくのも、楽しい。 彼のスキルアップの様子も、見て取れるからである。

 

しかも、平日だと、お客は殆んどいないので、車椅子でもゆっくり観られた。

 

尚、妻と私は、義妹夫婦と一緒に行った。 義弟は、全行程車を運転してくれたばかりか、車椅子の有無も調べておいてくれた様である。 彼女達には感謝してもし切れない。

 

ハビリ538 ― 9月のリハビリ(2)

さて、続いて週の後半のリハビリの様子を記そう。 週の後半のリハビリの担当理学療法士は、K士である。 尚、週の前半の理学療法士が。(ほぼ)毎回変わるのは。対照的である。

 

https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/10/06/082427

 

今回は、2つのトピックを挙げよう。

 

先ずは 11つ目。 士は、先月まで、いくつかの体幹強化のためのストレッチ法を教えてきたが、それがいよいよ。佳境に入って来た。 

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/09/15/085151

 

例えば、従来は呼吸に合わせて、バンザイをする等だったけれど、種類も、従ってストレッチ対象部位も増えて来た。 例えば、呼吸に合わせて、(仰向けのまま)お尻を持ち上げたり、片脚を伸ばしたまま、もう片方の脚を持ち上げて、胸まで付けたり等である。 これを、以降は、ルーチン‘として毎回やる様になった。

 

続いて、2つ目。 それは、3個月毎の「体力測定」である。 前回は、例えば椅子の周りを回って帰ってくるのに、9.91秒と言う、驚異の記録(もう一回はは、8秒台!)を叩き出して。Sh士を驚かせた。

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/07/09/061437

 

そして、9月中には、腕伸ばしをやった。 前回、25cmで「合格」となった例のやつである、

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/04/17/101707 (前々回)

 

そして、今回は、24.5cm・・だと、K士が言った。 その数値を見て、彼は、

 

   「前回と、同じですね!」

 

とも評した ま、合格ラインが15cmなので。そんな0.5cm位は、誤差の内なのだろう。

 

リハビリ537 ― 9月のリハビリ(1)

 

9月のリハビリさて、2020年9月のリハビリであるが、週の前半に4回、週の湖畔に4回だ。 先ず、週の前半は、担当の理学療法士が、変わるが、9月は、Sh士、I士、I士、S士だった。 

 

最初のSh士であるが、色々と教えてくれた。 例えば、椅子に腰かけた状態で、

 

   「片脚が水平まで上がらないのは、ここの筋肉が上手く働かないからなんだよ」

 

と言いつつ、私の大腿四頭筋を触ったり、

 

   「ここの筋肉が、硬直しちゃうと、上半身が前屈みになっちゃうんだよ」

 

とか、である。

 

その次は、私の苦手なI士である。 実は、彼が2週連続とは、珍しい。 彼は、マッサージが終わると、台の脇に私をたたせて、スクワットをやってみよ・・と言う。 まぁ、足を肩幅に開いているので、分かりやすい。 問題は、両脚を前後に開いてやるスクワットが、以前から、良く分からなかった。

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/12/18/101929

 

彼は、私の横にいて、私の上半身がブレない様、抑えている。 そこで、スクワットにはならないが、上半身を鉛直に保ったまま、重心を前の脚に掛けて、少し腰を落としてみた。 もちろん前の脚の膝は爪先より前に出て、上半身と下半身とが角度を付けて折れ曲がっている訳でもない・・ 

 

すると、彼は、

 

   「(おっ、いいねぇ!)」

 

と言う様な表情をした、 そして、今度は私に、前後の脚を替えてやる様に言ったので、もうスクワットとは無関係とおもうと、気が楽になった。

 

そして、最後にリハビリ室を1周歩くのであるが、先月、K士に言われた様に、私が「ゆっくり、大きく」歩くと、彼は、

 

   「お、今日は、歩行が上手ですねぇ」

 

と評価してくれた。

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/09/15/085151