パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ477―健康保険は、使える?

 

さて、5月の連休も終わり、街は少しずつ「日常」を取り戻して行った。 そんな中、5月最初のリハビリの日となった。 我々の懸念は、K医師により、健康保険を用いてリハビリを行うための「オーダー票」の発行が遂行がされているか否かだ。 もし、それが未遂(行)なら、医療費は、忽ち10倍に膨れ上がってしまう。 (「指定難病医療受給者証」が使えないため。)

 

最悪なのは、現地に行って医師の予診を受け、待っていると、M士がやって来て、

 

   「『オーダー票』は、まだ未発行なんです。 ですから、健康保険は適用されずに、全額、自費となります。」

 

と言うものだ。 これを避けるためには、電話で予め確認しておかなければならない。 そこで、病院業務開始直前の9時前に総合病院の代表に電話をした。 そうしたら、何度掛けても話し中であった。 矢張り、同じ事を考えている人は多いのだろう。

 

仕方が無いので、30分程して再度病院に架電し、リハビリテーション科に繋いで貰った。 そこで、名前を言い、

 

「Mさんを、お願いします」

 

と言うと、

 

   「どの様なご用件でしょうか?」

 

と訊くので、一通り説明すると、本人に繋いでくれた。 要は、本人が施術中かも知れないので、受付で可能な事(予約変更やキャンセル等)は受付でやってしまおう・・と言う趣旨なのだろう。 尚、構音障害もあるので、途中、妻に代わって貰った。

 

結論から言うと、『健康保険は適用されます』と言うものだった。 じゃあ、あの「オーダー票」と言うのは、何のためなのか・・と疑問を持った。 しかし、まだ、半信半疑だ。

 

まぁ、健康保険が適用されるなら、予約をキャンセルする事は無い。 そこで、午後から妻の運転で、総合病院に出掛けた。

 

いつもの手順を踏襲し、M士を待っていると、彼が声を掛けて来た。 すると、妻は

 

   「今朝ほどは、電話ですみませんでした」

 

と言うと、M士は

 

   「いぃぇ・・」

 

と小さな声で答えたのみだった。

 

こうして、作業療法が何事もなかったかのように始まった。

 

夏野菜の準備

2019円4月下旬から5月上旬に掛けて、10連休となった。 季節は晩春となり、夏野菜の準備をする時期となったので紹介しよう。 しかし、その前に昨年から育てていた野菜や果物の紹介を!

 

先ずは、タマネギである。 昨年の秋に植えておいたが成長して、玉が大きくなってきた。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190514/20190514175342.jpg

 

もう直ぐ、新タマが食べられる。 新タマは、スライスして水に放ち、軽く絞ってオカカと醤油で食べると、これが旨いのだ!!! 

 

   ―――――――――――――――

 

 そうそう、去年の苗・・と言えば、イチゴを忘れてはならない。 春に沢山の白い花を付けていた。 それが、殆んど実を付けた・・と思われる程の実の数である。

 

   

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190514/20190514175352.jpg

 

露地イチゴは、チョッピリ酸味は強いが、太陽をタップリと浴びた果物、即ち、「太陽の缶詰」である。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190515/20190515085318.jpg

 

 

どうです、美味しそうでしょ?

 

   ―――――――――――――――

 

今年、早春に植えたのは、ジャガイモだ。 種芋を3kg購入し、夫々を2~4個に切って草木灰を切り口に付けた。 本当はその後、4~5日間乾燥させてから植えるらしいが、予定の関係(=都合)で、その日に播いてしまった。 すると・・

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190514/20190514200517.jpg?changed=1557831920

 

なんて事も無く、無事に発芽した。 現在も順調に成長しているが、まだ去年、種芋3kgから作ったジャガイモが結構残っているので、また今年も食べ切れないかも?

