パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ490―両手で・・

 

 

さて今日は7月上旬、午後からリハビリの予約だ。 いつもの手順を経てM士による作業療法となった。 彼は、前半は私に書字の練習をさせ、後半はビー玉を使った訓練を行った。 その訓練とは?

 

彼は、棚から大きな紙皿に入った30個程のビー玉と、2枚の小さな紙皿を持って来た。 そして、中央に大皿、そしてその両側に小皿を置いた。 更に、中央の大皿から5種類のビー玉を選び、片側の(例えば、左側の)小皿その内の3個を入れ、もう片方の(例えば、右側の)小皿に残りの2個を入れた。

 

   「右手と左手でビー玉を1個ずつ持ち、夫々同じ色のビー玉の入っている小皿に入れて行ってみて?」

 

と彼が説明した。 良く見ると、最初の5個は、夫々色が異なっていたのだ。 例えば、左側の3個は、青・赤・水色のビー玉と、右側を黄・緑色とする。 中央の大皿から両手で同時にビー玉を1個ずつ拾い上げ、例えば右手に赤、左手で緑をピックアップすると、腕を交差させて、右手の赤を左の小皿に、左手の緑を右の小皿に入れる。 

 

こうして、すべてのビー玉を小皿に移したら、1回の訓練を終わる。 続いて、全てのビー玉を元の大皿に移して、良く撹拌してから、また5色を選び、両脇の小皿に置いてスタートする。 色の組み合わせは、また変わる。 そして間違えると、M士が小皿のビー玉を大皿に戻す。

 

さて、私は最初試したら、1個も間違えずに出来た。 2回目は少し間違ってしまった。 更日3回目には、何回か間違ってしまった。 要は、集中力が切れてしまうのである。

 

そんな私を見て、M士が自らやって見た。 すると、私の3回目位、間違っていた。 そして、再度、私の番になった。 私はどうやったら間違わずに出来るかを考えた。 そして思い付いた! それは・・

 

両手でビー玉をピックアップする時に、予め、小皿の上のビー玉の色を見て、同じ色のビー玉を拾うのである。 しかし、余りにも完璧だと、

 

「何か操作しているのでは?」

 

と思われると困るので、間違いも時々入れた。 例えば、水色と青とを間違えるとか・・

 

では、なぜこの訓練を行ったのだろう・・と考えた。 

 

   「(そうだ、きっと両手で同時に別々の事をやるためだ!)」

 

と。 と言うのは、左手でタップしてから、右手で、一画を書く・・と言う方法だ。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/05/27/080038

 

この時は、2つの事を、同時に出来ない・・と言ったら、一旦、引いたが、今回、彼は左手で強くデスクを叩き、続いて右手で一画書き、再び同じ事を繰り返しながら、手本を示した。 そして、

 

   「ほら、同時じゃあ、ないでしょ!」

 

と言うのであった。

 

しかしながら、まぁ、彼に言われて直ぐに出来れば、こんなに書字の練習はやらないだろう。 では、私の出来ない所は?

 

例えば、画数が多くて混み合っている所をササッと書いてしまう。 或いは、「れっか」(、、、、)では、右手と左手が、ほぼ同時に早く書いてしまう・・等である。 気を付けていても、そうなってしまうのである。(汗)

 

キターーー!!! 「介護保険被保険者証」!

 

今日は7月上旬、午後からリハビリの予約日だ。 すると、午前中の郵便物の配達で、市役所から、私宛てに封書が届いた。 結構厚めで、92円の切手が貼ってあり、「保険証在中」と、表書きがある。

 

   「きっとこれは、今月上旬に行った要介護認定の申請と、その後の市職員よる訪問調査に対して、要介護度(等級)が決定し、それを知らせるものだろう」

 

と思い、開封すると、A4の紙が何枚も入っていた。 そして、その紙に埋もれる様に、濃いピンクの「介護保険被保険者証」が入っていた。 私は、はやる気持ちを抑えながら、その保険者証を出し、「要介護状態区分等」の欄を見た。 そこには、

 

   「要支援2」

 

