パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診療003―201811―(2)

 

診療003―201811―(2)

 

そして、次の項目に移った。 再び、メモから引用しよう。

 

(2) 処方について  (処方量は、1日当たり)

  • ⑦ 過去、セディール(10mg×1/日)は、服用経験あり。(9.3~2017.10.1) 当時は効果も副作用も無く、4週間で中止した。(参照:「お薬手帳」)
  • ⑧ 進行性核上性麻痺(以下、PSP)とセロトニンについて

文献では、進行性核上性麻痺(以下、PSP)の薬物療法として、三環系抗うつ薬の処方例あり。

  • “Amitriptyline in the treatment of progressive supranuclear palsy.”, Kvale JN, Arch Neurol. 39:387-388,1982.
  • “Treatment of progressive supranuclear palsy with tricyclic antidepressants.”, Newman GC, Neurology. 1985 Aug;35(8):1189-93.
  •  “Short time treatment of progressive supranuclear palsy with amitriptyline”, Yamashi M, et al, Rinsho Sinkeigaku. 1986 Nov;26(11):1138-41.
  • “Treatment of progressive supranuclear palsy with amitriptyline : therapeutic and toxic effects.”, Engel PA, J AM Geriatr Soc, 44:1072-4, 1996.

 

PSP薬物療法として、三環系抗うつ薬はいかがなのでしょう?

  • ⑨ 現在、以下の薬を保有している。

ドプス200mg×3×28日分(=84錠)、シンメトレル100mg×3×14日分(=42錠)、アムロジン5mg×1×14日分(=14錠)

 

これを見て、f医師は、

 

   「トリプタノールを試して見ましょう? ただ、副作用として、口が乾くんですよね。 ・・ 抗アセチルコリン作用も、ありますから・・」

 

と、説明した。 更に、血圧については、

 

   「収縮期血圧の最低値がこれ(111mmmHg)で、ふらつきとかありませんか?」

 

と質問したので、私は否定の回答をした。

 

(3) 血圧の測定結果について  (アムロジン処方の結果の検証)

  • ⑩ 前回診察日(10月15日)~昨日(11月4日)の起床時及び就寝時の血圧は、次表の通りであった。

 

 

起 床 時

 就 寝 時

有効件数

20

20

20

21

21

21

項目

最高血圧

最低血圧

脈拍数

最高血圧

最低血圧

脈拍数

単位

mmHg

mmHg

pulse/min

mmHg

mmHg

pulse/min

平均値

128

78

62

123

78

68

標準偏差

7.0

7.6

4.1

7.2

6.3

6.8

最高値

139

91

73

143

90

80

最低値

113

66

58

111

64

56

 

 

こうして、新しく処方される薬も決まり、4週間後の予約を決めた。 そして、最後にこう言った。

 

   「えぇとぉ、2錠ずつ28日分しますから、始めは1錠ずつ試して下さいね?」

 

と説明した。

 

こうして診察が終わり、受付でお金を払って処方箋を受け取り、妻のみが薬局に行った。 しかし、またしてもトリプタノールが不足で、翌日自宅まで届ける・・とは言ったが、どうせリハビリに行くので、こちらから取りに来る旨を言った。

 

 

診療003―201811―(1)

さて、今日は2018年11月の上旬、3週間ぶりの診察日だ。 今回の重要なテーマは、ポスト・セディールを探す事である。 午前中は、妻に用事があったので、午後3:30の予約だ。

 

そこで、我々は3:15頃家を出た。 勿論、十分に間に合う時刻だ。 事実、3:25分頃には到着した。 しかし、駐車場が満杯で、停める所が無い!?! 我々が場内で停車してキョロキョロしていると、職員らしき人が通り、指さしてくれた。 そちらは、隣の老人福祉施設なので、駐車してはいけない・・と思っていたが、敷地が地続きで、院長が経営しているので、駐車可なのだろう。

 

