読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

樹を切る

今にして思えば、あんなに植えるんじゃなかった。 当時は、知識も経験も無かったので、ハウスメーカーの言うままに、アパートの植栽をOKしてしまった。 その後の植栽管理の大変さも、分からずに・・

 

妻が父からアパートを相続した段階で、植栽は伸び放題だった。 ツツジの様な低木をヘッジトリマーで刈り、また立ち木の剪定を行い、自分の背の高さに揃えた。 これは結構大変だった。 しかし、当時は発症していなかったので、まだ、出来た。

 

その後、立ち木の上を詰めたら、ヒコバエが出る様になった。 所が、低木のツツジがあるので、そのヒコバエを刈るのが難しいのである。 更には、背の高さの所で維持するのも大変だった。 と言うのは、剪定する高さが、自分の背より高い場所になってしまうからだ。では、どうしたら良いのか?

 

私の結論は、妻の腰の高さに詰める事である。 そうすれば、以降はヘッジトリマーのみで、維持出来るハズである。 そこで春になる前に立ち木を、もう一度、詰める事にした。

 

ツールは、充電式のノコギリと手引きノコである。 勿論、電ノコはフル充電しておく。 さて、立ち木は4株、それぞれが4~5本に(下の方から)枝分かれしている。 太さは直径3~4cmの細いものから、6cmは有ろうか・・と思える程の太さのものまで、色々だ。 

 

   ―――――――――――――――――

 

先ずは、電ノコで詰めて行く。 で、細い枝は、数分で切れる。 問題は、太い枝である。 ノコの刃にアサリが無いので、途中、摩擦で刃が動かなくなってしまう。 勿論、電ノコには過電流防止装置が付いているので、それ自体が壊れる事はない。 しかし、大きな負荷がバッテリーに掛かっているのは、間違いない。 事実、その様な負荷を掛け続けていると、やがて赤ランプが点き、動かなくなってしまう。

 

では、どうしたらよいのか? 3つの方法がある。 一つ目は、刃と切り口との摩擦を減らすため、切り口を広げれば良い。 それには、妻に枝を抑えてもられば良い。 二つ目は、電ノコで円周に沿って、切って行く方法もある。 特に反対側からも切れば、刃を余り深く入れる必要も無い。 最後の三つ目は、切り口の近くからもう一本切れ目を斜めに入れ、切り口を楔(くさび)状にする事である。

 

しかし、木が太いと、一つ目の方法では広がらず、二つ目の方法も他の枝が干渉する場合は使えない。 その結果、最後の三つ目の方法しか無いのであるが、バッテリーを2倍消耗する。 すると、余り作業をしてもいないのに、帰宅して充電せねばならず、その結果、切るのに日数が掛かってしまう。 と言うのも、土日・祝日はアパートに住人がいるので、剪定や伐採はやらないからだ。 

 

え? 手引きノコもあるだろう・・ですって??? 確かに持参はするが、鉛直に立っている木に水平に刃を当てて切るのは、(体勢として)難しい。 しかも、刃が電ノコの刃より厚いので、途中から手引きノコは使えないのである。 オマケにこれも剪定用なので、アサリが無い。

 

こうして、延べ5日を掛けて、漸く高さを詰める事が出来た。

 

   ―――――――――――――――――

 

もう一つの教訓は、100VのACコンセントである。 今にして思えば、(鍵を付けて)植栽の近辺に設置しておけば良かった。 そうすれば、回転刃の電ノコもチェーンソーも使えたのだった。 (電気代は、街灯や階段灯等と同じく、共用として。)

 

 

気功―42

前回の気功の施術からほぼ2ヶ月が経過し、2月中旬の予約日となった。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/30/090735

 

そこで妻の運転で。気功師の自宅へ。 体調は良いが、念のため杖を持参した。 しかし、結果として「お荷物」となってしまった。 つまり、杖は突かずに手に持って歩いた・・と言う事である。 それ程、新しく追加された抗パーキンソン病薬(=ノウリアスト、40㎎/日)が奏効しているのである。

 