とあった。 そう、要介護ではなく、それより軽い要支援だったのだ。 その有効期限は、丸一年(正確には、翌年の申請月末)・・と言う。 そして、使えるのは、月間10,473単位だと言う。 しかし、要介護と要支援では、色々と使えるサービスが異なる。 実は、私は「要介護1,2」位かと(勝手に)思っていた。

 

その事を妻に話すと、こう言った。 

 

   「この頃、介護認定が厳しくなってるみたいね。 それに、トイレは自分で行くのが困難な時はあっても一人で出来る、食事はポロポロこぼす事はあるものの一人で出来る、風呂は時々洗って貰う事はあるものの一人で入れる・・じゃあ、要介護にはならないわよ! まぁ、それだけ、軽いってことじゃない? これからも、(出来るだけ)一人で頑張れ・・って言うことじゃあないの!?!」

 

と。 成る程、モノは考えようだ。

 

それと、もう一枚、黄色い小さな紙が入っていた。 それは、「介護保険負担割合証」であり、そこには「1割」とあった。 唯、有効期限が申請日から今年の7月末日迄となっていた。 なぜ、なんだろう? 7月末なのだろう? 

 

思い当たる事と言えば、介護保険金が(世帯)収入により異なる・・と言う事である。 つまり個人の年間所得(や市民・県民税額)が決定するのが、6月上旬であり、偶々、申請日には、間にあわなかいのだろう。 そして、負担割合の切り替えが、7月末となっているのかも知れない。

 

私の想像ではあるが、確定申告の閉め切りが3月15日、それから税務署で中身の妥当性を検証し、各地方自治体に連絡するのが4月. それを基に市民県民税額が決定するのが5月、その金額を公に知る事が出来る様になるのが6月(上旬)なのだろう。 

 

だから、国民健康保険の保険料の決定が6月から、指定難病医療費受給の受付が、6月下旬からなのも納得行く。

 

さて、話題が逸れてしまったが。要介護度が決定したら、次は、ケアマネージャーの決定と、ケアプランの作成である。

 

リハビリ489―三度(みたび)、T(Y)嬢と

6月最後のリハビリは、下旬の某日だった。 いつもの手順で施術を受ける準備をしていると、T嬢(=T(Y)嬢)が現れた。 今日は三度目である。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/06/14/114755

 

但し、今回はマスクを着けていない!?! 彼女は私に、

 

   「先ず上半身のマッサージを行い、続いて書字の練習をしてから、(最後に)下半身のマッサージをしましょう」

 

と言った。誤解は無いとは思うが、下半身のマッサージは、理学療法士へのバトンタッチ後であり、彼女がやる訳では無い。 彼女は、空いている台を探して、台の表面と枕とを清拭した。 その後、私は台に腰掛けて、彼女の施術を受け始めた。

 

彼女は私の右腕を持って、私の右肩に手を伸ばしてマッサージを始めるや否や、彼女は

 

   「ん?」

 

と言う表情をして、手を停めた。 私は。

 

  「(何か。あったんだろうか?)」

 

と、一瞬不安に思ったが、思い当たる事と言えば、筋肉疲労位しか無い。 と言うのは、脚が巧く動かないので、その分を腕(手)―――とりわけ、利き手の右腕――に頼る事が多くなる。 例えば、起き上がる時やすくみ・突進歩行から転倒を防止するために壁や柱に手を着く時がそうだ。 そのため、この所、右肩付近の筋肉にしわ寄せ(疲労)が行くのだ。 そこで、私は、

 

   「凝ってますか?」

 

と訊いたら、彼女は肯首した。 続いて彼女は、私の左腕+左肩も丁寧にマッサージをした。 左側も右側程ではないものの、肩周辺の筋肉に疲労感があった。 これは両腕を使うもの、例えば車椅子やウォーキグポール等によるものだろう。 

 

こうして、いよいよ書字の練習となった。

 

   ――――――――――――

 

