パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

N院長による診察

 

さて、8月は、N院長による診察が3回もあった。 その内、月初のは、健康保険による「転倒と圧迫骨折(12)」中旬のは「介護の診察(5)」であり、3ヶ月毎に行われるものだ。 今回は、少し早い気もするが・・

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/07/07/070723

 

そして、最後は、再度の「転倒と圧迫骨折(13)」だ。 なぜ、1ヶ月に2回あるかと言うと、4週間おきだからだ。

 

それでは、それぞれのトピックを見て行こう。 尚、「転倒と圧迫骨折(12)」と「同(13)」は、ほぼ同じなので、纏めて記そう。

 

さて、N整形外科につくと、受付を済ませてリハビリ室で待っていると、白の上下の制服を着た女性が迎えに来る。 以前は、看護師が迎えに来て、私をレントゲン室まで連れて行ったが、このころからX線技師が直接迎えに来て、(車椅子の私を)介助する様になっていた。

 

そして、技師のみでX線写真を撮り、スキャナーに掛ける。 その画像が、医師の下に届く様になっている。 そして、私は妻のもとに返され、医師の診察を待つ事になる。 

 

暫くすると、私の名前が呼ばれ、妻が(車椅子の)私を診察室の入り口まで連れて行くと、診察室内では。看護師が私の世話をする。 軽い挨拶を医師と交わし、診察が始まる。 すると、医師は先程のレントゲン像を拡大表示し、圧迫骨折した骨の間隙を定規で測り、電卓で(間隙の測定値を拡大率で割って、実際の間隙を)計算している。

 

そして、電卓で計算した結果については我々に伝えず、問診に入る。 前回からの私の様子を妻から訊き、私の膝を叩いて、

 

   「ほらぁ、もっと頑張らなくちゃあ・・」

 

と鼓舞するのである。 こうして、次の診察日を決め、終了となる。

 

   ―――――――――――――――――

 

続いては、8月中旬の介護の診察であるが、リハビリの日に、一人で受ける様にしている。 今回は、割と真面目にやった。 例えば、背中の上部をドンドンと叩き、

 

   「(圧迫骨折部位に)響きますか?」

 

と、聴く。 私は、決まって、

 

   「いいえ。響きません」

 

と、答える。 また、今回は、尻上げのテストをやった。 私は、看護師の介助を得て(本当は介助不要なのだが)診察台に上がり、仰向けになり、膝を立てた。 すると、

 

   「ハイ、お尻を持ち上げてぇ・・」

 

と言うので、持ち上げると、看護師は、私のお尻の下に手を置き、時計を見て、

 

   「1、2、3、4・・」

 

と数え始め、60に達したら、

 

   「ハイ、1分出来ました! イイですよ、お尻を下ろして・・」

 

と言う。 それを聞いたN医師は、

 

   「ハイ、1分出来たね」

 

と復唱した。 こうして介護の診察は終わり、リハビリ室へ戻って行くのである。

 

新パソコンで、遊ぶ(に、遊ばれる)(8)  

 

さて、懸案のメーラーOutLook.comであるが、Web版が無料で使える・・と言う。

 

   https://support.microsoft.com/ja-jp/office/outlook-on-the-web-%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%92%E5%8F%82%E7%85%A7%E3%81%99%E3%82%8B-cf659288-35cc-4c6c-8c75-e8e4317fda11

 

で、無料であるので、早速、試してみた。 そうしたら、画面が3分割され、左側にアカウントやフォルダーが、中央にはメールが、右側にはメールのヘッドラインが表示されている。 なるほど、ヘッドラインが現れれば、メールを探す時に便利だ。

 

そして、その画面の右上には、私の写真があるではないか! ・・と言う事は、既にサインインしている・・と言う事??? もしそうなら、顔写真をクリックすればメニューが出て、その中に「サインアウト」があるハズである。 そこで、クリックしてもると・・

 

オオ、本当に画面がかわって、また、他のTabもWindows 10のロゴに変わった。 

 

やはり、メーラーOutlook.comにサインインしていたのだった。 じゃあ、今回のWeb上のOutLook.comでログアウトしたら、メーラーのOutlok.comもサインアウトするのか? 秋の夜長も大分更けてきたので、翌日の宿題としよう。

 

   ――――――――――――――

 

で、翌朝、Outlook.comを起動し、sign inのホットスポットをクリックすると・・

出ました! サインインを促すメッセージが!!! そう、サインアウトしていたのであった。 じゃあ、後は、メセージの授受が出来れば、完成である!?! そこで、自分のスマートフォンから、メールを送ったら・・

 

来ました!!!!! これでマシンのセットアップはほぼ終わった。 

 

   「(ああ、長かった・・)」、「(大分、新パソコンに、遊ばれた)」

 

と言うのが、正直な感想である。

 

さあ、これからは、新パソコンで遊ぶゾー!!!

