パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

12月7日 - 滞米生活、その37  

あれは12月7日の事でした。 私がいつも通り CSUコロラド州立大学)で仕事をしていると、同僚(米国人)が真顔で

 

   「今日は何の日か、知っているか?」

 

と訊くのです。 普段は陽気に冗談をカマしているのに、鋭い眼光を放っていた彼の表情は、今でも忘れません。 

 

   「(ハテ、今日は祝日でもないし、誰かの誕生日でもなさそうだし・・)」 

 

答えられないでいると、結局、それきりになってしまいました。

 

でも、彼のあの表情がずっと気になっていました。 そしてある時、気が付いたのです。 

 

   「(太平洋戦争の開戦記念日だっ!)」

 

と。 日本では12月8日ですが、日付変更線の向こう側のハワイでは7日だったのでした。

 

では、その事により、彼は私に何を言いたかったのか? 歴史では日本軍が真珠湾を攻撃して、大きな打撃を米軍艦隊にもたらした事になっています。 「宣戦布告もせず奇襲した卑怯な日本人」とでも言いたかったのでしょうか? でも、彼は別に戦争に関する議論を私にふっかけたかったのでもなさそうでした。 もしそうなら、

 

   「今日は真珠湾攻撃の日だ。 あの史実をどう考える?」

 

とでも言って来た事だったでしょう。 

 

同じ大学に勤務している日本人に、

 

   「同僚の米国人から7日に、こんな事を言われた。」

 

と打ち明けたら、

 

   「中国からの連絡もあり、当時、米国は既に日本軍の動きを察知していたのに、敢えて(真珠湾を)攻撃させる事により、ルーズベルトは世論を煽って戦意高揚させ、参戦を正当化した。」

 

と、返ってきたのです。 確かにその様な説もあり、それを示唆する史実もありますが、このはてなブログSNS)は真珠湾攻撃や日本の戦争責任を議論する場でもないでしょう。

 

言いたかった事は、現実の戦争を歴史やニュースとしてしか知らない戦後生まれの我々でも、外国に赴くからには、その国の歴史は元より、日本との関係、特にその過去をキチンと知り、正しい歴史観を持っていなければならない・・と言う事です。 

 

そして、米軍士官学校内の戦闘機の様に、

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/03/27/073529

 

今も世界のどこかで紛争が生じて、犠牲者が出ている事を認識しなければならない・・と言う事です。 いくら私の様な平和ボケでも・・

 

12月が来るといつも思い出す、重い話題でした。 あの時の事は、今も私の心の底に淀んでいます。

 

タバコ? マリファナ? - 滞米生活、その36  

 

私がコロラド州立大学に着任して間もなく、ある留学生が入れ替わりに帰国するので、歓送会が開かれました。 私への歓迎会の意味もあった様でした。 場所は大学の施設ですが、中は家庭のキッチンの様でした。

 

三々五々同僚達が集まってきましたが、パーティーと言っても普段着です。 元々分担が決まっていたらしく、お酒係の同僚は、カクテルやロングドリンクを作っています。 彼はWalter(ウォルター)と言い、Air Force(空軍)のCaptainである事は、紹介しました。

 

    http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/06/14/091122

 

(日記、「フォートコリンズの街 - 滞米生活、その1」 (2018年6月14日) 彼は、沖縄にいた事があるそうです。 Egg Roll(春巻き)が大好物だと言ってましたが、日本の料理ではありません。 私にお酒を勧めてくれましたが、分からないので好みを言うと何種類かを味見させてくれました。 一番気に入ったのは、Tom Collins(トムコリンズ)でした。

 

料理係の同僚が、オーブンから何やら出してきました。 厚めのパイ生地に、海鮮の具がアンに絡まって載っていました。 これが美味しいのです! 

 

   「(米国の料理は不味い。)」

 

と思っていたのは、ステレオタイプでした。 作ったのはヒゲを生やしたゴツい男です!

 

パーティーも佳境に入ると、皆が円座になり始めました。 男女が入り混じって胡坐(あぐら)をかいています。 そして私もその輪に招き入れられました。 輪の向こう側では一人がタバコを作っています。 刻みタバコの様なものを薄い紙に巻いているのです。 スワ「Marijuana(マリファナ)か?」と思いましたが、皆がソワソワと自分の番を楽しみに待っている様で、とても訊ける雰囲気ではありませんでした。

 

タバコが完成すると着火して、その人が吸いました。 今度はそれを隣に廻します。 やがて私の番となりましたが、元々タバコを嗜(たしな)まないので、ただ煙いだけでそれが何であるかは分かりませんでした。 きっとこれが仲間意識を高めるための儀式であり、友情と連帯の証なのでしょう。 彼らなりの方法でWelcome(歓迎)とFarewell(歓送)の意を表したのだと、思いました。