こうして、駐車後、クリニックまで歩いて行き、内部でスリッパに履き替えて受付に診察券を出したら、丁度3:30だった。 午後のクリニックは、午前中の6割程度しか患者がいない。 それでも30分程待った。

 

やがて、私の名前が呼ばれ、軽くノックをして、診察室に入った。 f医師は、早速

 

   「どうですか、調子は?」

 

と訊いた。 私は、

 

   「相変わらず・・です」

 

と答え、早速、メモを渡した。 そこには、次の様に書いて置いた。

 

(1) 前回受診日(2018年10月15日)以降の体調について 

  • ドプス600mg+シンメトレル300mg、アムロジピン5mg(いずれも1日量)は、毎日服用した。
  • 体調は、ADLが漸減するも、大きな変化は無かった。
  • バランスを失い易くなったが、転倒による怪我は無かった。
  • 視覚キューとして、杖の下部に直角に(=水平に)ストローを付けて歩いた。 (歩きやすくなった)
  • 聴覚キューとして、スマフォにメトロノームソフトを入れて、♩=70で歩いた。 (④より有効)
  • しかし、立位で不安定になり、四ツ足の杖に変えた。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181023/20181023131034.jpg (④の写真)

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181109/20181109174329.jpg (⑤のスマフォ画面)

 

これらの画像を見て、f医師は、

 

   「ストローの色を、ピンクとか赤にすると分かり易くなりますよ」

 

とアドバイスをくれた。 尚、後者については、

 

   「これは、何の写真で ・・ あっ、これですね!」

 

とキャプションを見て、分かった様だった。

 

気功―51

 

さて、11月上旬、今日は気功の施術の予約日だ。 午後2時の予約なので、0時半に(妻の運転で)自宅を出発した。 まぁ、気功師の所まで1時間とチョットなのだが、遅れない様、早目に出発した。

 

すると15分ほど余るが、某店舗の駐車場で待機する様にしている。

 

気功師への土産として、いつも自宅で収穫できるものを持参するのだが、今回は、甘柿と柚子、それに装飾用の「豆柿」を持参した。 すると、気功師は豆柿が余程気に入ったらしく、早速下駄箱の上のミニカボチャと交換した。 その結果、玄関内がチョッピリ華やいだ印象になった。

 

    https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181114/20181114091925.jpg

 

さて、施術が始まった。 私は総合病院でリハビリの施術を受ける時、いつも仰向けの姿勢から始まるので、ついその時の習慣で仰向けに寝たら、

 

   「はい、最初はうつ伏せになってぇ・・」

 

と、気功師に注意されてしまった。 こうして、気功の施術が始まった。

 

前回までは、肩甲骨付近を一生懸命撫でて、猫背の修正に時間を割いたが、今回は他の部位と同じ位だった。 つまり、猫背の程度が、容認出来るまでに軽減したのだろう。 原因?

 

そりゃ、きっと「背筋」を鍛えるための、f医師の「リハビリテーション・ワークブック」の効果に違いない!!!

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/10/14/083111 の8行目以降

 

そして、仰向けになって。10分程やったろうか? 施術は、無事に終了した。

 

   ――――――――――――――

 

彼女は、コーヒーを淹れに席を立った。 この時、私は布団から降り、枕と毛布を整えて、座布団に座って待った。  すると数分して彼女が戻り、コーヒーと苺のバウムクーヘンを持って来て、我々に勧めた。 そして、お茶をしながら、私の病状について解説し始めた。

 

 

先ずは血圧であるが、上(=収縮期血圧)が128(mmHg)、下(=拡張期血圧)が76(mmHg)で

 

   「丁度イイわねぇ」

 

と言った。 私は、いつも思うのであるが、

 

   「(なぜ気功で、血圧が分かるのだろう・・)」

 

と。 

 

   ―――――――――――

 

続いて、わたしの体重の話しになった。

 

   「前回より、少し太ったわねぇ・・ 以前は、丁度良かったのにね!」

 

