パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診療012―201908(1)

 

さて、今日は8月下旬、5週間振りの診察日である。 予約は3時からではあるが、

 

   「きっと、来た順番に診てくれるよ」

 

と、言うので10分程早目に出掛けた。 妻は、駐車場も心配なので、早目に行きたいのだ。

 

数分で中央クリニックに到着すると、駐車場は、半分位しか埋まっていなかった。 そこで、帰りに出やすい所に停め、クリニックに入った。 まぁ、20分以上待ったが、我々より後に来た患者が我々より先に診察を受けたとも思われないので、妻の言う事は、本当だったかも知れない。

 

こうして待っていると、やがて我々の名が呼ばれた。 診察室に入ると、f医師が訊いた。

 

   「どうでしたか?」

 

と。 これに対して、私は、次の様に答えた。

 

   「大きな転倒は有りませんでしたが、小さな転倒は増えました」

 

と言いながら、いつものメモを出した。 そこには、次の様に書いておいた。

 

 

1) 前回受診日(20197月〇〇日)以降の体調について 

 

  • ① ドプス600mg+シンメトレル300mg、アムロジピン2.5mg、ノウリアスト40mg(いずれも1日量)は、ほぼ毎日服用した。
  • ② 出血や裂傷に繋がる様な大きな転倒は無かった。
  • ③ しかし、バランスを失ったりすくみ足になったりした事による小さな転倒は増えた。

 

(2) 指定難病医療費受給者証について 

 

  • ④ 6月16日付けの「臨床調査個人票」への記入を、有難うございました。
  • ⑤ 7月24日に、鴻巣保健所に提出して参りました。

 

ここまで読んで、f医師はこうコメントをした。

 

   「家の中で、転倒する原因は、無理だと分かっていてもやってしまうからなんでしょう?」

 

妻がこれに反応した。

 

   「そうなんです、センセ!」

 

と。 それを聞いたf医師は、まるで「我が意を得たり」とばかりに、抑揚を付けて、こう言った。

 

   「分かっちゃいるけど、止められない~んだよね? これがこの病気の特徴なんだよねぇ・・」

 

その後、この抑揚を付けた「分かっちゃいるけど・・」を、2~3回繰り返した。

担当者会議

 

さて、暫く前にケアマネのMさんから、

 

   「(サービス)担当者会議を開きたいが、都合の悪い日は?」

 

と、日程を照会する電話があり、それに答えると、

 

   「分かりましたぁー、日程が決まりましたら、再度お電話しますねぇ・・」

 

と言い、その後の受電で、本日の9:30と言われた。 今日はその会議の当日だ。

 

   ―――――――――――――

 

朝、結構早いので、妻は朝食後、早速掃除に掛かった。 私は、髭を剃り、歯を磨いて顔を洗って、整姿整容に努めた。 9:28頃、N整形外科の車が庭に入って来たかと思ったら、次々と車が入って来て、定刻には、メンバーが揃った。 たった一人、ケアマネのMさんを除いて・・

 

定刻に到着したメンバーが、玄関を上がって、リビングルームで待っていると、2~3分遅れて、

 

   「どうも、遅れてすみません」

 

と言いながら、ケアマネのMさんが入って来た。 こうして、担当者会議が始まった。 Mさんは、先のケアプランを全員に配布し、概要を説明し出した。 私は説明の頃合いを見計って、

 

   「実は、総合病院の作業療法士から、私に必要なのは、『通所リハビリでなく、訪問リハビリだ』と言われました。 その中で、日常生活における・・」

 

と言ったら、N整形外科のKさんとケアマネのMさんとが、顔を見合わせた。 そして、ケアマネのMさんが、ボソッと、

   「(私は)そうじゃないかと、思ってた」

 

 

と言った。 で、彼が、N整形外科のKさんと顔を見合わせた理由は、どうも、

 

   【N整形外科は、要支援の患者に対する訪問リハビリの認可を持っていない】

 

から・・らしい。 但し、要介護者の患者に対しては持っているらしい。

 

そんな事を議論していると包括支援センターのKさんが自分のカバンの中から、焦げ茶色の丈夫そうなカバーの、厚さ1cm位のノートを出してきて、こう言った。

 

   「〇〇さんの場合は、要介護1に極めて近い要支援2だったんです」

 

と。 つまり、次回判定の時に要介護1になる可能性が高い・と言うのだ(ろう)。 これにより、新たに「要支援」での「訪問リハビリ」の認可を持っている所を探さなくても、次回判定以降、今のN整形外科で訪問リハビリを受けられる(可能性が高い)事を意味する。

 

これを、ケアマネのMさんは、

 