 

パーティーの最後に、誰かが

 

   「Keep in a fridge.」(冷蔵庫にしまって置け)

 

と言って、余ったタバコの葉をくれましたが、嗜まない私は帰宅後に棄ててしまいました。 今、思うと、マリファナだったのかも知れません。

 

 

蛇足:米国では、州によっては、マリファナは合法でした。 では、コロラド州では? 分かりません。(><)

法律と宗教 - 滞米生活、その35

「法律と宗教」について印象的な言葉がありましたので、ここに紹介させて戴きます。

 

申すまでもありませんが、日本(人)にとって「法律と宗教」とは分離すべき異質のものです。 しかし、米国(人)にとっては、必ずしもそうではない・・と、過去の日記で述べました。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/11/23/110143 (宣誓(米国は宗教国家) ― 滞混生活。その23)

 

それに関し、以下の例え話を聞きました。

 

ある日曜日の午前、教会に出かけました。 私はキリスト教の信者ではありませんが、その時間は牧師(宣教師?)が信者ではない人向けの話をするのです。 詳細は忘れましたが、以下の様な筋でした。

 

   ―――――――――――――――

 

ある街にお金持ちがいて、裕福な暮らしをしていました。 いつしかその家の門前に、乞食が居つきました。 普通、お金持ちは乞食を追い払うのですが、そのお金持ちは敢えて追い払う事はせず、そこに居させたのでした。

 

時が過ぎて、お金持ちも乞食も死んでしまいました。 さて、神の審判は? 乞食は天国に召されたのですが、お金持ちは地獄に落ちたのです。 しかし、お金持ちは生前、特に悪い事をした訳でもなく、寧ろ住処の無い乞食に対し寛大な気持ちを示したのに・・

 

「これを、あなたはどう考えますか?」と、質問されました。 でも、明確な答は見つかりませんでした。

 

牧師(宣教師?)は、こう説明しました。 「お金持ちは、乞食に援助をしてあげられる位の余裕はあったハズだ。 それを怠ったから、地獄に落ちたのだ」と。 つまり、「何をしたか・・で裁かれるのが法律であり、何をしなかったか・・で裁かれるのが宗教である 」と。

 

法律と宗教 - 日本(人)にとっては異質のものですが、米国(人)にとっては一つの目的(社会規範)を遂げるために相補完するものなのです。.

 

 

車を維持する ― 滞米生活、その34

コロラド州のド田舎で生活するためには、自動車が必須です。 私が乗っていた自動車は、Rambler Ambassadorの4000ccでした。 

 

http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/06/26/093940

 

(日記「排気量4000ccのアメ車 - 滞米生活、その7」(2018年6月26日)) 現地の知人(日本人)から買いましたが、購入手続きは簡単でした。 新旧所有者の二人でPolice Officeの窓口にいって、所有者が変わる旨を告げると、新旧所有者を確認した後、新しいLicense Number(ナンバープレート)が2枚渡されます。 それを車の前後に自分で付け替えて終わりです!

 

帰国時にポーランド人の女性に売って帰りました。 

 

米国ではCar Inspection(車検)の無い州もあった様ですが、コロラド州ではありました。 車検をするには、整備士のいるガソリンスタンドに車を持ち込みます。 朝預けると夕方には出来ていますので、まるで日本のクリーニング屋みたいです。(笑) 車検費用は、当時5ドルでした。 (記憶違いではありません、たったの5ドルです!) そして、後のナンバープレートには、車検の有効期限のステッカーが貼られます。

 

日常的に必要なのは、ガソリンです。 ガソリンスタンドの殆どはセルフ式でした。 日本でも増えましたよね? 支払い方法には2つあって、ガソリンを入れた後、窓口に行って支払うタイプと、予めToken(トークン、専用のコイン)を購入するタイプでした。 私の住まいの近所には後者がありましたので、良く利用しました。 スタンドの窓口に行って、「Five dollars」と言って5ドル出すと、5ドル用のトークンを渡してくれます。 ガソリンホースの先を給油口に差し込んでそのトークンを入れると、5ドル分のガソリンが出てくるのです。 自動販売機ですね。

 

オイル交換は、自分でやる人が多かった様です。 廃油パン(皿)を持って車の下に潜り込み、ネジを緩めて古いオイルを排出します。 バッテリーは、街の自動車用品店で購入し、自分で交換しました。

 

大切なのは、保険です。 街のInsurance Company(保険会社)に行って購入します。 対人・対物・牽引保険に入りました。 幸い、役に立ったのは牽引保険だけでした。

 

メキシコ国境へ - 滞米生活、その33

本稿は「XXX(18禁) ― 滞米生活、その32」(http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2020/04/04/103201)の続きです。

 