と指摘を受けてしまった。 最少66kg、現在68kg。 確かに増えてはいるが、僅か2kg!?! 妻すら、否、本人でさえ分からないのに・・

 

   ―――――――――――

 

そして、気功師本人の履歴の話しになった。 彼女は、我々に質問した。 それは

 

   「(人生を今から)生きて行くのに、親はアテにならない。 勿論親戚も、ましてや他人・・。 これからは、一人で生きて行かなければならない・・と思ったのは、何歳の頃だと思いますか?」

 

と言う質問だ。 我々が、分からないのでいると、彼女は、

 

   「小学3年の時よ!」

 

と。 我々は、同時に、

 

   「えーーー」

 

と驚嘆と共に言った。

 

本人の話しによると、彼女は薬剤師の両親の元に生まれ、小さい頃祖父母に預けられたそうだ。 しかし、彼女の男兄弟は、チャンと両親の元で育っていったのに・・。 これは私の想像であるが、男尊女卑の風潮があったのではないか・・と。 

 

「お嬢様育ち」かと思っていたが、結構、「苦労人」だったのだ。

 

 

ハローワークにて―超短時間、再び!?!

2018年の11月、最初の行事は、ハローワークに「出勤」の日だ。 但し、今月は11月に2回、「出勤日」がある。 それは、「出勤日」が4週間おきだからだ。

 

さて、今回の「出勤時刻」は、前回と同じ9:30だ。 しかし、前回は早過ぎたので、前回より15分遅く出てみた。 すると、どうだろう、結構スイスイだったのだ。 結局、ハローワーク2階の「⑥ 失業認定」窓口に行くと、前のグループの受付時間内には到着した。 

 

我々の受付開始時刻を確認して、トイレに行った。 そして、前のグループの失業(認定申告)者達が帰り始めたので、我々は空席に座った。

 

こうして、いつもの手順で失業認定は無事におわった。 そこで、我々はエレベーターで1階に降り、「③ 専門相談」の窓口に行った。 内心、

 

   「(余り、長くないとイイなぁ・・)」

 

と思いながら、カードを入れ、A4のカードケースに入った濃い水色の紙を貰った。

 

   ―――――――――

 

暫くすると、年配の男性が我々を呼んだ。 我々は、

 

   「(男性職員かぁ・・ 以前、男性が担当した時、長かった事があったなぁ・・)」

 

と思い出した。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/08/25/095157

 

またしても・・とは思いながら、カウンター席の反対側に座った。 そして、カードの返却を受け、こちらから「雇用保険受給資格者証」を提出した。 すると職員は、黒で本日の日付を、朱でハローワーク名と「紹介・相談」とを押印した。 そして、「相談」の文字を〇で囲みながら、こう訊いた。

 

   「今日は、認定日だったのですか?」

 

勿論、肯定の返事をした。 すると、その職員は私に

 

   「どんな職種をお探しですか?」

 

と、重ねて質問した。 私が

  

「〇〇(某国家資格の名称)です・・」

 

と回答すると、職員は

 

   「ご苦労様でした」

 

と言いながら「雇用保険受給資格者証」を返却した。 つまり、実質、0分だったのだ!

 

   ―――――――――――

 

余りにも早く終わったので、帰りに〇インズと言うホームセンターに寄った。 台風25号の強風で落ちたカーポートの屋根の修理見積りを依頼するためだ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181110/20181110143621.jpg

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181110/20181110143619.jpg

 

   

 

ついでに店内を見て回ると、福祉用具コーナーがあった。 見ると、車椅子やポータブル・トイレ、椅子、杖等があった。 この所、立位でもバランスを失う事もあるので、私は現在の一本杖より安定な、4点支持杖が欲しかったのである。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181110/20181110143616.jpg

 

その内、一つを購入した。 1,980円(税込み)だった。 なぜ、そんなに安いのか? 帰宅後調べると、小さなラベルで、「Made in China」と隠れるように表示してあった。 勿論、その品質(特に、溶接部)を目視で検査したが、瑕疵は無さそうだった。

 

リハビリ442―10月の理学療法―結構、辛い!