 

新パソコンで、遊ぶ(に、遊ばれる)(7)

 

さて、Pro3を修理に出すなら、回復ドライブを作成しなければならない。 しかし、我が家のUSBメモリーでは、容量足りながい。 そこで、近くの大型家電店に行った。 ま、16Gあれば十分だろうと思い、16Gのものを探した。 そうしたら、本当に、色んな会社から、色んな値段のものが、並んでいる! その中で、私は規格が3.0(以上)のものを選択た 理由は「転送スピード」が2.0のものより格段に早いからだ。 すると、税抜き730円のが。BUFFALOのものが3.1まで対応していて、1年保証とある。 しかし、32Gでも価格殆んど変わらない・・ 迷う時であるが、まぁ、固定的な使用法なので、安価な方(=16G)を購入した。 

 

早速、帰宅して、回復ドライブの作成を行った。 Windows 10の新バージョンでは、スタートボタンの横にある検索ウインドウに「回復ドライブ」と入れれば良かったが、Pro3のWindowsバージョンには、それが無い・・ 

 

では、どうするか? インターネットを見ると、コントロールパネルから出来る様だ。

 

   https://pc-kaizen.com/windows10-how-to-open-the-control-panel

 

そこには、3つの方法がかいてあったが、最初のL方法、Pro3Windows 10版には、Cortina起動用の「○印」は無い。 そこで、2番目の方法を試したら、これがドンピタだった。 つまり、イクスプローラのトップにカーサーがある状態で、上矢印(↑)を押せば良い。

顕れたコントロールパネルのアイコンをクリックし、その後、詳細表示にすると・・ ありました! 「回復」と言うメニューが!!! 早速、買ってきたUSBモリーを挿し、最初のメニューをクリックすると・・ 出ました、「メモリー中のデータは、全てなくなります」と言う警告が・・ 勿論、「Yes」を押して進むと、始まりました、回復ドライブの作成が!?!

 

ここで、前回(Pro7の時に40分近く掛かった経験から)、放置して15分程経って戻ってみると、既に終わっていた!?!

 

まさか、USBモリーの(転送スピードの)差ではないだろう・・

 

今回は、比較的上手く行った例であるが、こののち、OUTLOOK.COMでも一山あったのである・・

 

 

新パソコンで遊ぶ(に、遊ばれる)(6)

 いよいよ、新パソコン(Surface Pro7)のセットアップも、終盤に差し掛かって来た。 先ずは、Zoomのインストールからはじめよう。 これは、知人からクライアントモジュールのURLを 紹介されたものだが、また、必要になるからである。

 

しかも、当時はPro3でそのURLを、メールで受けていた。 

 

   「それなら、そのメールをPro7に転送すればイイ」

 

ですって! そりゃ、そぅなんですが、まだ、OutLookのセットアップ作業がまだだ。 では、どうするか? だったら、ZoomのクライアントモジュールのURLをUSBメモリー中のテキストにすれば良い。 それには、Pro3で当該メールを表示すれば良い。 しかし、Pro3は、キーボードが上手く動かない・・ そこで、古いパソコン(Windows 7 on acer aspire one)で、zoomをテキストとして書き出し、USBメモリーに保存すれば良い。

 

そこで、古いパソコンで、word2000を起こし、zoomをテキスト入力して、USBメモリーに保存した。 そのミニファイルをPro3で読んで、テキストをコピーし、当該メールを探し出してURLをコピーして、同じミニファイルに行を変えて保存した。 今度は、そのURLをPro7で読み込み、ブラウザーのURLとして、入れれば良い。

 

で、実際、その通りにやると、zoomのクライアントモジュールのダウンロード画面が出て来た!!! 勿論、ここからは一本道。 ダウンロードして、そのファイルを実行すれば良い。 すると・・ おおきなzoomのロゴマークが出た。

 

ここまで、1時間半程掛かってしまった・・ (恥)

 

   ――――――――――――――

 

続いての作業は、OutLookのインストールである。 これも一本道。 Google PlayOutLookを検索すると、「Microsoft store」にある。 そして、「この製品を所有しています」にチェックが入っている。 そこで、zoom同様、ダウンロードして実行した。

 

すると、サインイン画面が出て来る。 ここにアカウントを入れ、次回から(起動と同時にサインインする)に、チェックを入れ、れば良い。

 

こうして、アカウントを登録すれば、メールの授受が可能だ。 否、可能のハズだ。 すると、早速、OutLookのアカウントに、メールが届いてイル!?! 早速開封すると、

 

「Please sign in to your Outlook.com account」

 

と言うタイトルで、次の様な内容のメールが「OutLook.com Team」から届いている。

 

   Hello ○○○@outlook.jp, (○○○は、私のメールアドレス)

To continue sending messages, please sign in and validate your Outlook.com account.

