読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ318―「レベルアップしますよ」

さて6月中旬、今日も総合病院にリハビリのある日だ。 前回、6月上旬にやったばかりの感もあるが、曜日の関係で「連続」となった。

 

さて、いつも通り妻の運転で総合病院に行き、M医師の予診を受け、待ち合い用の椅子に腰掛けてリハビリ室内を見渡すも、担当のI士の姿が見えない・・ 

 

と思っていたら、定刻少し前に現れて、ほぼ定刻にリハビリの施術が始まった。 どうも直前の患者がキャンセルした様だ。

 

   ――――――――――――――――――

 

さて、空いている台を探し、その台の上でマッサージやストレッチを行った。 そして、I士は、

 

   「今日は、自分(独り)で出来るストレッチをやりましょう」

 

と言い、台に座った。 そして、胡坐(あぐら)の格好から片脚を前に出し、その足の上に上半身を倒した。 コツは、

 

   「お腹が、脚(太腿)に着く位曲げてぇ・・ 顔は(下げずに)前を見てぇ・・」

 

と言う事らしい。 そして、左右の脚を替えてやった事は、申すまでもない。

 

   ――――――――――――――――――

 

さてその後、前回やった「米搗きバッタ」をやったが、疲労もあり余り上手くは出来なかった。 そしてその次は、脚を上げての歩行である。 I士は、太腿を水平まで上げて、見本を見せた。 勿論私も真似たが、疲労により段々と脚が十分上がらなくなって来たのが、自分でも分かった。 すると、I士は

 

   「膝を(対角の)手で叩きながら、(歩行を)やってみて下さい」

 

と言った。 そこで、その通りやった。 これは、昔からやっているので、私の得意技である。 すると私が(I士の予想より)上手くできたのだろう、彼は次の様に言った。

 

   「じゃあ次は、レベルアップしますよ」

 

と言い、こう続けた。

 

   「では、上げた脚の下で、手を叩いて下さい」

 

と。 うん、これは確かに難しい。 脚を十分上げないと両手が届かないし、無理に両手を合わせ様とすると、上半身が屈んでしまう・・

 

一応、やっては見たが、彼の満足行くレベルではなかったのだろう、形についてはノーコメントだった。 ただ、この様な注意点を言ってくれた。

 

   「ほら、やっている内に、段々速くなって来ちゃうでしょ? もっと、一定のリズムで。」

 

と。 うん、確かにその通りだ。 やっていると疲労が蓄積し、上げた脚を保持出来なくなってくるのである。 私の疾病の症状である、「姿勢保持障害」であろう。

 

リハビリ317―バランス喪失後の回復法

さて今日は、6月上旬2回目のリハビリのある日だ。 但し、久々に週の後半だ。 いつもと変りなく、妻の運転で総合病院に行き、M医師の予診を受けて待っていると、時間になってもI士が前の患者のリハビリをやっている。 壁時計を見ながら待っていると、定刻丁度5分後にやって来た。

 

そして、脚のマッサージから腕のストレッチを行っていると、I士が

 

   「済みません、5分程離れますので、いつものアレをやっていて下さい」

 

と言い、少し屈んだ格好から左腕を上げ、胸を開いた。 私は、四つん這いでやるストレッチと直感し、了解した。 すると彼は小走りで離れ、時計こそ見ていなかったが、5分程で小走りで戻ってきた。 一人でやる5分って、結構長く感じた。 

 

さて、今日のリハビリの後半、彼が不思議な新技を披露した。 それを紹介しよう。

 

彼は私に靴を履く様指示し、我々は通路に並んで立った。

 

先ず彼は右脚を太腿が水平になるまで上げ、その右脚で大きく前にドシンと踏み出した。

 

続いて上半身を前に折り、両手の指だけ床に着けた。 すると、短距離走のスタート直前の格好になった。 問題はここからである。

 

I士は、次のステップに移るために上半身を上げ、直立姿勢になれ・・と言う。 そして上半身を起こすのと同時に、左脚を前に持って来て、その太腿を水平まで上げよ・・と。 しかもこの時、左脚はどこにも付かず空中に保て・・と!