彼女はA4の紙に、横2列、縦8列程の50mm×6mm位の枡を分度器付き定規を使って、ボールペンで書いた。 しかし、行の高さが6mm位しか無いのでは、振り仮名位しか書けない・・と思ったら、左側の列に名前を片仮名で、右側の列には平仮名で書いてみよ・・と言う。

 

そこで、私は指示通りに書いた。 但し、小字症の様に、最後はミミズが這う様に。 そして私は、① 自分でキューを出(=左手でタップを)しながら、② 彼女のキューにより、書き進めて行った。 きっと彼女は、①と②の差を見たかったのだろう。 しかし、片仮名・平仮名のいずれも、目視では分からない程度の差しかなかった。

 

   ―――――――――――――

 

この後、M嬢による理学療法も、無事に終わった。 今回の理学療法では、ポールを使ったウォーキングの際の姿勢を注意された。 特に、ポールと脚が同時に出ない様に(=同側歩行にならない様に)、下を向きがちである点である。

 

保存食の製造

さて、6月の保存食と言えば「梅干し」であるが、その前に5月下旬の「伽羅蕗」を紹介しよう。 勿論、基本的な配合や製造工程は前回とほぼ同じであるが、前回は写真も無く、淡々と書いてしまったので、今回は写真を多用し、コメントも添えたい。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2015/06/14/085005  (前回の製造)

 

先ずは、蕗の準備であるが、茎部を塩で板ずりをして、長さ3~4cmの長さに切る所までは、前回と同じである。 (葉部は刻んで、ふき味噌を作る。)

 

続いて下茹でであるが、前回は、10分間の沸騰・・と書いたが、実はそれでは長すぎる。 粗熱を取った蕗を沸騰した湯に入れ、

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711122513.jpg (沸騰した湯に入れた所)

 

5分間で沸騰に至り、5分間沸騰させる。 伽羅蕗の仕上がりの硬さは、ほぼこの段階で決定する様だ。 そのため、時間は個々に調節されたい。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711111644.jpg (再沸騰した所)

 

最後に、煮詰め(て、オカカを入れ)れば完成であるが、指定配合の液量では、蕗の三分の一位しかヒタヒタにならない。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711114034.jpg (指定配合の液に、蕗を入れた所)

 

つい、水を足したくなるが、足すと(液が蒸発するのに時間が掛かり過ぎて)煮崩れてしまう。 煮崩れると、最早、伽羅『蕗』ではなくなる。

 

しかし、時々ユックリかき混ぜながら、中火で1時間毎に様子を見ると、

 

  https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711111941.jpg (煮詰めている途中)

 

数時間で、液が殆んど無くなるので、火を止める。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711111930.jpg (殆んど煮まった所)

 

さめたら、容器に入れて完成だ! 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711113936.jpg (容器に取った所、余り美味しそうに撮れていない(汗))

 

まぁ、味が濃いので、カビは生えないとは思うが、一度に食べられないので、我が家では、ジップ〇ックに小分けして冷凍保存しいている。 

 

   ――――――――――――

 

さて、本論の梅干しであるが、材料は梅と塩。 梅は樹に生っている青梅より、熟して落ちた梅の方が良い。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711131626.jpg (熟した梅を水洗している所)

 

これらを集め、水洗後、水をふき取り、

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711131727.jpg (梅に付着した水を拭き取った所)

 

(出来れば表面を殺菌して)容器に塩と交互に入れる。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711131800.jpg (容器に梅と塩を入れた所)

 

塩の量は梅の重量の16~20%が良い。 この時、16%以下だとカビが生えやすい。 今回は、梅1・34kgに対して塩250g(18.6%)を用いた。 近年、塩分が10%程度・又はそれ以下の(調味)「梅漬け」が市販されているが、「梅干し」とは異なるものである。 

 

塩を入れたら、上から重しを乗せる。 すると、梅から出た水分が梅酢の層を形成する。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711132040.jpg (梅酢が出た所、まだ塩は底に残っている)

 

このまま、直射日光をさけて、暗所に置く。 すると、梅酢が上がって来て、全体が、液に浸る様になる。 この頃には塩は、全部溶解している。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711132133.jpg (後は、天日干しを待っている所)

 

ここまで来れば、もう完成間近である。 1ヶ月程置いたら、後は3日3晩の「土用干し」をすれば、「白梅干し」の完成だ!

