パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201710-4

 

さて、今日はリハビリ後に診察のある日だ。 つまり、今月は2回受診することになる。 そこで我々は、脳神経内科に急いだ。 

 

パネルを見ると、ほぼ予定通りの進行の様だ。 と言う事は、まだ30分程ある事になる。 すると、妻が

 

   「(院内の自販機で)コーヒーでも、買ってこようか?」

 

と訊いてくれた。 しかし、私は、診察が終わるまでは落ち着かないので、

 

   「じゃあ、診察が終わったら、お願いね!」

 

と、取り敢えず断った。

 

そうこうしていると、パネルに番号が表示され、自分達の順番が来た。 私は車椅子を降りて、妻がノックして開けた扉を、杖を突いて進んだ。 すると、F医師がこちらを向いて、待っていてくれていた。

 

私達は、軽い挨拶を交わし、私は妻にメモを渡す様、促した。 そしてそこには、次の様に書いて置いた。

 

 

(1)  前回受診(2017年10月〇日)以降の主なイベントについて 

 

  • 10月〇〇日、ホームセンターにて農業用の膝当てを購入して貰った。 以降、家では常時着用している。 就寝中も、トイレに行くので着用している。
  • 10月○○「〇日、台風21号の通過後、畑で倒れた苗を起こしている時前方にのめってしまい、連日の雨でぬかるんだ畝に両腕を取られて、動けなくなってしまった。 妻に起こして貰い、脱出。 その直後、突進歩行により転倒し、両膝と右腕に擦過傷を負う。

 

 (2)  前回受診(2017年10月〇日)以降の体調の変化について 

 

  • 前回、トレリーフ25mg×1/日のご処方を戴きました。 その結果・・
    • 服薬開始2~4日目の夜中、トイレに起きた時、歩行に安定感あり。
    • 以降は、特に薬効を感じることが出来なかった。
    • 特に副作用も感じられなかった。
  • 歩行障害の状況
    • 自宅内では常時膝当てと杖を使用して、伝い歩きか妻の介助を必要とする。
    • 外出時は杖を使い、(突進しない様に)妻の介助を得て、ごく短距離なら歩行可。 貴院内やショッピングモール内では車椅子を借用し、妻の介助を必要とする。(外出は最小限としている。)
  • 平衡機能障害の状況
    • 平衡の維持が困難になり、例えば何かを取ろうとしてバランスを崩した時、回復に妻の介助が必要。 また、座っていても、どんどん右に傾いてしまう。
    • 例えばトイレに行く時、焦って転んだりした時、起き上がる時に妻の介助を要する。
  • その他
    • 座位から立位への体位変換にも、妻の介助が必要。 その他、階段の昇降や被り物の着脱等にも。
    • トイレでの粗相の後始末(清掃 )も妻に依存。 粗相後の下着の交換・洗濯も同様。

 

今回、私の家庭内の様子を含む日常生活の様子を色々なシチュエーションを書いたのは、次回の日記の(4)その他 の伏線として・・である。

 

リハビリ398―杖の持ち方

 

今日は、10月5回目のリハビリとその後の診察のある日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 代診医師の診察を受け。受付前の待合用の椅子で待っていると、Y士が声を掛けて来た。

 

   「(おや? 今日は脳神経内科の受診日だけど。(担当は)I士のハズだけど・・)」

 

と思ったら、

 

   「今日は、午後から(急に)Iが休みまして、代わりに私が(リハビリを)やらせて戴きます」

 

と説明した。 そしてリハビリ室に入り、空いている台を探して、リハビリ開始となった。 彼はその昔、背中の脊椎とその両側を中心に施術を行っていたが、この頃の順序や時間配分はI士のそれに似て来た。 きっと、先輩から習っているのだろう。

 

例えば、タオルを用いた首のマッサージ。 新しいタオルをストックから取って来て、台の上に仰向けになった私の枕の代わりに敷き、その両側を持ち上げて伸ばしたり、私に左右に首を廻す様に指示したりした。 そのやり方が、I士ソックリであった。

 

それが終わると、Y士は私に靴を履いて立つ様に言った。 彼の指示を受けて、私は足を肩幅に広げ、バンザイをした。 それを見て、彼は先程のタオルを渡し、私はタオルを肩幅の1.5倍位の幅に広げて、バンザイをした。 私はテッキリ、両腕を背に廻すのかと思った。 

 

すると彼は、私にタオルを持ったまま、左右に上半身を曲げる様に指示した。 タオルがあるので、下側の手で上側の手を引き、十分に曲げられるのだ。 成程、そう言う訳だったのか!