 

これは、バランスのみならず、右脚の筋力も必要だ。 だって、右脚・片足で屈んだ姿勢から立ち直るのである。

 

勿論、続いて左脚から行った。 自分では左右の筋力は同じだと思っていたが、軸足と利き足の違いがあるらしく、右脚を着地させた方が安定が良い。

 

これは、本当に大変だった。 ではこの運動の目的は? 私には、「バランス喪失後の回復法」の訓練に思えた。 と言うのは、動作の前半で倒れて床に手を着いても、後半の動作で起き上がるからだ。 この一連の動作を、誰が言ったか、「米搗きバッタ」と・・

 

そして、定刻チョット前にリハビリを終了した。 と言うのは、受診案内票を患者に返却し、最後に次々回の予約の日時を調整するのに、1~2分掛かるからである。 つまり、トータルで矢張り5分足りない。

 

抄読会―7

なぜ、その後ろにPro(プロリン=Proline)がわざわざ書いてあるか・・

 

これには、Pin1と言う酵素が関係してくる。 このPin1と言う酵素は、このThr231-Proの位置でP-tauの立体構造をcisからtransへと変換すると言う。 では、この変換はどの様な意味を持つのか? 

 

Pin1はアルツハイマー病の細胞やマウスの病態モデルで、アルツハイマー病におけるtauopathy(タウオパチー=タウ蛋白の変性に起因する病気)を抑制する。 つまり、このcis P-tauが減少すれば、疾病の進行を抑制できる可能性がある。 

 

この論文では、このcis P-tauを特異抗体で潰そうと言うのである。 これにより、脳損傷やtauopathyをブロックする事が可能だ・・と言っている。 

 

では、なぜこのtauopathyが重要か・・と言うと、私の罹患するPSP(進行性核上性麻痺)も、AD(アルツハイマー病)と同じtauopathyの一種だと考えられているからだ。

 

蛇足ではあるが、このProは蛋白を構成するアミノ酸の内、唯一2級アミノ基を持つため、蛋白の高次構造を決める大きなファクターの一つになる。 つまり、その隣のThr231の側鎖がリン酸化される事により分子の荷電状態が変わり、隣接するProの所でcis化し易くなる・・と言うのである。 

 

ついでに、もう一つ蛇足を。 ボクシング選手の様に、頭部に日常的に物理的刺激を受けている人は、アルツハイマー病等の神経変性性疾患の罹患率が高くなる・・と言う統計がある。 この状態を脳損傷(brain injury)と言う。

 

例えば、ご記憶に新しいと思うが、この6月3日に元ボクサーのモハメッド・アリ氏が亡くなられた。 彼が晩年、パーキンソニズムに苦しんだことはよく知られている事で、その原因としてボクサー時代に強烈なパンチを喰らったことが取りざたされている。 もちろん、因果関係の証明はできないが可能性が高いことは確かである。

 

尚、パーキンソン病においては、脳神経細胞の脱落の原因として、「4-RT」(4-Repeat Tau

の過剰によるNFT(neurofibrillary tangles)の蓄積があり、PSPと同様にtauopathyの一つと考えられている。 勿論、PSPも4-RT(変異による疾病)の一種であるし、AD(アルツハイマー病)においては、3-RTと4-RTが等量出現すると言う。

 

所で、P-tauの高次構造が、Pin1と言う酵素によりcisからtransに変換される・・と書いたが、夫々の立体構造が解明されている訳ではない。

 

難しい話しは、これ位にしておこう・・

 

抄読会―6

2016年6月上旬、実にほぼ4ヶ月振りの抄読会である。 と言うのも、前回は2月の中旬だからだ。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/03/20/090130

 

場所は、烏賊博士こと友人の職場である。

  

では、テーマは? 「Antibody against early driver of neurodegeneration cis P-tau blocks brain injury and tauopathy」であるが、拙訳すれば「神経変性の初期の駆動体(=cis P-tau)に対する抗体は、脳損傷やタウオパチーを防止する」であろうか? もし名訳があるなら、下記のコメント欄にご教示願いたい。

 

実は、これは全26頁にも及ぶ論文であり、Nature(Vol 523、431-456、2015)に掲載されている。 しかも、広い分野に及ぶ研究である事から縦割りの大学では無理であり、事実、癌研究所やメディカルセンター、医科大学、病院等に所属する22名もの著者が並んでいる。

 

さて、この様な巨大プロジェクトを動かすキーパーソンは、プロジェクト・リーダーであろう。 しかし、日本の高等教育の過程で、プロジェクト・リーダーになるための素養を身に付けさせる講義があるだろうか? 脱線になるが、ノーベル物理賞を受けた小柴教授は、米国留学中にその様な素養を身に着けた・・と思う。

 