さて、玄関を上がり、いつもの施術用の小部屋に入り、挨拶後、早速施術になった。 今の問題は、右肩の痛みである。 施術途中に、妻が私の右肩が痛む事を伝えたら、集中的に右肩をマッサージした。 気功師曰く、

 

   「確かに左の肩より右の方が(炎症で腫れて)大きいわね。 それに肩(関節)じゃなく、筋肉ね?」

 

と。 そして、マッサージし終えて、続けた。

 

   「筋肉内のコリコリしたものは、無くなったわ」

 

と言い、右肩への施術を終えた。 更に仰向けになり、10分程施術して本日の気功を終えた。

 

その後、本日の講評となった。 先ずは、全体的に良くなった・・と。 続けて、

 

   「ほら、表情もイイでしょ! それに、声も良くわかるし・・」

 

と評価してくれた。 更には、右肩については、養生訓でも教えてくれるのかと思ったら、

 

   「痛いからと言って動かさないと、固まっちゃうわよ」

 

と注意をした。 

 

   「(オイオイ、手かざしか何か、施術でもしてくれないん?)」

 

と、チョッピリ不満に思った。 その後、義母の認知症に就いて報告し、気功師は去年(やっと)生まれた孫の話しをし、次回を4月の下旬に予約してお開きとなった。

 

そうそう、施術後に今回は塩を3種類、分けてくれた。 一つはピンクで、何処かの岩塩を細かくしたもので、チャック付きの小さなビニール袋に入っていた。 もう一つは半紙の様な紙に包まれたもの。 最後は、食卓塩の様にサラサラとした純白の塩で、やはり小さなビニール袋に入っていた。

 

最初のピンクの塩と最後の純白のは食用で、汁物や煮物等に用いると勿体ないので、直接味わう用途に使う様、勧められた。 また、二番目のは、車のダッシュボードに置く様に言われた。 きっと、交通安全祈願(=事故よけ)なのだろう。

 

確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続々)

こうして、初めての器械を用いた訓練を終え、彼は私の歩容を確認しながら、私を広い場所に案内した。 さて、ここからが大変だった。

 

先ず、両足を少し開き、右足を大きく前に踏み出す。 そして両手を右足の前で(米搗きバッタの様に)床に着け、右足を戻して最初のポジションに戻る。 続いて、左足から同じ動作を繰り返す。 この大変な所は、前に出した足を戻す時だ。 前の足で蹴って重心を後ろの足に戻す時に、余程力を入れないと、戻れない。 しかも、一瞬片足になるので、体幹の安定が悪くなる。 

 

最初は前に出した足を戻す時、一度に戻れず、何回かに分けてズルズルと戻らざるを得なかった。 それでも、私が前の足で床を蹴って何とか一度で戻ると、I士が

 
   

 

 

   「そうそう、イイですねぇ・・」

 

と応援してくれるので、つい、頑張ってしまう。

 

続いて、「横歩き」を行った。 例えば、左足を自分の左横にステップ、続いて右足を交差させて左足の左前に置く。 以上を繰り返す。 その間、I士は私の両肩を持ち、ステップの方向に平行に保っていた。

 

そして、戻る時は、右足を右横にステップし、続いて左足を交差させて右足の右後ろに置く。

 

更に、左足を左横、右足を左足の左前に交差させ、左足を左横、右足を左足の左後ろに ・・ これを繰り返すと、「グレープバインツイスト」となる。 フォークダンスのマイムマイムで踊る、最初のステップである。 (4拍目のリープは、普通の横ステップに置き換える。)

 

I士の評価は、

 

   「イイじゃないっすか! 足が絡まずに、上手く出来てますよ!!!」

 

と、高かった。

 

   ――――――――――――――――――

 

そして、最後はジャンプである。 これは、前回、出来なかったものである。 彼が手本を見せた。 私もやって見たが、高く飛べないので直ぐ落下し、段々と周期が早くなってしまう。 すると彼がユックリやる様注意するのであるが、まぁ、それが出来れば病気じゃない。 ユックリになると、疲労も溜まり足が床に吸い付いた様に、すくんでしまうのである。

 

これでは、縄跳びも無理の様だ。 彼は、

 