This helps us stop automated programs from sending junk email.

Thanks for your help and patience!

The Outlook.com Team

 

とある。 つまり、まだ、サインインしていないらしい・・ では、サインインするためには?

 

ここから、地獄の始まりだった。 上記、リンクを辿っても、

 

  • 現在、サインイン状態なのかサインアウト状態なのか、分からない。
  • サインインすれば、ユーザーの(顔)写真が右上に現れる・・と言うが、そのY法な場所が無い。
  • サインアウトの方法が、明示されていない。
  • もしパスワードの入力ミスなら、なぜその時にエラーとならないのか?

 

等の疑問がある。 そのため、現在も使用できていない。 トホホ・・

新パソコンで、遊ぶ(に、遊ばれる)(5)

 

さて、新パソコン(Surface Pro7)のセットアップも大分進み、WordやExcelは勿論の事、One Driveも使える様になった。 後は、回復ドライブの作成である。

 

昔は、「リカバリーディスク」と言うのが、パソコンに付属していた。 ある時から、自分で作成するようになり、Windows 8辺りから、USBメモリーを使う様になった。 きっと、容量の問題だろう。 と言うのは、肥大化する一方のOSに、DVDの4.7Gでは不足してしまっている。 実際、新パソコン(Pro7)では、9.22Gもある! ま、容量だけならDVD2枚で足りるが、ファイルサイズによっては、ファイル読み込み中にディスクを交換しなければ、ならない・・

 

少し話題が逸れたが、今回は、Pro7用の回復ドライブを16GのUSBメモリーに作成した。 そこで、まだ回復ドライブを作成していないPro3で、素晴らしい事を思い付いた! それは、Pro7用の回復ドライブで、(調子の悪い)Pro3を「修復セットアップ」する事である! これなら、データもデバイスドライバーもそのままだ!!!

 

で、早速、回復ドライブであるUSBメモリーをPro3に挿して、マシンを何度かリブートして寝た。 すると、翌朝、ブルーの画面になっているでははいか!?! そう、回復ドライブから、ブートしたのである!!! 画面には、ブルーの背景に白い文字で、作業の選択肢が現れるので、「修復」をタップした。 すると、画面は「英語か日本語か」の選択肢が白い文字で書かれているものに変わった。

 

早速、画面から日本語の方をタップすると、今度はキーボード・レイアウトの選択肢になるが、アルファベティカルに多数並んでいる。 「日本語」は、随分と下の方だ。 そして、日本語をタップすると・・

 

リブートしてしまった。 画面には中央に「Surface」のロゴが表示されたままなのである。 勿論、時間を置いても前には進まない・・ つまり、失敗なのであった。 結構イイ、アイデアだと思

ったけどなぁ・・

 

   ―――――――――――――――

 

矢張り、回復ドライブはUSBメモリーで作るしかなさそうだ。 そこで、その昔に使ったRemixのOSをいれたデバイスを出して来た。 確か、16Gはあったハズだ。

 

そこで、プロパティーを見ると、7割程が「空き領域」だ。 使用可能な領域は、3割程度で、112Mである。 これでは、全体が16Gには届きそうもないが、取り敢えずformatしてみよう。

 

それには、「スタート」ボタンを右クリックして、「ファイルを指定して実行」をクリックします。 すると、ちいさなBoxが開いて、実行したプログラム名を入力するか、「参照」ボタンで探せば良い。 私の場合は、プログラム名は分っているので、

 

   「format e:」

 

として、「OK」ボタンをクリックした。  尚、パラメータの「e:」は、USBメモリーのあるドライブであり、デフォルトドライブである「c:」をformatしないためのオマジナイである。 

 

こうして意気揚々と、「OK」ボタンをおした。 すると・・

 

一瞬、画面に白い線が現れて消えたのみだった。 そこで、私は

 

   「(ハハーン、パラメータを受け付けないんだな!)」

 

と思い、パラメータ無しで試したが、結果は同じだった。

 

   「(もう、こうなったら、DOS boxでやるしかない・・)」

 

と思って、

 

   「Command」

 

