パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

お金について - 滞米生活、その18

今回は、お金の話です。 中身は堅い話です、私の性○の様に・・ 

 

尚、以下はすべて私の滞米当時の事情です。 あ、伏字の○は、「格」です。

 

日常的に使うお金(money)は、現金(cash)と小切手(personal check)です。 目安ですが、10ドル以下は現金、それ以上は小切手でした。 ですから、現金は数ドルしか持ち歩きません。 小額なので、わざわざ財布に入れる人は少なかった様です。

 

先ず現金ですが、紙幣(bill)とコイン(coin)があります。 1ドルコインもありますが、普通は1ドル以上は紙幣、未満はコインを使います。 ここで戸惑うのがコインの名称です。 日本では「○○円玉」と金額で呼びますが、米国では慣用名で呼びます。 half-dollar(ハーフダラー=50セント)とquarter(クォーター=25セント)は分かります。 dime(ダイム=10セント)・nickel(ニコル=5セント)・penny(ペニー=1セント)は、慣れないと戸惑います。 紙幣は金額で呼びますが、1ドル紙幣のみa buck(バック)と呼びます。

 

次に小切手ですが、予め銀行に専用の当座預金口座(checking account)を開設しておく必要があります。 ID(身分証明書)と種銭を持って商業銀行に行き、開設します。 普通預金口座(saving account)も作っておきますと、利息が付きます。

 

Checking accountを開設しますと、その場で銀行の小切手帳を渡してくれます。 でも、実際にはこれでは通用しません。 その後銀行から送付される、個人名と住所の印刷された小切手でないと。 そして、銀行からカードも送付されます。 このカードには個人名と番号が書いてあって、支払を受ける店側がその番号を小切手に転記します。 つまり小切手にその番号が書いてあると、口座が残高不足になっても銀行が保証してくれるので、受け取る店側も安心・・という意味です。 私の保証額は当時200ドルでした。

 

たとえば12ドル34セントの買い物をしたら、小切手の宛て先欄にその店名を書き、金額欄に

 

   Twelve dollars 34/100 (ドルは英文、セントは分数)

 

と書いてサインをします。 小切手帳の綴りの所にはメモ欄があり、支払い記録(振出日、金額、相手先)を残す事ができます。 そして銀行のカードを提示すると、店員が番号を小切手に書き写します。 もし少額現金が必要な時は、先の小切手に20ドルと書きますと、お釣りを現金でくれます。 しかし買い物金額や保証額を越えるお釣りはダメです。

 

最後に、毎月銀行から小切手支払い明細と口座残高の一覧が郵送されてきますので、小切手帳の綴りにメモした支払い記録と照合します。 そしてこれがそのまま家計簿になるのです。

 

 

グランドキャニオンの旅 - 滞米生活、その17

さて、私の滞米生活の紹介から、4ヶ月が経過した。 リハビリの話しばかりでは、退屈だろうから、その続きでも・・

                 http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2018/07/16/091000

 

米国に行ったからには、一度は見てみたいグランドキャニオン。 写真でご存知の方も多いでしょうし、行った事のある方もいるでしょう。 先カンブリア期からの地球の歴史を刻む、あの雄大な景色・・ でも、あれは渓谷の南側(South Rim)なのです。

 

コロラド州からグランドキャニオンに行きますと、先ずは北側(North Rim)に着きます。 North RimとSouth Rimはコロラド川を挟んで10マイル位しか離れていないのですが、全く異なる顔をしているのです。

 

North Rimに向かって車を運転しますと、森林地帯に入ります。 すると遠くで何かが動いています。 鹿です! 自動車の音に驚いて、森の中へ逃げ込んでいるのです。 森の中には他にも動物がいそうですが、脇見運転は危険です。 (汗)

 

森を進むと、急に開けて大きな建物が見えてきます。 ここがGrand Canyon North Rimの拠点です。 そう言えば、建物を越して遥か向こうに赤茶けた渓谷が見えます。 建物に入りコーヒーを注文して、窓から景色を眺めます。 10マイルも先では、どこがSouth Rim Visitor Center(ビジターセンター)なのか分かりません。 手前の森から続く渓谷の、その果ての水平線のどこかにあるのでしょう。 そこで備え付けの望遠鏡を覗き、地図と見合わせながら見当を付けます。 これから行く所ですから・・

 

http://wolf.schnell-web.net/misc/usa/2001/ (North Rimの写真集他)

 

(このURLが示すページの一番下に小さい写真があり「A few more pictures from National Park」と書いてあります。 ここをクリックすると、更に写真が見られます。)

 