 

   ―――――――――――――――――――

 

さて、リハビリの終盤、彼は私の歩容チェックを行った。 私の姿勢を見て、

 

   「ハイッ、顎を引いてぇー・・」

 

と言った。 次にもう一周、した時には、

 

   「ハイッ、チャンと顎引いてぇー・・ いつもIさんから言われているでしょうが」

 

と言った。 そして、本日のリハビリを終えて杖を使って受付に戻る時、杖の使い方として、次の2点の指摘があった。

 

  • ①  杖は自分の前に突かずに、横に突け ・・ 前に突くと、体が前傾姿勢になり、やがて、突進してしまう。
  • ②  杖を持つ、手の向きが違う ・・ 手の甲は、外を向けずに、後ろに向けよ。

 

この内、①は納得である。 が、②は勿論、可能ではあるが、やっていて違和感があり、どうも慣れられない。

 

転倒、そして・・

 

超大型・・と言われた台風21号が過ぎ去った10月下旬の某日、畑を見に行くと、苗が強風で倒れてしまっていた。 というのは、ここ10日以上続く秋雨前線による長雨で、土がブヨンブヨンになっていたからだ。 つまり、苗を起こして根付近の土を固めてやらねば、やがて枯れてしまう・・

 

そこで、妻がキャベツの苗を起こし始めた。 私も妻に続いて、インゲンの苗を起こし始めた。 しかしそこが坂になっていて、苗が足より低い位置にあるので、前にのめってしまった。 両手は苗の両側の泥沼の中に嵌ってしまい、うなっていない深さ20cm位の深さで止まった。

 

しかし、両腕の位置が低すぎて、自分では起き上がれない。 そこで妻に

 

   「起こして・・」

 

と頼んだ。 妻は私を後ろから引き上げてくれた。 私の両手は泥だらけ、服の袖やトレーナーは所々、ベッタリとぬかるんだ泥が付いてしまっていた。 勿論、直ぐに手を洗い、上下の服を替えなければならない。

 

そう思って、杖を頼りに家の方に歩き出した。 所が・・

 

泥にはまった儘の前傾姿勢で歩き出したので、突進歩行をしそうになってしまった。 同じ転ぶなら、芝生の上が良い・・ そう思って、芝生に向かって急いだ。 しかし、これがいけなかった。 突進現象を加速してしまったのだった。

 

私は、前にのめる様にコンクリの上で転倒してしまった。 しかし、直肌の露出部分(顔と両手)のケガを避けるために、顔と手を上げた。 その結果、その両者は無事だった。 その時は分からなかったが、洗濯のために脱ぐと、両膝と右肘に擦過傷を負っていた。 

 

   「(また、やってしまった・・)」

 

と思い、私は落ち込んだ。 後でキチンと考えれば、転倒しないで済む方法やステップはいくつもあった。 しかし、手や服が泥まみれになった事に気が行ってしまい、その結果、頭の中の回路がショートしてしまったのだった(のだろう)。

 

   ―――――――――――――――――――

 

擦過傷は、水が当たっても痛い。 入浴中は両膝を出し、入浴後は「マキロン」で消毒し、「エルタシン軟膏」(ゲンタマイシン軟膏0.1%)をベッタリ塗って、滅菌ガーゼを当て、テープ止めをした。 そう、前回転倒した時、外科で覚えた方法の踏襲である。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/09/19/095640

 

こうして数日程で、滲出液が出なくなったので、エルタシンのみの塗布を経て、一週間程で、綺麗なカサブタとなった。

 

リハビリ397―「えぇ、未だ少し・・」

 2017年10月下旬の今日は、今月4回目のリハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 私は妻から病院の診察カードを受け取り、正面玄関から入った。 そう、再来機(再診来院受付機?)で「受診案内票」を出力するためだ。

 

つまり、従前、妻が駐車場に車を置いて玄関の近くの再来機で受診案内票を出力し、その傍で待っている車椅子の私をピックアップして外来リハビリ室に行くためには、その途中にあるエレベータの所まで戻らないとならなかった。 そこで、私が受診案内票を持ってエレベータまで行けば、彼女の移動距離も必要時間も最短となる。