と入力し、「OK」ボタンを押した。 すると、DOS Boxが開いて、システムプロンプトが現れ・・るハズだったが、現実は、一瞬、画面に白い枠が光ったのみだった。

 

そして、c:内を検索したが、Cmmmand.com もCommand.exeもなかった。

 

   「「こりゃ、一から勉強し直さないとだめだな・・」」

 

と思った。 トホホ・・

 

ま、文書にするとこれだけだが、実際には、他にも色々あって、2日程掛かっている。

 

 

8月のリハビリ

 

では、2020年8月のリハビリについて記そう。 先ずは、週の前半であるが、毎回、担当の理学療法士が変わる。 第一週の担当がS士である事は、既述した。

 

   https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/08/11/170709 の中央付近に、「8月も含めると、(S士が)またしても(?)連続3回となる。」の記述がある。

 

そして、第二週がT士、第三週・第四週が再びS士である。 これで。9月の第一週がS士だったら、3週連続は、3度目となる。

 

まぁ、介護保険によるリハビリは、こうやって担当が変わるが、健康保険によるリハビリは、変わらない様だ。 と言うのは、同じ担当が患者に、

 

   「次回のリハビリは、いつにしますか?」

 

と訊いているからである。 ま、どちらが良いのか、一長一短であろうか?

 

   ――――――――――――――

 

もっとも、私の場合は、週の後半はK士で、固定的である。 固定のせいか、良く私の病気の事、および、そのリハビリについて良く調べている。 例えば、2回目のリハビリの時に、こんな事をいった。

 

   「(私と)同じ病気の人のリハビリの例が、載っていましたよぉ・・」

と。 それによると、

 

`   「それは、大きく、ユックリと歩く事なんです」

 

と言う事らしい。 実際、大きく、ユックリ歩くと、パーキンソン病(症候群)に特徴的なチョコチョコ歩きから脱せた様な気がして来た。 ま、杖が必要ではあるが・・

 

   ―――――――――――――

 

そして、体幹強化のためのストレッチとして、前回の仰向け状態でのバンザイに加えて、両脚を揃えて左右に倒すものやった。 ただ、息を吸うタイミングや吐くタイミングと、動作との同期については、減給がなかった。

 

また、やってしまった。(2)  

 

本稿は、前稿の続きである。 前稿のURLは、次の通り。

 

   

https://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/09/11/101611

 

さて、前回、風呂上りに、歩行器を持ったまま前に転倒し、左側額の上部にこぶを作ってしまった事、及び、そのこぶの頂点から僅かに出血し、その傷の処置をした所まで報告した。

 

これで、一件落着かと思われた。 と言うのも、こぶは翌日から目立たなくなり、傷も薄皮を剝がすように日に日に良くなって行き、もう、3日目からは、バンドエイドは不要となったからである。

 

   ――――――――――――――

 

所が、5日目に、妻が私の顔を見て、

 

   「どうしたの? 目の上??? アイシャドウを塗った様になっているよ!?!」

 

と言うのである・・  私は、

 

   「(まさか・・)」

 

と思いながらも、手鏡を見た。 すると、本当に左目の瞼(まぶた)に沿って、暗い紫色になっているではないか!?! これはきっと、こぶの中の血液が下りて来たに違いない・・と思われた。 さあ、困った・・ 困ったからと言って、特別打つ手もない・・ まぁ、ほおって置くしかないだろう。

 

すると、翌日には、今度はその紫色が目頭まで下りて来たのである。 今度は、もっと濃く、くっきりと・・ 

 

まるで、パンダである。 と言うか、目にパンチを受けた様である。 これじゃあ、人前に出られない・・ しかし、リハビリの日は、やって来る・・ 

 

   「(そうだ! サングラスをすれば、分からない!!!)」

とは思ったが、サングラスをしている方が、目立つ・・ と思い、そのままリハビリに行った。 すると、担当の理学療法士が、

 

   「ここ、どうしたんですか?」

 

と訊いた。 私は、転倒した事、その結果こぶができた事、更にその

 

   「こぶの中の血液が。下りて来たんです」

 

と説明した。 まぁ、それで彼が納得したかどうかは分からない。 しかし、それ以上のツッコミは無かった。

 

しかし、問題はこの血液が。目の下まで回って来るか否か・・である。 そうしたら、翌日にはそれ以上、下がらなかった。 更にその翌日には、瞼の一部の色が淡くなっているではないか! そう、血液が周辺の組織に吸収され始めたのである!!!

 

その後、どんどん色は日ごとに薄くなってはいったが、ほぼ分からなくなるまで、一週間を要した。