話しは脱線したが、元に戻そう。 このタイトルを見て、論文の内容を推察できる人は少ないと思う。 少なくとも、私はそうである。 では、その本文を見ながら意味する所を考えて見よう。

 

キーワードの一つが「cis P-tau」である事は、想像に難くない。 では「tau」(タウ)とは? これは、tau蛋白(以下、タウ蛋白)である。 タウ蛋白は神経軸索内の分子量約5万の微小管結合蛋白であり、微小管の重合を促進したり安定化したりする。 これにより、細胞骨格の安定化に寄与している。 タウ蛋白がリン酸化されると、タウ蛋白は微小管から離れタウ蛋白同士で結合し神経原線維変化を生じると考えられている。 この神経原線維変化はアルツハイマー病のみならず、他の神経変性性疾患でも観察されている。

 

では、「P-」とは? これは、リン酸化された(タウ蛋白である)と言う意味だ。 リン酸化される位置は、Thr231-Proである。 つまり、タウ蛋白のN端から数えて231番目のThr(スレオニン=Threonine)の側鎖にある水酸基だ。 え? なぜ、その後ろにPro(プロリン=Proline)がわざわざ書いてあるか・・ですって??? ここが、味噌・醤油・味の素なのである。 

 

(続く)

 

気功38

前回の施術からほぼ2ヶ月、今日は気功の予約日である。 しかも、初めての午前中の予約である。 そこで、妻の運転で出掛けた。 混み具合も分からないので、少し早めに出掛けたら、早めに着いた。 そこで、二人ともスマフォでゲームをやって、時間を潰した。

 

さて、時間になったので行くと、気功師が玄関に顔を出して迎えてくれた。 ・・と言うより、私達を確認して私の足音を聴いていたのだろう。

 

いつもの小部屋に案内され、早速施術に入った。 最初はうつ伏せで、途中仰向けになり、合計でほぼ1時間掛かった。 施術が終わり、コーヒーとお菓子を戴いた。 以下は、その時の話しである。

 

   「あのね、左脳は理性を司り、右脳は・・芸術に関係するの。 今回、左脳の血流が低下していたので、調整して置きました」

 

   「ここに来る時の足音を聴いていると、普通に歩いてると思うと、ツツツツと早くなったりするの。 ユックリ歩けば、イイのに・・」

 

これに対し、妻が

 

   「昨日までの処方が、合わなかったみたいなんです」

 

と、説明した。 また妻が私の血圧について尋ねたら、気功師は紙を捲(めく)りながら、

 

   「今回は・・ 128の68で、普通だったわよ。 前回は、少し高かったけど」

 

と説明した。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/05/05/082000

 

   ―――――――――――――――――

 

そう言えば、家の中が静かである。 昔の静謐を取り戻した様だ。

 

   「あのぉ、赤ちゃんは帰ったんですか?」

 

と妻が気功師に訊くと、

 

   「そうなの・・ まるで私が産んだみたいに、大変だったのよ!」

 

と、状況を説明した。 兎に角、成長が良いらしい。 体重も、常に標準曲線の上限に近いの・・と。

 

ま、それを聞けば、安心である。

 

そして、帰ろうと立った時、気功師が私の体重が減少したか否かを訊いた。 施術中に感じたらしい。

 

   「今の体重の方が、ベストね! 身体が軽いでしょ?」

 

と言うのである。 妻も私も余り意識をしていなかったが、気功師には分かるらしい。 事実、帰宅後に体重計に乗ると、確かに減っていた。 ピーク時より3.5kg、つい数ヶ月前と比較しても1.6kg軽くなっていた。 ヨカッタ、ヨカッタ!

 

現金で払ってる? 自動振込み? 何と勿体ない!

毎年5、6月は税金の季節 ・・ 憂鬱ですよね! え?市区町村からの固定資産税や都道府県からの自動車税を、コンビニや金融機関で現金で支払っている? 何と勿体ない! 公共料金を自動振込みにしている? 何と勿体ない! (クレジットカード払いは、別。)

 

なぜ、勿体何のか? それは、ポイントが付かないからです。

 

セブンイレブン系で使えるnanacoカードで、税金・公共料金を支払うのです! え? 税金・公共料金を支払っても、ポイントは付かない・・ですって??? そりゃそうです。 

 

しかし、nanacoにクレジットカードでチャージしたら? これには、ポイントの付くカードと付かないカードとがあります。 付く場合でも、カードの種類により付与率は0.5%~1.2%と様々です。

 

え? それに、nanacoへのチャージは、1枚当たり5万円までしか出来ない・・ですって??? ふっふっふ、センター預かりを知らないなぁ・・ これを使えばプラス5万円、つまり計10万円まで可能なのです。

 

では、具体的にその手順を詳細に。

 

   http://matsunosuke.jp/nanaco/

 

え? 我が家は、1期の納税額が10万円以上だが、それでも全てをnanacoで支払いたい・・ですって??? それには、nanacoを複数持つ方法があります。

 

では、複数のnanacoにチャージするには?