 

今回は精製塩を用いたので、サラサラしているため、梅と交互に入れるも、殆んどの塩が底に落ちて行ってしまった。

 

 

リハビリ488―ウォーキングポールを使った歩行練習

 

さて、6月中旬の今日はリハビリの日だ。 そこでいつものデスクで、M士の作業療法を受ける準備を始めた。 

 

さて彼は、「ペグ中」を棚から出し、私に、両手でペグを逆さに刺す様に言って、消えた。 どうも、両手でやる所が「味噌・醤油・味の素」らしい。 暫くして、彼はA4の紙を2~3枚持って、戻って来た。 彼は、その内の一枚に6cm×2.5cm程の長方形をボールペンと分度器付き定規で描いた。 

 

そこに名前とフリガナを書くのであるが、そのためにはもう一本内側に直線を引く必要がある。 彼は、それをフリーハンドで描いた。 それが、5mm程の幅で真っ直ぐに引かれているのだ。 私なんかだったら、もっと震えて、しかも幅は均一ではなかろう・・ それだけで、「凄い」と思ってしまった。

 

   ――――――――――――――

 

さて、今回の作業療法は、枠内に住所・氏名等を書いたのみだった。 そして、続いてM嬢による作業療法となった。

 

彼女は、下半身のストレッチやマッサージを行い、「ウォーキグポール」での歩行練習を長めとってくれた。 私がポールを使って歩いて行くと、私の後ろから彼女がサポートしてくれる。 具体的には、

 

   「1・2,1・2、・・」

 

と言う声掛けと、同側歩行になってしまった時の注意である。 そして、同側歩行になってしまった時は、

 

   「一旦、止まって、もう一度(正しく)歩き直す」

 

と言う。 事実、10歩位歩くと、同側歩行になってしまうので、私が一旦止まると、

 

   「そうそう、一旦、止まる・・ねっ!」

 

と言ってくれる。

 

こうして、リハビリテーション室内を歩いて回った。 残る課題は、どうして同側歩行になってしまうのか?、そしてどうやって同側歩行になる事を防げるのか・・を解明する事だろう。

 

 

薬が足りない!?!

 

さて、私は6月の診察を終え、クリニックの受付前のソファーで、妻の帰りを待っていた。 妻は、直前の診察で出されたf医師の処方箋を持って、門前薬局にて処方を受けに行ったのである。

 

15分程。待ったろうか?  妻が戻って来て、妻の運転で帰宅した。 妻曰く、

 

   「シンメトレルの在庫が薬局に(足り)ないんだって! 明後日の午前中に宅急便で届けるって!!!」

 

なぜ、明後日の午前中か・・と言うと―――ここからは、私の想像であるが―――薬問屋からの配達が、午後の受注なので翌午前中になり、それから宅急便に配達を委託するので、明後日の午前中となる。 と言うのは、午前中の不足薬剤は、翌日の午前中の配達となるからだ。

 

ま、シンメトレルが2日分以上は最初の処方に含まれていたし、万が一足りなくても「飲み残し」が1ヶ月分以上はある。 つまり、万が一、シンメトレルが処方不足になっても、一向に困らないのだ・・

 

   ――――――――――――――

 

では、掲題の「薬が足りない!?!」は、どんな薬がどの段階で足りないのか?

 

私が、帰宅後に薬袋を見て、我が目を疑った・・ 28日分となっていたのだ!?! しかも、全ての薬袋が・・ 確か、次の診察日を決めた時に、f医師は、「35日ね」と言ったはずだ。 あれは、次回予約日までの日数=処方期間=ではなかったのか?