   「最初のと二番目のは、すくんだ時の回復のためなんですよ」

 

と、教えてくれた。 きっと最後のは、今月の希望である「下半身の筋肉を付けたい・・」を実現するためなのだろう。

 

結構ハードだったので、帰りは杖を使った。

 

 

確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」(続)

さて、税務署での申請手続きが終わったら、今日はリハビリのある日だ。 車で税務署から総合病院まで、15分程だ。 そこで妻の運転で病院の正面玄関に着けて貰い、先に私だけリハビリ室に向かった。

 

さて、10分程で妻が受診難内票を持って来たので、いつものM医師による予診を受けて、待合用の椅子で待っていた。 するとほぼ定刻にI士が現れ、リハビリ室に向かい、空いている台を探して、リハビリ開始となった。 

 

台に着く途中、I士が私の様子を見て、

 

   「調子イイみたいですねぇ、歩き方もしっかりして・・」

 

と評価してくれた。 私はその時、杖を(床に突かずに)手に持って歩いていた。

 

    ――――――――――――――――――

 

私が台に仰向けになり、I士による施術が始まった。 脚の屈伸を行いながら、彼が言った。

 

   「柔らかいですねぇ・・」

 

しかし、私には最初、その意味が分からなかった。 どうやら、パーキンソン病(症候群)における固縮が緩和された事を意味しているらしいが、言外にノウリアストの効果を言っている様だった。 と言う事は、2ヶ月前までは、「脚の関節に固縮がある」と思いながら施術を行っていたのだろうか!?!

 

さて、今日の新技である。 彼は私に靴を履き、別の台へと誘(いざな)った。 その台には上方にフレームがあり、朱色の紐が2本下がっている。 紐の先にはフックが付いている。

 

すると、彼は私に台に浅く腰掛ける様指示し、両端に輪の付いたカマーバンドの様な物を持って来た。 そしてそのバンドを左右のフックに取り付け、私の目前に下げた。 つまり、ミニ・ブランコである。 

 

   http://media1.picsearch.com/is?FQuNEm1h47Zf9Md9Cd1KRcT5Bz51czLluGgAjcp7iQ8&height=247

 

I士の指示は、そのバンドに両腕を乗せて、前方に上半身を移動する事であった。 すると、背筋が伸びる事になる。 彼から、顔を上げ、前を向くよう指示を受ける。

 

すると今度は、その状態で

 

   「脚が上がりますか?」

 

と訊いて来た。 これが苦手なのである。 しかも、ユックリと・・

 

続いての技は、同じ朱色の紐を使ったものである。 彼は、紐の先のフックからベルトを外して、左右の夫々のフックに小さな布製の輪(腕輪)を、私の肩の高さに取り付けた。 

 

   http://media5.picsearch.com/is?UOT0SIi36zOpzvdA6DhxChW3-tiG5qhAsYSpCPZIl8Q&height=227

 

そして、手首の通し方の見本を見せた。 私は彼の指示通り、左右の腕輪に左右の手首を通し、両腕を広げた。 すると、上半身と両腕とで十字の格好になる。

 

その状態のまま、上半身を前にせり出せ・・と言う。 すると両腕が後方に引かれ、胸を張るので、背中で両肩甲骨が寄る事になる。

 

両技を見ると、①私の背を反らす事と、②(背で肩甲骨を寄せ)胸を張る事が必要の様だ。 また、そのカマーバンドや腕輪には、「redcord」と言う名のタグが付いていた。

 

確定申告とリハビリ359―「柔らかいですねぇ・・」

2017年2月の中旬、2回目のリハビリ予約日である。 そこで妻の運転で、先ずは税務署に寄った。 そう、確定申告書の提出である。 総合病院に行く途中に税務署がある。 実は、我が家の提出は、私の分・妻の分(アパート経営)・長男の分(乙欄のアルバイト)の3人分である。 まだ、提出期間前であるが、税務署は受けてくれる。 (還付請求は、1月4日から受け付ける。)

 