 

   ① クレジットカードを複数持つ

   ② 1枚のカードで、紐付けを切る

 

と言う方法があります。

 

①は、単純ですね? 複数の(例:ご家族の)カードで複数のnanacoにチャージするのです。 また、nanacoで他人(例:奥様)名義の税金(自動車税等)を支払う事も可能なのです。

 

②は、裏技です。 最初のnanacoにチャージしたら、一度、クレジットカードとの紐付けを切り、次のnanaco番号を登録してチャージするのです。

 

公共料金の中には、クレジットカードで直接払えるものもありますが、そうでないものはnanacoで支払いましょう。

 

   ―――――――――――――――――

 

どうですか、少しは節約になりそうでしょうか? 預金金利が低い中、是非、活かして下さい。 それにクレジットカードの使用金額がアップすると、カードのステータスも上がる(レギュラーカードがゴールドカードやプラチナカードになる)可能性もあります。

 

え? 自動振込みの方が、手間が無い・・ですって??? そりゃそうですよ、利益を得るためには努力も必要なのです!!!

 

勿論、nanacoの発行には300円/枚掛かります。 でも、300ポイント付いて実質的に無料となる日があります。 TV CMでご存じですね! また、nanacoへのチャージには、上記の金額以外にも制限もありますので、その点をご留意下さい。

 

診察201606―3

折角メモを書いてきたので、置いて来た。 そこには、ここ2週間のF医師による処方について、書いて置いた。

 

   ――――――――――――――――――

 

(3) PSPの各臨床病型と処方薬の効果(仮説と文献例) (PSP=進行性核上性麻痺、PD=パーキンソン病

⑩ ドプスはPSPによるすくみ足にも有効である。*1

⑪ 抗PD薬は、PSP-Parkinsonismに有効である。*2 他の臨床病型でも、初期に一時的に有効。*3

⑫ 抗PD薬は、PSP-PAGFには無効である。*4  (PAGF=純粋無動症)

     ・ マドパーがPSPに無効なのは、セカンドオピニオン後の鑑別診断で明らか。

→ それまで3錠だったが、5.5錠に増量するも効果なく、3錠に戻した。

     ・ ビ・シフロールには円背化の副作用がある。

→ そこで、最高1.5mgから0.25mgまで減薬した。 最終的には0mgに?

   ・ マドパー並びにビ・シフロールを減薬するも、症状に自覚できる変化は無かった。

 

   ――――――――――――――――――

 

*1:ドプスの添付文書 (http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1169006C1039_2_11/

(但し、効能効果の欄に「パーキンソン病(ヤール重症度3以上)におけるすくみ足・たちくらみの改善、シャイドレーガー症候群・家族性アミロイドポリニューロパチーにおける起立性低血圧・失神・たちくらみの改善、起立性低血圧を伴う血液透析患者におけるめまい・ふらつき・たちくらみ、倦怠感、脱力感の改善」とあるが、PSPに関連する記述は無い。)

 

*2:(PSP)診療とケアマニュアル - SQUARE - UMIN一般公開ホームページ.

http://plaza.umin.ac.jp/neuro2/pdffiles/PSPv3.pdf

(P9-10のQ4-7の(1)に(PSP-Parkinsonismは)「パーキンソン病と区別がつかないような症状ではじまり、L-dopa 製剤(メネシット、マドパー、ネオドパストン、イーシードパールなど)の効果が認められ薬物療法として、パーキンソン病治療薬や抗うつ薬が用いられます」との記述あり。)

 

*3:難病情報センター|進行性核上性麻痺

   http://www.nanbyou.or.jp/entry/4114

(7.に(PSPの)「薬物療法として、パーキンソン病治療薬や抗うつ薬が用いられますが、効果はあっても一時的です」との記述あり。)

 

(*2の8.にも同様の記述あり。)

 

*4:(上記の*2と同じ)

(P11のQ4-7の(2)に(PSP-PAGFは)「パーキンソン病の症状と似ていますが、L-dopa 製剤の 効果はないと言われています」との記述あり。)