 

しかしそのためには、車椅子の私が正面玄関からエレベータまで、行かなければならない。  まぁ、車椅子の扱いに余り習熟していないので、ウッカリすると却って遅くなってしまう。 これを避けるためには、私がある程度早く進めなくてはならない。 そのためには、車椅子に乗らないで、押す事だ。

 

幸い、当日は体調も良く、押せそうな気がした。 事実、再来機での出力やエレベータの手前まで、押せた! ただ、なぜ体調が良いのか、不明であった。 え? 服薬時刻??? しかし、偶々この日は、朝の服薬を忘れてしまっていたのだった。 そのため、当時有効だったのは、血中半減期の長いノウリアスト(59.1±27.0時間)とトレリーフ(62.9時間)位である。 

 

まぁ、それはさて置き、リハビリ前の代診による医師の診察時、

 

   「どうですか、脚の具合は?」

 

と訊かれた。 いつもは、

 

   「体調は、いかがですか」?

 

とのみ訊くので、どう答えたら良いか戸惑っていると、妻が

 

   「いつもと、変わらないみたいです」

 

と代返してくれた。 私が、急には声が出ないのを知っているから・・だろう。

 

こうして我々が、受付前の椅子に座って待っていると、

 

   「少し早いんですが、イイですか?」

 

とI士が声を掛けて来た。 時計を見るとまだ10分前である! 

 

実は,我々が受付前に到着した15分前には受付のブース内に彼の姿があり、偶々目が合った妻が会釈をしていた。 そして私がトイレを済ませて椅子に腰掛けて、少し落ち着いた頃に声を掛けて来たのだった。

 

今にして思えば、予約時刻の15分前に彼が受付ブースにいたのは、我々の直前の行事がキャンセルのなった事と、我々の到着を確認するためであったからかも知れない。

 

   ――――――――――――――――――

 

さてリハビリ室に入る時、I士は私の体調について、こんなコメントをした。

 

   「何か、調子イイみたいですねぇ・・」

 

これに対して、実際その通りであっても、夕べの服薬が最後とも言えず、私は唯、

 

   「えぇ・・」

 

と曖昧に答える事しか、出来なかった。

 

   ―――――――――――――――――――

 

こうして、リハビリ室に入り、空いている台を探して施術が始まった。 先ずは仰向けで下半身と上半身のマッサージとストレッチを行い、続いてうつ伏せになった。 そして、「犬・猫のポーズ」をこなし、四つん這いになった。 私はまだ、左膝が痛かったので、左手と右脚を上げる時に躊躇していたら、

 

   「あっ! 左膝は、まだ痛いですか?」

 

と思い出した様に、訊いて来た。 そこで私が、

 

   「えぇ、未だ少し・・」

 

と答えると、彼は

 

   「じゃあ、止めときましょう」

 

と言って、再び仰向けになった。 彼は、

 

   「チョット、お待ちください?」

 

と言って、タオルを取りに行った。 そう、首のストレッチである。 またこれが、気持ちイイのだ! (因みに、私は肩凝り持ちではない。)

 

その後、台を降りて靴を履き、脚を高く持ち上げる練習をした。 勿論、これが続く歩行練習の予備運動なのは、最近、やっと(!)理解したのである。

 

   

psp-pagf.hatenablog.jp

 

今回の歩行上の指示は、

 

   「大きく、大きく・・」

 

であった。 姿勢保持障害があるので、意識しないと片足になった時に保持できず、直ぐに反対側の足をついてしまう。 すると、チョコチョコ歩きになってしまうのだ。

 

そうこうしている内に、時間になった。 定刻までやってくれたので、開始時刻が10分早い分、「得をした」印象である。

 

アメリカシロヒトリ

 

今年は、ヤケに毛虫が多い。 先日右手をやられた「イラガ」の幼虫も、その一つである。 

 

psp-pagf.hatenablog.jp

 

しかし、イラガは毒を持っているものの、それ程増殖力は無く、植物に対する影響は限定的である。

 

それとは逆に、毒は無いが植物に対して甚大な影響を持つのが、アメリカシロヒトリだ。 例えばその食欲と繁殖力は、物凄い。

 

   http://www.pref.nara.jp/10709.htm

 