可能性は、3つある。 それらは、① 次回予約日まで、本当は、28日である、② f医師が思い違いをした、③ 薬剤師が35日分を28日分と勘違いをした ・・である。

 

しかし、①につては、何度カレンダーを見ても35日である。 ②については、f医師は35日と言った。 ③につては、薬剤師は調剤時にダブルチェックを行っているので考えにくい。 結局これは、薬局に行ってみるしかない。

 

しかし、時間も限られている。 と言うのは、3時半の予約で診察に30分、調剤に15分、帰路に8分掛かり、自宅で不足に気付くのに数分掛かると、これだけで既に4時半である。 まぁ、薬局が夕方何時までやっているかは不明だが、最悪、f医師が5時に帰宅すると、訂正に1週間掛かってしまう。 と言うのは②の場合、薬剤師からf医師への連絡が必要だからだ。

 

と言うわけで、妻に薬局に行ってもらった。 そうしたら、原因は②であった。 しかし、トラブルはこれだけでは無かった。 担当の薬剤師が、差額を請求するのである!?!

 

私は厚生労働省の言う「指定難病」の患者であり、「指定難病医療費受給者証」を提示して、月間の指定難病に関わる医療費の個人負担の最高額は、5,000円と決められている。 そして、今月は既にその上限に達しているのである。 

 

つまり、当の薬剤師は、この制度を知らなかった様だ。 彼は他の人に訊いたらしく、漸く分かって貰えたらしい。

 

本当に、色々あるものだ!?!

診療010―201906(2)

 

(2)  臨床調査個人票について

 

  • 引き続き、指定難病医療受給者証を受けたいと思いますので、掲題票のご記入をお願い申し上げます。
    • 未だ、先生にお伝えしていない項目とその内容に関しては、別紙をご参照下さい。

・ 申請期間が6月〇〇日~8月〇日までなので、次回診察日までにお願い致します。

 

と言う項目で、私は、妻に記入用紙と、前回提出分のコピーを渡そうとした。 するとf医師は、それらを一瞥すると、

 

    「あぁ、またこれか? 受付に置いてってくれる?」

 

と、面倒そうに言った。 まぁ、パーキンソン病の専門医ならではの悩みだろう。

 

 (3) 介護認定について

 

  • 現在、介護認定を申請中。 〇月〇日に市職員が調査に来訪。 (当日は、体調が良好だった。)
  • 介護認定に当たり、「主治医としての意見」をお願い申し上げます。

 

これについては、コメントは、無かった。

 

(4) 血圧の測定結果について  (アムロジン処方量の変更(5mg→2.5mg)結果の検証)

 

  • 前回診察日(〇月〇日)~昨日(〇月〇日)の起床時及び就寝時の血圧は、次表の通りであった。

 

 

起 床 時

 就 寝 時

有効日数

20

20

20

26

26

26

項目

最高血圧

最低血圧

脈拍数

最高血圧

最低血圧

脈拍数

単位

mmHg

mmHg

pulse/min

mmHg

mmHg

pulse/min

平均値

133(±)

87(±)

66(-)

124(+)

82(+)

71(-)

標準偏差

7.9

3.2

5.8

7.7

4.2

6.1

最高値

144

92

85

137

89

83

最低値

111

78

60

104

74

59

(平均値の(+)は、前回と比較して増加、(±)は不変、(-)は減少を示す)

以上

これに対して、

 

   「今のままでイイみたいですね!」

 

と言い、処方も決定した。 次の予約を〇月〇日に決定すると、f医師は、

 

   「35日ね!」

 

と言った。 最後に我々が立ち上がって、部屋を出ようとすると、妻が、

 

   「センセ、このポール、先生に前回ご紹介頂いたものなんです」

 

と言うと、f医師は

 

   「ヘー、良く手に入ったねぇ・・ 今、品薄らしいですよ? インターネット通販かなにかで買ったんですか?

 

と訊いて来た。 妻は、

 

   「えぇ、娘がインターネットで買って、送ってきたんです」

 

と答えた。 すると、f医師は椅子から立ち上がり、

 

   「長さは?」

 

と言いながら、ポールの長さを見てくれた。 私は、杖を前に出し、先を床に付けた。 すると、私の上腕が鉛直になり。前腕が水平になるのを見てf医師は、

 

   「うん。 長さも、丁度イイですね!」

 

と言ってくれた。