 

   ―――――――――――――

 

お待たせしました。 夏野菜の登場だ。

 

先ずはナスだ。 ナスは6株だが、下記画像の中央の畝に一直線に植えた。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190514/20190514233535.jpg?changed=1557844539

 

良―く見るとぉ・・ 一部に花が咲いている。 

 

  https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190515/20190515080639.jpg?changed=1557875202

 

きっと「初物」になってくれるだろう。 何しろ、「親の意見とナスビの花にゃ、千に一つの無駄が無い」と言うので・・。

 

   ――――――――――――

 

続いては、キュウリ。 3株買った。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190515/20190515081512.jpg?changed=1557875714

 

最後はトマト。 中型のトマトの苗は、3本だ。 尚、ミニトマトは、草の様に、いくらでも。生えて来る。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190515/20190515081739.jpg?changed=1557875862

 

 

その一部には、もう実が生っている。 その先には、花も・・

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190513/20190513165743.jpg

 

その他の、ピーマン・オクラ・カボチャ・スイカは、別の機会にでも・・

 

 

リハビリ476―訪問リハビリ・・

 

理学療法を既定の40分間やり、続いて作業療法となって、M士がやって来た。 いつも通り、いつももデスクに座り、枠内に名前・フリガナ・住所等を記入していると、M士が、ポツリと言った。

 

   「作業療法で、急性期にやるべき事は、殆んどやりました」

 

と。 なぜ、そんな事を言うのかなぁ・・と思ったら、それは今後のリハビリの方向性についての伏線だったのであった。

 

まぁ、普通は「急性期」のリハビリが終わると、「回復期」のリハビリに移行し、日常生活に不便の無い様、訓練を行う。 例えば、退院後に一人暮らしをする患者には、買い物や食事作り等のシミュレーションを行う。 私の場合には、以下の2つの問題点がある。

 

先ず1点目は、疾患の性質である。 通常の、整形外科領域の疾患や脳血管障害等に対するリハビリでは、急性期の後は回復期になろう。 しかし、私の様な脳神経疾患では、急性期の後に回復期になるとは限らない。 寧ろ、症状が進むと考えられる。 この事は、私をほぼ1年間担当してきたM士なら、分かっているハズだ。 

 

続いての2点目は、回復期の訓練の場所である。 まぁ、実生活と同じ事を病院でやるには、限界がある。 そこで、ベストなのは、患者の自宅でやる事だ。 しかし、M士は、

 

   「私達が。患者の自宅に行って(何かを)やる事は出来ないんです」

 

と説明した。 では、それをやるには?

 

   「介護保険を使えば、それができるんです」

 

と、M士が言った。 つまり、現状の健康保険によるリハビリから、介護保険によるリハビリに切り替えると言う事である。 そう言えば、訪問リハビリを受けている知り合いのパーキンソン病患者は、要介護の等級を持っていた。

 

所で、今の制度では、リハビリを健康保険と介護保険とを混合して受ける事は、認められていない。 まぁ、保険の請求事務は月単位なので、もしかしたら、月毎なら、変更が可能かもしれない。(要確認)

 

ただ、介護認定を受けている患者が、医療系のリハビリを受けるためには、一定期間ごとに医師が発行(押印)する書類が必要となる。

 

では、現在の主治医であるf医師は、どう言っているのか? 彼は、先ず私が介護認定受けて、隣の「〇〇〇の家」の理学療法のリハビリを受ければ良い・・と。 しかし、f医師は、このクリニックの常勤医ではないので、またいつか総合病院に戻らなければならない(かもしれない)。 尚、「〇〇〇の家」とは、中央クリニックが運営する老人介護施設であり、クリニックに隣接している。

 

さぁ、どうしたら良いのだろう・・ 今日で、f医師が書いてくれた「オーダー票」の有効期限が切れるしぃ・・

 

 

リハビリ475―自転車漕ぎ

 

さて、今日が4月の末、リハビリの予約日だ。 え? 10連休でも病院はやっているのか・・ですって??? そうなんです、10連休の前半は通常通り、後半のみ連休としているのです。

 

さて今日は、先に理学療法ある日だ。 待っていると、M嬢が声を掛けて来て、理学療法の施術が始まった。 

 

前半、いつも通り、下半身のマッサージやストレッチを行い、後半になった。 すると、彼女は、

 

   「自転車漕ぎをやりましょう。 6階に行った事、ありますか?」

 

と訊いた。 勿論、M士と浴槽からの立ち上がりの訓練をしたので、ハイ・・と答えた。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/12/05/112123