事実、甘柿は丸坊主になってしまった。 勿論、近所の樹木もやられている。 

 

   ――――――――――――――――――――

 

では、防除方は? 確実なのは、スミチオンの1000倍希釈液らしい。

 

   http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm

 

例えば、柿のアメリカシロヒトリに対しては、1000倍液を散布せよ・・とはあるが、「収穫45日前まで」、「3回以内」と言う使用制限がある。 他の野菜類に対しては、殆んどが「収穫14日~21日前まで」となっているのに、なぜ、柿では45日前までなのだろう。 

 

尚、スイカやメロン等、皮が厚く皮を食用にしない果実については、それぞれ「収穫3日前まで」・「収穫前日まで」となっている。 まぁ、納得できる。 であるなら、ナス・キュウリの「収穫3日前まで」・「収穫前日まで」と言うのが意味ワカメだ。 まさか、ナス・キュウリに付着したスミチオンは、特別に分解されやすい・・なーんて事は無いだろう?

 

ま、脱線したが、アメリカシロヒトリに対しては、「スミチオンの1000倍希釈液」で良い様だ。 では、どうやって樹木に散布するのか? これはもう、動噴しかないだろう。 勿論、完全防備の上で・・

 

では、「いつやるの?」、「あとでしょ!」・・と言う事になる。 と言うのは、10月中旬は秋雨前線が居座っていて、雨が続くばかりか下旬にかけて台風21号の上陸すら、懸念されていた。

 

と言うのも、一生懸命散布しても、降雨により効果は半減してしまうものと、推察しているからである。 それに、柿の収穫時期が45日以内に来てしまう・・

 

   ――――――――――――――――――

 

所で、アメリカシロヒトリはその名が示す様に、米国に由来するらしい。 戦後の米国からの軍需物資に付着していたと言う。 日本では、1945年に東京で発見されたのが最初とされている。 (下記URL参照)

 

では、米国では大量発生して、樹木を食い荒らしているか・・と言うと、そんな事は無いらしい。 すると、なぜ日本ではこれ程の大量発生したのか? それは、日本にはアメリカシロヒトリを捕食する小鳥やアシナガバチが少なかったから・・らしい。

 

そう言えば子供の頃、夕方になると、数十羽、否、数百羽のスズメが三角形の隊列を組んで、空を覆いつくして移動する様子を良く見たものだった。 それが、最近はどうだろう。 スズメが電線に停まっている姿すら、見なくなった。 その原因は、Silent Springのそれと同じだろう。 もう一つ例えれば、アメリカシロヒトリの幼虫を排除すると言う事は、それを主食とするシジュウカラも排除する事に、他ならない。

 

アシナガバチも「有害昆虫」として駆除される様では、日本でのアメリカシロヒトリの大量発生の責任は自然のバランスを壊した我々・日本人自身にあると言わざるを得ない。

 

   ――――――――――――――――――

 

と言いつつスミチオンを使う様では、言っている事とやっている事が違う・・と言行不一致の指弾を受けそう・・ であれば、こんな方法(せっけん液の撒布←下記URL)もある。

 

   https://matome.naver.jp/odai/2136962797608415401

 

リハビリ396―膝の痛み

今日は10月中旬、今月3回目のリハビリのある日だ。  そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 M医師の予診を受けて待っていると、I士が声を掛けて来た。 そして、リハビリ室に入りながら、I氏の質問をキッカケにして、こんな会話が続いた。

 

   「どうですか、調子は?」

 

   「えぇ・・ まぁ、調子の方はイイんですが、膝が痛いんです。」

 

   「・・」

 

「実は、夕べ、脱衣場でバランスを失って、左膝を床に・・」

 

すると、脚の施術の時、一々

 

   「どうでうすか、痛くないですか?」

 

と訊いてくれた。 私が痛いのは膝関節でなく、膝のすぐ下の打ち身(圧痛)なのであった。 丁度、痣(あざ)の様に・・

 

やがて施術が進み、I士は私に

 

「四つん這いになれますか?」

 

と訊いて来た。 すると、左膝に体重が掛かるので、痛くて出来なかった。 I士は私に

 

   「痛いんなら、止めときましょう。」

 