   「じゃあ、通所リハビリで始めて、何か都合悪くなったら、(私に)言って下さい」

 

と纏めた。 その他、特に議論する箇所も無く、担当者会議は無事終了した。

 

   ―――――――――――――

 

その後に、N整形外科との契約書・福祉用具レンタル会社Yとのレンタル契約書等沢山の印章を押した。 そして、最後にY社のOさんが、歩行器の試用品を出して来た。 かねてから、お願いしてあったものだ。 彼は、ゴツくて大きなものと、簡易で軽いものを用意した。 私は、後者が気に入った。 兎に角、軽いのであるが、勿論、強度も十分ある。 

Oさん曰く、

 

   「(フレームの材質が、)カーボン・ファイバーで出来ているので軽いんです」

 

と。 最近ではプリウスに乗せて、走っている。

 

リハビリ497―伏線

こうして、作業療法が終わり、続いて理学療法となった。 担当はM嬢である。 私が台の上に横を向いて待っていると、M嬢がやって来て、

 

   「こんにちは。 横を向いていたので、(私だと)分からなかった」

 

と軽口を言った。 こうして、理学療法が始まった。 先ずは、台の上でのマッサージやストレッチを行った。

 

途中、彼女は私に起き上がって、靴を履く様指示した。 そこで、私は「むくっ」と起き上がり、靴を履いた。 一方、彼女は、靴を履いて立ち上がった私の正面に、キャスター付きの丸椅子に腰掛けて、位置した。 

 

そして、私が起き上がる様子を観ていた彼女は、

 

   「腹筋が強いですねぇ・・ 普通の人は、そこまで腹筋が強くはないんです。 でも〇〇さん(=私)の場合は、腹筋の力だけで、起き上がっています」

 

と言った。 なぜ、ここで腹筋の話しが出るのか?・・と思ったら、それが次回の伏線だった。

 

   ―――――――――――――――――

 

さて、立ち上がった私に、M嬢は肩幅に足を開いて、片足立ちになる様、指示した。 そして、その姿勢を見て、

 

   「上半身は真っ直ぐして、横に傾かないでぇ・・ そうそう!」

 

と言った。 そう、上半身をそのまま平行移動させる印象だ。 私がその通りやると、今度は、

 

   「胸を張ってぇ・・ おっ! イイですねぇ・・」

 

と、褒めてくれた。 すると、次の課題として、

 

「体重の掛かっていない方の足を軽く上げて見て下さい?」

 

と指示した。 そして、以上の動作を、反対側の脚でも行った。

 

更に、右・左・右・左・・と交互に繰り返す内に、段々と分かって来た! そう、「正しい」歩き方のための具体的方法だと!!! それなら、そうと、先に行ってくれれば、理解(習得)が早いのに・・と思ってしまった。

 

リハビリ496―目がチカチカする

 

さて、8月の中旬にもう一度リハビリがあった。 担当は、オリジナル通りM士とM嬢である。 先ずは、M士による作業療法である。 

 

早速デスクに移動し、書字の練習をした。 彼は、私に

 

    「チョット待ってて下さい?」

 

と言ってどこからか、紙を持って来た。 彼は、その内の一枚を出し、枠を描いた。 そ枠内に名前と住所を書く様、指示した。 そこに、私がそれらを書くと、

 

   「(まだまだ、基礎的な練習が必要だな・・)」

 

と思ったのか、別の紙を出して来た。 そう、住所が大きな――と言っても、12ポイント位であるが――明朝体のフォントで印刷された紙を出して来た。 4行×18列程あったが、以前のと異なるのは、印刷の濃淡である。 今回のは、随分と薄い。

 

そして、その上から、なぞってみよ・・と言う。 そこで、住所をなぞり始めた。 すると、

 

   「サンズイが、違う」

 

とプリント上に赤を入れた。 確かに、サンズイの一画目の高さが0.8mm位違う。 え? 0.8mm位、どうだってイイじゃないか・・ですって!?! まぁ、現実、0.8mm位字の書き出し位置が下がったって、どうって事ないだろ! 確かに、全体が若干下がるが、実用上、問題ない。

 

・・と思っていちゃ、ダメである。 と言うのは、それが「模写」だからだ。 

 

例えば、「県」と言う文字。 この内、「目」の文字を、0.7~0.8mm程の間隔で、均一に書いて行くのは、結構ムズい。

 

その0.7mm位の間隔で線を引いていると、何か、目がチカチカして来た。 M士は、

 

   「チャンと見えますか?」

 

と訊いて来た。 ま、文字も薄いが、紙質も上白紙でなく、「白色度75」と言う紙(の様)である事も関係しているのだろう。 それなのに、私はつい

 