 

こうして、M士の時と同じルートで6階まで行った。 勿論、途中の歩行訓練も兼ねている。前回は気付かなかったが、エアロバイクは浴槽のある前室の窓寄りに3台並んでいて、手前の1台は使用中だった。 M嬢は、私を中央のエアロバイクに案内し、サドルに座る様、指示した。 私が座ると、彼女はサドルをスルスルっと前に運び、

 

   「どうですか、位置は?」

 

と訊いたので、私は丁度良い旨を答えた。 すると、彼女は、ペダルに靴を固定した。 その後、

 

   「漕いで見てください?」

 

と言うので、私は足を回転し始めた。 すると、今度は、操作パネルに触れ、

 

   「負荷は、どうですか?」

 

と訊いた。 表示は「0.6」(kg)になっていた。 私が、軽い旨を答えると、「0.7」に上げた。 すると・・

 

   「どうですか? ズーンときましたか?」

 

と訊くので、私が否定すると、今度は「0.8」にした。 私が、

 

    「もうちょっと・・」

 

と言うと、彼女は負荷を「1.0」に上げた。 うん、これ位が丁度良い! ・・旨を答えると、彼女は、

 

   「スピードを20(rpm)から25の間で、やって見て下さい?」

 

と言うので私は、モニターの数字を見ながら、脚の回転数を調節した。 偶々、22~23の時、彼女がパネルを見て、

 

   「丁度イイですねぇ・・」

 

と評した。 

 

私は、無負荷ではあるが、55~60rpmで毎日エアロバイクを漕いでいるので、随分ユックリに感じる。 もし、今後も20~25で漕ぐなら、もう少し負荷を増す様、言って見よう。

 

 

お花見(5)

 

さて。4月上旬に「お花見(1)~(4)」において、今年の桜を紹介した。 その中で。K公園のジョギングロードを歩いている事を紹介した。

 

http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/04/12/112550

 

折角なので、その後の様子を紹介しよう。

 

先ずは、満開の桜の下のツツジである。 撮影の角度は前回とは異なるが、同じツツジ園だ。

 

   

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190429/20190429163102.jpg

   

続いては、藤棚の藤である。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190429/20190429163419.jpg

 

  

この時期、長い房を競う藤もあるが、ここの藤は幹を見て欲しい。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190506/20190506232904.jpg

 

一体どれ程の年月をかければ、ここまでなれるのか? ・・と思う程である。

 

最後は、桜の様子である。 ③を除いて、経時的に写したものであるので、説明は不要だろうが、野暮を承知で解説する(=チャチャをいれる)と・・

 

 先ず、(1)・(2)は、歩行訓練を始めた頃の桜である。 満開を少し過ぎた頃であろうか? (3)は、桜の花弁である。 これだけをみても如何に桜が多いかが解る。 (4)も、同じ桜ではあるが、緑が薄っすらとみえるが、(5)では、新芽のために、枝が混んで来た。 (6)・(7)では、もぅ完全に「葉桜」となり、(8)では、新緑となった。 尚、(8)は、(1)から、4週間経っている。

 

     

 

きっとこの先、桜達は涼しい木陰をこのジョギングロードに落として、そこを歩く者を、灼熱の太陽から守ってくれる事だろう。

  

リハビリ474―カワイイ!!!

 

fさて、作業療法の後は、理学療法だ。 本来はM嬢が担当のハズだが、先の予約があった様だ。 今日はm嬢が担当となる・・と言う。 イニシャルがM嬢と同じなので、仮に小文字のmとしよう。

 

え? m嬢の印象ですか? まぁ、美人ではあるが、それよりも「カワイイ!」と言う印象だ。 丸顔で、髪を後ろで1本に束ね、身長155cm位だろうか? ま、施術そのものは、他の理学療法士とほぼ同じであったが、違うものもあった。

 

たとえば、私が台に腰掛けていると、m嬢はその左横にピッタリとくっついて座り、

 

   「おしくらまんじゅうをしましょう」

 

と言うので、私は左側に、彼女は右側に力を入れた。 それはまるで、仲の良いカップルがベンチで寄り添い、互いの身体をくっ付けて、

 