先ず、私の分であるが、株での火傷(配当益を上回る譲渡損)を翌年以降に繰り越すためには、(申告分離課税として)確定申告が必要である。 また、医療費控除額や基礎控除(38万円)・特別障害者控除(40万円)・配偶者控除(38万円)・社会保険料控除・生命保険料控除などを加算すると、200万円近くになり、既に総所得金額を上回っている。 つまり、予め源泉徴収で納付した所得税等が還付されるのである。

 

次に、妻の分であるが、父から相続したアパートの不動産所得と農業所得が赤字である。 前者も、減価償却が終わる迄に、確定申告により赤字を積算しておかなければならない。

 

最後に長男の分であるが、本業の給与だけでは暮らせないので、アルバイトをしている。 そのアルバイト代が乙欄で源泉徴収されるので、取り戻すために、確定申告が必要となる。

 

   ――――――――――――――――――

 

さて、確定申告の目的は、もう一つある。 それは、納税額=0と言う証明書を得るためだ。 

 

というのは、今年の5月で退職後の健康保険(協会けんぽ)が切れるので国保に加入する時と、9月末で切れる指定難病医療費受給者証を更新する時に有利となるからである。

 

更には身障者2級で納税額=0なら、NHKの受信料免除の特典もある。 また、75歳を待たずして、後期高齢者医療保険料と同じ1割負担で受ける事も可能だが、医療費控除との兼ね合いも考慮に入れなければならない。

 

   ――――――――――――――――――

 

実は、別件でもう一つ、案件がある。 それは、失業給付である。 実は、私はPSP(進行性核上性麻痺)により、受給を3年間延期している。 しかし、今の年金(老齢厚生年金)があると、その分減額されてしまう。 所が、障害年金となら併給を受けられ、しかも両者共、非課税所得になる。 

 

では、受給期間は? 離職時の年齢と被保険者であった期間から、360日となる。 それとも、高年齢求職者給付金の一時金の受給になるのだろうか?

 

しかし、受給のためには、「努力」も必要だ。 例えば、既に障害厚生年金3級の認定期限が切れているので、必要なら再申請をしなければならない。 また、「現症により就労不可である」旨の診断書を貰い、ハローワークに給付金の申請に行かなければならない。

 

   ――――――――――――――――――

 

まぁ、市役所の職員も言っていたが、「何かを得ようとする時は、全て自分から動く(=申請する)必要がある」と言う事だ。

 

 

金冠が取れる・・

ここ数日、舌を当てると、口内に尖った部分がある。 それがどうも金冠の様だ。 左上の5番である。 これは拙い・・と思い、いつもの歯科医院に朝一で電話して診察をお願いした。 すると、その日に可能だ・・と言われたので、午後一の3時を希望したら「大丈夫です」と言う。 

 

   「(オイオイ、そんなに空いているのかよ!)」

 

と、一瞬、不安がよぎった。 それでも家で歯を磨き、2時50分には到着した。 すると、いつもの歯科衛生士のA嬢が窓口にいて、半ば驚いた表情で、

 

   「今日は、歯のお掃除でイイんですよね?」

 

と言う。 私は、

 

   「いえ、実は金冠が当たって痛いんです」

 

と言った。 すると、直ぐに呼ばれ、いつもと違う椅子に案内された。 待っていると歯科医がやって来たが、H医師ではなく、もっと若い30代の男性だった。

 

   「どこでしょうか?」

 

と訊かれ、舌で再確認して指で示した。 すると

 

   「あー、ここですね!」

 

と言い、金冠を外して、

 

   「(原因は)虫歯ですねぇ・・」

 

と言った。 それを聞いて、私の脳裏に過去の憂鬱が浮かんだ。 それは・・

 

  • 先ず、歯根にリドカイン(=麻酔薬)を注射し、数分待つ。
  • 続いて、虫歯部位や残った接着剤を削り取る。
  • 剥離剤を歯に塗って、白い材料で型を取る。 ここで、型が固まるのを待つ。
  • 型を外し、金冠の制作を歯科技工士に外注する。
  • 一方、歯には臨時に白い詰め物を入れる。
  • 更に数日後、再診時に詰め物を外す、
  • 歯を洗浄し、接着剤を付けて金冠を付け、脱脂綿をかませて数分待つ。
  • 最後に、余分な接着剤を削り取り、仕上げのバフを掛ける、
 