と言って、四つん這いでの、トレーニングは中止した。

 

さて、本日の重点ストレッチであるが、いつか実施した「上半身の柔軟性」である。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/10/20/094308

 

彼は私の後ろに廻り、背中のほぼ中央の高さに水平に置いて、

 

   「私の腕に寄りかかって、腕を支えにして後ろに反って下さい?」

 

と、案内してくれた。 その後、彼が私の正面に戻り、

 

   「じゃあ、左右に曲げてぇ・・」

 

と言うので、私が自分の拳を脇腹の上の方に当てて、曲げた。 すると彼は、反対側の腕も付ける様、アドバイスした。 つまり、例えば右に曲げる時、右手を拳にして自分の右脇腹の上の方に付ける。 更にこの時、左腕を自分の頭上に持って来て、覆い被せるのである。 これにより、一層、曲がる様になる。

 

するとI士は私に、こう告げた。

 

   「左右には、良く曲がっています。 が、後ろには、不十分です。 これが出来ないと、(体の前後のバランスが取れず、)突進してしまうんです」

 

と。 ナルホド、彼が上半身の柔軟性に拘っていたのは、単に当該部位の固縮予防だけでなく、その様な意味もあったのだ。 それを知ると、何か身近な目標が出来た様な気がして来た。

 

イラガ

 

皆さんは、イラガの毛虫に刺された事はありますか? 私は、今回、初めて刺されました。 では、その経緯と顛末を紹介します。

 

10月上旬の某日、フと家の前のベニカナメの葉の一部が葉脈だけになっている。 それも赤い新芽でなく、緑の葉である。 これはきっと何か、虫に食われたに違いない・・と思った私は、剪定鋏で切り落とし始めた。 始めは外側から葉脈だけの葉を付けた小枝を落とし、続いて内側から同様の小枝を落として行った。

 

すると、切っている途中、手首がチクンとした。 私は、

 

   「(さっき切った外側の枝の切り口が、当たっているのだろう)」

 

と思い、別に意に介さなかった。 しかし、他の枝を切っても、同じ場所が痛い! これは変だ・・と思って、手を見ると、痛い場所には傷も無い!?! しかも、何も触れていないのに、まだ痛い・・

 

と思い、葉を良く見ると、緑色の毛虫が2匹いた。 長さ12mm×直径3~4mm位の小さな毛虫が、保護色の(緑の)葉の上に乗っていた。

 

   https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.4kDWRaHtirq5q7jt0iObhwEsDh&pid=Api

 

私は異常を感じ、家に入って石鹸で手を洗った。 これは、チャドクガの毛虫にやられた時の経験からである。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2015/10/06/075110

 

見ると、人差し指にも小さな隆起が4つ程ある。 私は、手首と人差し指の隆起部に液体ムヒ(抗ヒスタミン剤)を塗り、乾いたらその上から更にフルコート(抗炎症剤)を塗った。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

処置が終わり、インターネットで色々と調べた。 その昔、会社の先輩が

 

   「アレに刺っされると、いてーんなぁ・・」

 

と言っていた、「デンキムシ(電気虫)」を俗名に持つ、恐怖の「イラガ」の幼虫の事である。

 

で、症状は? 急性の痛みが30分程あり、その後思い出した様に3日程痒みが残った。 しかし、水疱等の瘢痕を残す事なく、今ではどこを刺されたのかは、記憶にしかない。 インターネット上には、「その痛みは1時間続き、痒みは1週間残り、痛さは10年間忘れない」と書いてあった。 

 

どうも、私の場合は、軽かった様である。 きっと、日齢の少ない(=若い)幼虫だったからかも知れない。 と言うのは、その10日程して再度見た時に、もう1匹発見したからである。

 

その1匹は、長さ15mm×直径7~8mm程に、丸々と太っていた。 しかも、毛もハッキリしていた。 

 

「(きっとこう言う奴に刺されると、本当に1時間、痛み続けるかも知れない)」

 

と思うと、怖くなり、毛虫の付いた小枝ごと切り落とし、足で踏み付けた。

 

   https://media4.picsearch.com/is?3i9KqS4Q88_BXX9pPSSTsgS0qMeDHbRJrtvRcShdo6s&height=100

 

後でピレスロイド系の殺虫剤(例:エトフェンプロックス製剤)でも撒いておこう・・