   「コノー、コノコノ、コノー」

 

とか言いながら、戯れている様にも見える。

 

   ―――――――――――――

 

こんな事もあった。 私の真後ろに位置したm嬢は、急に両手で私の両腕を掴んだ。 余りにも急だったので、私は驚いた。 私の上腕二頭筋の辺りである。 私は、「次に起こるかもしれない」事を予想して、一瞬、身構えた。 それを知ってか知らずか、彼女はこう言った。

 

   「ヘェー。 結構、ムキムキ(=筋肉質)なんですんねぇ・・」

 

この言葉を、彼女がどんな表情で発したかは、私には窺い知る手段は、無かった。 (両腕を持たれているので。)

 

   ――――――――――――――――

 

またある時は、台に腰掛けている私に、立ち上がって、お臍を前に出せ・・と言う。 (これにより、上半身は反って、体全体は「弓なり」になる。) では、その時彼女は? 私の正面でスツールに座り、脚を120度開いている。 すると彼女の眼の高さと、私のお臍の高さが、ほぼ一致するので、

 

   「ハイ、お臍を出してぇー・・ ハイ、戻してぇー・・」

 

なーんて繰り返していると、何か誤解を受けそうで・・

 

   ――――――――――――――

 

さて、彼女との会話の中で、一番窮したのは、以下の質問である。 私の答えと共に記そう。

 

   「リハビリは、お好きですか?」

 

   「えぇ・・」

 

   「理学療法と、作業療法と、どちらが好きですか?」

 

   「理学療法です」

 

   「理学療法の、どんな所が好きですか?」

 

   「(そりゃ、若い女性にマッサージしてもらうと、気持ち良くなるから・・)」

 

なーんて言えないので、答えに窮していると、m嬢は、

 

   「気持ちイイからですか?」

 

と質問を変えた。 勿論、私は

 

   「えぇ、そうです」

 

と答えた。 

 

リハビリ473―枠内に記入する

 

今日は4月の下旬、リハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 今日は、作業療法が先だ。 待っていると、M士が声を掛けて来て、彼の案内で、いつものデスクに座った。

 

彼は棚から「ペグ中」を持って来て、両手で1つずつ持って1度に2つをひっくり返して行け・・と言う。 私がそれをやっている間に、彼は紙、鉛筆、そして消しゴムを持って来た。 そして、紙の上に、自分のポケットからボールペンを出して、2種類の枠を書き出した。

   

フリガナ

 

名  前

 

 

   ―

 

 

前者の書き方は明らかだろう。 後者の枠内の上段には郵便番号を、下段には住所を記入すると言う。

 

で、私が書き始めると、また昔の癖が出てしまった。 フリガナの片仮名は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」で、散々練習した・・というのに。 名前や住所も、模写した時のフォント・サイズと全く異なるからか、上手く書けない・・

 

すると、M士が自分が指をタップするので、その音を聞いてから書け・・と言う。 以前やった方法だ。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/01/07/170022

 

これをやると・・ 上手く書けるから、不思議だ。 

 

   ―――――――――――――

 

さて、私は5月からもリハビリの可否についてM士に訊いた。 と言うのは、リハビリを健康保険で受けるためにF医師が発行した「オーダー票」の有効期限が4月末日で切れてしまうからである。 私がその事を言うと、M士はあるアイデアを出して来た。 それは私が過去にT医師(常勤の女医)を受診しているので、T医師に「オーダー票」を書いて貰う・・と言うものだった。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/04/28/105303

 

しかし、M士によると、それは、

 

   「〇〇さん(=私)の診察は、K先生が引き継いでいますいので、K先生にオーダー票を書いて貰いましょう」

 

というものだった。 (因みにK医師は前任のF医師と同じ医科大学の、同じ教室出身で、非常勤らしい。) それを聞いて、私は、

 

   「(えぇーっ、(常勤の)T医師じゃあなかったのぉー?)」

 

と思ってしまった。 これは、私の推測ではあるが、T医師に断られたのではないかと・・ 

では、誰がどうやって、K医師に「渡り」をつけるのか? それは、M士がやってくれる・・と言う。

 

ここは、私がやたらと動かない方が良さそうだ。