   

 

 

時間も掛かるし、材料が保険診療外なので、3~4万円も掛かる。

 

そんな事を思っていると、その若い歯科医はいきなり削り始めた。 私は、やがて襲うであろう激烈な痛みを恐れて、全身が固まり、アドレナリンが体内を駆け巡った。 

 

しかし、現実はその様な痛みは無かった。 歯科医は感圧紙(?)の様な紙片を挟み、何かで押し当てていた。 その後、白く粘稠なものを塗り、何かを入れた。

 

そして、

 

   「どうですか、当たりますか?」

 

と訊いたので、私は舌で確かめて、大丈夫な旨を答えたら、

 

   「ハイ、イイですよ!」

 

と。 私はそれを聞いてビックリした。 そう、既存の金冠を詰め直したのだった。 その結果、私の憂鬱は杞憂に変わった。 

 

治療が終わって待合室に戻り、再び窓口に呼ばれると、1400円だった。 待合室には、中年の女性が一人いただけだった。 きっと、代診なので実績がなく、ガラガラなのだろう。 

 

しかし、日進月歩の歯科医療の世界、若い医師の方が新しい知識や技術を持っているだろうに・・と思った。

 

抄読会―19

2月上旬の抄読会の日である。 例によって、自分で運転して○○駅近くの○○学園に行った。 一応、(念のため)杖は持参した。 

 

4階の学生用ラウンジに着くと、学生数人のみで閑散としていたが、到着した烏賊博士曰く、

 

   「今日で、3学期の授業が終わるんだ」

 

と。 どこでも、座りたい放題だ。 そして椅子に座り、彼の手作りのピタ・サンドイッチで昼食を済ませて、本論に入った。

 

   ――――――――――――――――――

 

先ずは、これまでの事を纏めてみよう。

 

私の主訴は、歩行障害である。 特に、歩行開始時の「すくみ足」に困っている。 一方、歩行開始時(の直前)に脳波に「予備電位」が現れる事が知られている。 そこで彼は、

 

 「PD患者が歩き初めにすくむ時は、この予備電位に異常があらわれる」

 

と言う仮説を立てた。 そしてそれを検証するために、脳波計を2種類購入した。 一つはシングル(=1)チャンネル、もう一つはマルチ(=5)チャンネルである。 後者では、脳内の活性部位を知る事ができる。

 

ただ、「活性部位を知る事ができる」と言っても、5チャンネルではたかが知れている。 そこでもし可能なら、fMRIも考えている・・と言う。

 

そして、脳波計からBluetoothで送られて来る信号を「Raspberry Pi 3」と言うワンボードコンピュータをデータロガーとして収集しようと考えている。

 

   ――――――――――――――――――

 

所が、ここで問題が生じた。 それはBluetoothである。 規格が複数あるためか、OSとの相性(iOS10、Android)があるのである。 

 

これでは困るので、彼はもう一つ、フロントエンドプロセッサーをかませようと考えている。 勿論、それもワンボードコンピュータの一種である。 それが前述のRaspberry Pi 3と相性良く作られているらしい。

 

更に、解析ソフトはWindows上の無料ライブラリーが公開されている・・と言う。

 

   ――――――――――――――――――

 

Raspberry Pi 3に関する衝撃的な問題は、価格である。 カタログでは35$(約4200円)である。 勿論、コンピュータとして動かすには、電源、MicroSDモリー、KB、マウス等が必要になる。 それを考慮しても、兎に角安い。 更にはソフトも無償で提供されている。 元々教育用に作られた・・と聞けば、納得である。

 

その結果、販売台数はうなぎ登り・・ 累計台数が1,000万台とか? 開発者が「一生かかって、1万台か・・」と思っていたそうだ。

 

   https://raspberry-pi.ksyic.com/news/page/nwp.id/38

 

こんな便利なキットでコンピュータの成り立ちやソフトウェアの開発などを学べる・・としたら、次の世代では日本はIT分野で完敗である。