 

では続いて、2018年10月の理学療法を紹介しよう。

 

ある時、S士は私に

 

   「うつ伏せになって下さい」

 

と言った。 そして、私がうつ伏せになるのを確認して、脹脛(ふくらはぎ)等のマッサージを始め、それを終えてから、棚から枕を持って来た。 そして、それを腹から胸の下に敷いて、

 

   「じゃあ、頭を上げて、上半身を反ってみて下さい」

 

と言った。 要するに、背筋のトレーニングである。 私は、頑張って目一杯反った。 まあ元々、胸郭部の柔軟性が乏しいので、上がっても精々10cm位だったろう。

 

彼はこれで目一杯だと思ったのだろう、すると今度は、

 

   「じゃあ、両手を頭の後ろで組んでみて下さい?」

 

と言う・・ やって見ると、結構、辛い。 その原因は、一つは単純に両手の重みだろう。 もう一つは、肩の可動域の問題だろう。 可動域が狭いので、どうしても頭を抑えてしまうのだ・・

 

実際には、10cmも上がっていなかったのだろう。 それでも、上半身がワナワナしている。 まぁ、これはこの程度で、S士はOKしてくれた。 但し、これも余りやり過ぎると、背中の屈曲(=反り返り)でカバーする事になり、腰痛の原因になってしまう・・

 

   ――――――――――――

 

後は、「宿題」である。 これまで、余り宿題を出さなかったが、週に1度、40分程度では不足だと思ったのだろうか、この所、宿題が出る様になった。

 

例えば、左腕のみで後頭部を押さえ、その左腕を後方に持って行く、即ち後頭部を中心として左腕を回転させるのである。 この時、左の肩甲骨が(背中から)出る様にするのがコツらしい。

 

他の宿題として、仰向けに寝た状態で左脚を上げ、その状態で足を左側に運ぶ。 つまり、股を左側にのみ開く動きだ。

 

その他にも、宿題にはならなかったが、彼がこんな事を訊いた。

 

   「家に、テニスボールかゴルボールがありまか? あれば、左の腰の下に敷いて・・」

 

と。 私は正直に

 

   「どちらもありません。 必要なら、買いますが・・」

 

と答えると、

 

   「いや、その必要はありません。 それなら、こんな風にやってみて下さい」

 

と言い、彼は右側を下にして横向きに寝て、体を反った。 S士曰く、

 

   「こうやって、左側を伸ばすんです」

 

と。 

 

   ――――――――――

 

以上の3つの宿題のポイントは、わたしの左側である。 左側が弱いんだろうか? まぁ、姿勢が右に傾くのは、左側の腹筋が弱いからだ・・とは言うけれど。

 

冬野菜を間引く  

 

9月上旬に播いた冬野菜の種が発芽し、成長して来た。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/09/30/084058

 

爾来、1ヶ月半、著しく成長した野菜同士がくっ付いて窮屈となった。 そう、いよいよ間引く必要が出て来た。 

 

   ――――――――――――

 

先ずは大根である。 密集し過ぎて、もう間引かないと無理である。 直蒔きの時に、約5cm間隔で蒔いた。 勿論、間引き前提だ。 え? 普通は30cm間隔で、1ヶ所に3~4粒ずつ蒔くだろう・・ですって??? そうしなかった理由は、発芽率である。 パッケージには「85%以上」とあったので、もし85%なら1個おきに蒔いた時、発芽しないものがあっても、OKだからだ。 しかし、実際には100%発芽した。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104213215.jpg

 

上記んの通り、普通は30cm間隔に種3~4粒ずつを蒔くが、この大根は高級品種らしく、粒が着色してあって数が少ないである。 事実、他の品種なら、同じ価格で2畝蒔けた。 

 