日記「ロッキーの夏 - 滞米生活、その8」(http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/06/28/105948 )で、山道をドライブする時の「コロラドの常識」(トランクに人数分の飲料水と毛布を入れておく事)を紹介しました。 幸い私はそれらのお世話にはなりませんでしたが、旅の途中で車が故障して心細い思いをしました。

 

ある夏、メキシコ国境に近いArizona(アリゾナ)州のTucson(トゥーソン)まで行ったのです。 南国をドライブするのにエアコンの効きが悪いので、予め修理に出しました。 結果としてこれが大失敗でした。

 

   ―――――――――――――――――――――――

 

フォートコリンズから40号線を西へ走り、Utah(ユタ)州をまたぐDinosaur National Monument(恐竜館)の展示(実際に、地層から恐竜の化石が露出していて、触れる!)を見て南下し、Grand Junction(グランドジャンクション)へ向かう途中でした。

 

   https://www.nps.gov/dino/planyourvisit/index.htm (恐竜館)..

 

急に車の前方から「ガラガラ」と音がして、ボンネット内に蒸気が上がりました! 直ぐに車を右に寄せ、紙に「HELP」と大書して道路に向けました。 親切な人が停まってくれたので、「次の街に行ったら、トゥイング(牽引)を頼んで欲しい。」と託しました。 長く、不安な時間が過ぎましたが、レッカー車が来ました! 助かったのです。 あの人は本当に伝えてくれたのでした。

 

原因は、エアコンの効きを良くするためにファンベルトが張られ過ぎ、エンジンのベアリングがやられてしまった事でした。 そこから冷却水が噴出したのです。 私の場合は、まだ車通りの多い道で、次の街までそれ程遠くなかったので何とかなりましたが、これが山中だったら・・ と、冷や汗ものでした。

 

その後車を修理してもらい、無事にTucsonに着きました。 更に南下しメキシコ国境まで行きましたら、同僚の米国人やメキシコ人は(3日以内の観光なら)フリーパスでした。 パスポートを持参しなかった私は係官に交渉しましたが実らず、ゲートの手前で時間を潰しました。 国境―――僅かその数メートルがとても遠く感じられたのでした。

 

蛇足 : Tucson(トゥーソン)の名前の由来は、「Too sawn」、つまり「ノコギリで引かれ過ぎた」です。 ゴツゴツした岩山のある街だったのでしょう。

 

気功59(ホントです)

気功師のブータレは、まだまだ続いた。

 

例えば、こんな事である・・

 

   「私は、今から貴方が筋トレでもやって、ムキムキと体力を付けて行くなんて、思わないし、期待もしてないの・・ ま、今の状態を何とか維持出来れば、上等だと思っているの」

 

と言いながら、TV-CMの「虫コナーズ」の様に、手の平を下にして、複数の指を交互にふるわせながら、自分の胸の前で、前腕を水平に引いていった。 更に、

 

「私が貴方の今の体力を維持出来る様に・・と、どんなに気功を熱心にやっても、肝心の受ける側も信じて、努力もしなきゃダメなのよl。 私だって、一生懸命なのよ!」

 

と続けた。 彼女の場合の(一生)「懸命」と言うのは、本当に、「命を懸ける」と言う場合もある様だ。 と言うのも、以前、こんな事を聞いたからである。

 

   「以前、ある男性が、

 

『センセ、この所どうも調子が悪いので、診ていただけますか?』

 

と言うので診たの・・ 気功(の施術)が終わって、その人は、

 

   『お陰様で、スッキリしました! ありがとうございました』

 

と言って帰って行ったけど、それからの私が大変だったの・・

 

もう、体が動かなくて三日三晩寝たきりよ! でも、寝ても身の置き所はないし、起きればフラフラするし・・ それはもう大変だったのよ!!! その後、漸く起き(ら)れる様になっても、1週間位変だったわ!?!」

 

と言うほど、体調は最悪だった様だ。

 

つまり、余程強い(悪)霊だった様だ。 気功と言うのは、自分自身や自分の家族には、効かないらしい。 そのため、(他人である)その男性に取り付いた霊は取り出せても、自分自身のはダメらしい。

 

   ――――――――――――

 

話しは戻って、気功師は30分程愚痴を言って、ようやく施術に入った。 施術は、普通だった。 そして約1時間の施術を行って、コーヒーとスイスロールでもてなしてくれた。  そして、我々の飲食が終わると、食器を脇によせて、こう言った。

 

   「次回はいつにしますか? ・・ 例えば、6月○○日の○時はどう???」

 

と、気功師の方から訊いてくれた。 と言うことは、

 

   「(まだ、見放されていない!?!)」

 

と思い、内心、胸を撫で下ろした。 しかし、 リハビリは、もっとしっかりやらなければならない。