   「大丈夫です」

 

と、答えてしまった。

 

  ―――――――――――――

 

私が書いていると、M士が私に訊いて来た。

 

   「9月からのリハビリは、どうなりましたか?」

 

つまり、「私に必要なのは、『通所リハビリ』でなく、『訪問リハビリ』だ」・・と前回、彼が私に言ったことに対する対応を知りたかったのであろう。 これに対して、私が、

 

   「それは、次回のサービス担当者会議に(議題として)上げる予定です」

 

と答えたら、それ以上は何も言わなかった。

 

こうして、作業療法が終わり、続いて理学療法となった。 

 

 

梅干しの完成

介護保険とリハビリの話しが続いたので、この辺で少し話題を変えて、梅干し作りの「その後」でも・・

 

確か、前回は、梅酢に浸かった所まで紹介した。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2019/07/12/080543

 

その様子を再掲すると、

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190711/20190711132133.jpg

 

さて、今年の7月は多雨であったが、8月に入ると晴天の日が続いた。 そこで、土用も過ぎた8月上旬、梅の実を漬け物容器から出して、並べて天日に晒した。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190831/20190831214145.jpg

 

さて、紙に梅酢が染み込んでいるのが分かる様に、上記は1日目である。 注目すべきは、その色。 干す前はそれぞれが熟度により様々な色をしていたが、干すと数時間で、上記の様な「白梅干し」色になった。 但し、梅干しが紙に貼り付かない様、時々、梅干しを動かす必要がある。

 

こうして、三日三晩干すと、梅干しが完成した。 しかし、2日目には、表面に白く食塩が粉を噴いていたので、塩分が高いのだろう。 確かに1個食べて見ると、しょっぱい! オマケに、乾燥が過ぎて、表面がシワシワである。 これは、連日38℃を超す猛暑日だったからだろう。 (コンクリの上では、40℃以上???) では、これらの問題を解決するには?       

 

一挙に解決する方法は、水浸による脱塩だろう。 その方法として、インターネット上のgoole先生に訊いたら、下記サイトを教えてくれた。

 

   http://www.tanabe-ume.jp/recipe/shionuki/

 

そこで、ボウルに水道水を張り、完成した梅干しを入れ、1晩置いた。 翌日、ボウルから出して、1時間程、表面を乾燥させた。 こうして、「本当の完成」となった。 但し、我が家では、念のため冷蔵庫内に保管している。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20190831/20190831214139.jpg

 

これは、塩分も丁度良く、朝食がご飯の時(朝はパンの事が多い)は、ほぼ必ず1個を食べる。 朝、食べない時は、昼食時に食べる。 妻の口にも合う様で、一緒に1個を食べている。

 

よおし、来年は、もっと作るゾーーー!!!

 

お盆中でも営業

 

で、お盆に入ってから、介護用品レンタルのY社・Oさんから架電により、契約に〇〇日に伺いたい旨の連絡があった。 前回の来訪時に、

    

   「ウチはお盆中でも、やってる(=営業している)んです」

 

と言っていた。 その理由は、病院が稼働しているからであろうが、その事を我々に告げたのは、お盆明け早々に手摺り工事の申請を19日迄に、市に済ませたいからであろう。 工事が市に認められれば、工事費用の9割を介護の被保険者に、補助金として市が負担してくれるので、お盆中であっても、契約を取りたいのだと思われた。

 

と言うのは、市の申請受付の締め日が、「9の日」だから・・と言うのだ。 つまり、至近では19日であるが、この日を逃すと29日になってしまい、工事が9月になってしまうのは確実だからだ。 (申請から認可まで、1週間位らしい。) しかも、8月19日が月曜日なので、その前の週の内に契約を締結したいのだろう・・

 

で必要な書類は、契約書・施工図・施工前の写真・見積書及び同明細書(「・・費 一式」と言う書き方は、ダメらしい。)・更に申請を代行するための委任状だと言う。 そして、工事完了報告書(施工後の写真)を提出して、初めて9割の補助金が下りるらしい。 残りの1割を申請者から受け取って、一つの仕事が完了する。

 

いかにも、行政らしいややこしさであるが、まぁ、工事が終わったからと言って、(私の住んでいる)市の職員は見に来ない ・・とOさんが言う。

 

ただ、担当者によっては、例えば、

 

   「なぜ、 2階にも取り付ける必要があるんですか?」

 

等と、ツッコミを入れる人もいるとか!?! まぁ、20日を過ぎても何とも言って来ないので、チャンと申請は受け取って貰えたのだろう。

 

   ――――――――――

 