そこで、試しに抜いてみると・・

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104211707.jpg

 

オオ、立派ではないか!!! うん、十分に食べられる。 試しに煮物にしてみると、少し苦味が強い!?! どうも、大きくなると、煮た時に甘味がでるらしい。 もう一息だ・・ 葉は、油揚げと共に、刻んで「煮浸し」にした。

 

   ――――――――

 

次は、20日大根だ。 実際には、40日以上掛かっているが・・

 

もう既に、十分な大きさなのだ。 下記URLの写真の中央に、赤い蕪が見えるだろう。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104212122.jpg

 

そしてこれは、スライスして、サラダのトッピングとして、戴いた。 サラダの本体は、勿論、畑に(種を)蒔いて置いたものだ。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104212116.jpg

 

話しはそれたが、20日大根を三杯酢に漬けてみた。 すると、鮮やかな色の漬物が出来た。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104194807.jpg

 

   ―――――――――

 

更には、葉物野菜である。 チンゲン菜も、もう食べられそうだ。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104212132.jpg 

 

試しに摘んで、ベーコンと炒めて見ると・・

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104211701.jpg

 

うん、旨い!!!

 

所で、白菜は、どうしたろうか?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104212120.jpg 

 

見ると、中心が巻きそうだ!

 

   ―――――――――――

 

最後は、ブロッコリーだ。 その中心には、蕾が見える!

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20181104/20181104212130.jpg

 

これも、楽しみだ!!!

 

リハビリ441―10月の作業療法(2)―古いツール

さて、その他の作業療法としては、こんな事をやった。

 

M士は、どこからか、大きな小豆色の古い箱(50cm×30cm(×厚み5cm)位の縦長)を持って来た。なぜ、古いと分かるかと言うと、蓋の縁や角で薄い表層の紙が剥がれ、セロテープで補修してあるのだが、そのセロテープも重ねて貼ってある所が粘着力を失い、セピア色になって台紙から浮いている・・からである。

 

 

それもそのはず、表(おもて)面の文字を指さして、M士は、こう言った。

 

   「見て下さい、ほら・・ 労働省時代のものですよ! 今は厚生労働省でしょ?」

 

と。 見ると、金の箔押しで、

 

            「  労働省監修

             職業訓練適性測定器  」

 

と言う様な事が書いてあった。 早速、M士は蓋を開け、厚い木の板を出して、それを斜めに立て掛た。 

   

見ると、小さな穴が100個程空いていて、そこに入れるプラスチック製のペグが下部の溝の中にある。 (ペグの長さは20mm、太さは4mm程の円形) 彼は、その溝から金属の棒を出して、穴の脇にある専用の(雌ネジ)穴にネジ込んだ。 そして、その金属棒に、ワッシャーを40枚程刺して、こう言った。

 

   「これ(ペグ)を取って、ワッシャーを通して、穴に入れて下さい」

 

と。 私は、右手でペグを、左手でワッシャーを取り、2列(20個)程やった。 すると今度は、それを戻せと言う。  そして私が戻し終わると、彼は箱に蓋をして、またどこかに持って帰った。

 

   ――――――――――――

 

彼はタオルを持って来て、台に腰掛けた私の右斜め前でスツールに座って一端を左手に持ち、他端を私の右手に握らせた。 そして、こう言った。

 

   「私がタオルを引きますから、〇〇さんは腕を緩めて下さい。 続いて、〇〇さんが引いて下さい。」

 

と。 で、実際やって見ると、

 

   「私が引く時は、力を緩めて下さいねぇ・・」

 

と言われた。 成る程、そう言う事か! ・・と、分かった様な気がした。 そして更に、20回やった。 すると、今度は彼が私の左側に位置し、反対の腕でやった。 先ず、数回お試しでやって、今度も20回連続でやった。

 

すると、体が温まってきた。 そう、好気的運動なのだ。 結構な運動量になったので、M士は、

 

   「少し、休憩しましょう」

 

と言った。