さて、ほぼ定刻に現れたOさんは、先方の印の付いた袋綴じの契約書とA3一枚の契約書を出して来て、色々と説明した。 契約書の収入印紙は、2通とも200円が貼ってあり、先方の割り印があった。 その後者の契約書には、

 

   「請負契約書 住宅改修工事」

 

とあった。 まぁ、心配なのは、工事後の瑕疵保証である。 これについては、

 

   第〇条

    (瑕疵がある場合の責任)

     目的物に瑕疵がある場合、請負者は民法に定める責任を負う。

 

とあるので、大丈夫だろう。

 

再掲となるが、「お盆でも営業」と言うが、それだけ熱心な訳でなく、単に営業の都合・・「病院がやっているから」と言う程度の理由であろう。

 

 

リハビリ495―お盆中でも診療

 

今日は、8月の中旬、世は「お盆休み」だ、「何連休」だ・・と喧(かまびす)しいが、病院は関係ない。 お盆中でも、普通に診療を行っている。 そこで、お盆にリハビリの予約を取ってあった。 そこで、妻の運転で、総合病院に出掛けた。 すると、受付番号(=その時点でのその日の受診者数)は、平日のそれと殆んど変わっていなかった。

 

いつものM医師による予診を終えて、受付前の待合い用の椅子に座って待っていると、M士が通り掛かって、

 

   「〇〇さん、こんにちは」

 

と我々に挨拶をした。 妻は、それを聞いて、

 

   「チャンと、『〇〇さん』って付けるんだぁ・・」

 

と感心していた。 この事があって、私は今日の担当がテッキリM士だとばかり思い込んでしまったので、T嬢(TaY嬢でなくToY嬢、いずれにしてもTY嬢に変わりはない)が、作業療法の施術に現れた時は、

 

   「(おやっ?)」

 

と思ってしまった。  しかし、予約カードを見ると、確かにT嬢(TY嬢)となっていた。

 

   ――――――――――――

 

こうして本日のリハビリが始まった。 彼女は、先ず台の上で私の上半身のマッサージを始めた。 そして、次のプロセス(施術)に移った。 その準備として、台を離れて輪投げを取りに行った。

 

その輪投げ用の輪を台に腰掛けた私の横に置き、私に

 

   「両手で輪を取って、私の腕に掛けて下さい?」

 

と言った。 彼女は私の正面に立って、腕を水平より少し上げた。 私にとって、ギリギリ届くか届かない位の距離である。 私が片手で輪を取り、それを両手で彼女の手に掛けると、彼女は次の輪の邪魔にならない様、それを腕に下げた。 こうして片側の輪通しが終わると、残りの側についても同様の事を行った。 では、この輪通しの目的は? きっと、背伸びをし、円背を補整する事だろう・・と思われた。

 

   ――――――――――――

 

さて、輪通しを終えると、テーブルに案内し、紙に手持ちの定規で枠を描いた。 2列で一番上の枠のみ1cm位の幅があり、その下にはその半分位の高さの枠が。10個程ぶら下がっている。

 

先ず、彼女は一番上の枠(=1行目)に私の名前を漢字で書く様指示し、私はその直下の枠 (=2行目)に、左側に片仮名で、右側には平仮名で読み仮名を書いた。 そして、3行目以降は。

 

   「トントンしましょ?」

 

と言って、テーブルの上をタップした。 私は、タップを聞いてから次の一画を書く事になるが、今回は、片仮名なので、要求に応じるのは比較的容易だ。 と思ったら、そんな簡単には行かなかった。 矢張り単純な(繰り返しの)所―――例えば「ミ」―――では、つい早くなってしまう・・

 

すると彼女は、

 

   「今、ここ(「ミ」の所)で少し早くなってしまいましたね!」

 

と言うのである。 まぁ、可愛い言い方をされると、修正したくなくなる。(滝汗)

 

   ――――――――――

 

さて、続いて理学療法であるが、担当がK嬢と言う初めて見る女性だ。 彼女は自己紹介後、私と一緒に歩き出した。 すると、どこからか、Y士がやって来て、K嬢に色々と教えている。 例えば、

 

   「ほら、患者(=私)は右に偏り易いから ・・ ××を支えてぇ!」

 

等である。 そして、歩行訓練を終えて。靴を脱いで台に上がった。 彼女の施術方法(術式)は極普通であったが、私が片脚を曲げて自分の膝を胸に付けるストレッチでは、私の足の裏を彼女自身の胸の間に付けて押した。 その後、反対側の脚へも同様の事を行った。 もし彼女の胸に付けたのが真ん中の足だったら、それは「パ〇ズリ」である!?! 

 

では、私の足に「何か」当たったか? ・・と言うと、それは無かった。(汗)