売店では小さなカップに入った種を売っています。 リスのエサですね。 外では人懐っこいリスが、警戒しながらも近づいてきます。 慣れたリスは、人の肩に乗ったり手のひらの上のエサを食べたりもします。 つい「可愛いっ!」と思って手を延べたくなるのですが、止めた方が良いでしょう。 野生のげっ歯類(リス)はペスト菌を持っている可能性があるからです。 冷たい様ですが、外国では自分のリスクは自分で管理しなければならないのです。

 

一休みしたら、直ぐにSouth Rimに向かって出発です。 ずーーーーーーっと遠回りしないと、橋がありません。 時速55マイルで5時間のドライブです! 赤茶けたコロラド高原を延々と走っていると、「Colorado」(コロラド)の語源が、「Color red」(土が赤い色の場所)だと気付くのです。

 

South Rimの話題といえば、何と言ってもSkywalker(スカイウォーカー)。 私の滞米時には、まだありませんでした。

 

  http://www.grandcanyonskywalk.com/    (注 : 音が出ます。)

 

この画面の下に、各言語での案内へのアイコンがあります。 日本語は一番右です。 お楽しみ下さい。

 

 

冬の野菜達

 

リハビリの話題が続いたので、今日は、我が家の畑で育っている冬の野菜達を紹介しよう。

 

先ず、冬の野菜の代表といえば、何と言っても「大根」であろう。 去年は作りすぎて食べ切れず、けっきょく、トラクターでうなってしまった。 そこで、今年は蒔く種の間隔を空け」、一列とチョットにした。

 

  https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20191108/20191108212048.jpg

さて、もう一つ、冬の野菜の候補と言えば、白菜であろう。漬物にしたり、鍋に入れたり・・と、用途はひろぃ。 また、餃子を作る時、キャベツの代わりに使うのも、好きだ。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20191108/20191108212054.jpg

 

さて、冬野菜の代表と言えば、ブロッコリーもそうだろう。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20191108/20191108212106.jpg

 

え? カリフラワーもですって? ブロッコリーは、頭頂部を摘んでも、脇芽が沢山でるので、時期が長いのですが、カリフラワーは、(脇芽が)出ないのです!?! 勢い、我が家では、ブロッコリーが主体となるのです。

 

更に、人参もある。 え? 人参が採れる時期じゃあないだろう・・ですって???

 

https://c dn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20191108/20191108212113.jpg

 

そうなんです、本来蒔く時期(7月20日頃)を逸してしまったのでした。

 

後は、ベイビーリーフだろうか?

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20191108/20191108212101.jpg

 

摘んで、サラダにする。 レタスやキャベツとは異なる食感で、美味しくいただけた。 ちなみに、無農薬なので、虫に食われている。 まぁ、冬の野菜ではないが、オマケだ。  

 

これから、タマネギの苗を植える。

 

 

リハビリ513―背後霊かっ!?!  

10月第3週のリハビリの様子を紹介しよう。 この所、週の前半の紹介が多かったので、今回は後半の様子でも・・

 

週の後半の理学療法の担当はK士である。 但し、開始時刻は、週の前半より、チョット早い。 と言うのは、週の後半の迎えの時刻(9:15)が、週の前半の方(9:40)より25分早いからだ。 勿論、生活サイクルは、早い方に合わせる。 そこで、週の後半はトイレ(小)は9時頃までに、済ませておく。

 

では、週の後半、迎えの早い日は? 必然全的に帰りも早くなる。 だから、9:00頃に排尿すれば良い事になる。 しかし、尿意の強さはその時によっても異なる。 まぁ、6:40起床だと、起床直後にトイレに行き、次は8:00頃行く事になる。 (因みに、トイレの間隔は、1時間半位だ。)

 

週の前半(9:40迎え)は、次の排尿が9:25頃になるので丁度良い。 しかし、週の後半は、異様だ・・ 9:00では、未だ尿意はない。

 

そこで、8:00の排尿後、トイレに行かずに出発準備をしていたら、妻が

 

   「(お迎えの)車が来たわよ!」

 

と言うので、運転手のヘルプも得て、車上の人になった。 その後、N整形外科に到着し、いつもの手順で機械によるリハビリを受けていると、K士が前の患者のリハビリを終えたので、私が受け始めた。 そして、それが終わって残りの機械によるリハビリを受けていると、急に尿意を催して来た。

 

まぁ、オシッコの事を考えていると尿意は益々強くなるばかりなので、別の事を考える事にした。 例えば、

 

  「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空 ・・」

しかし、それは一時凌ぎでしかない。 そこで、私は、リハビリの全工程が終了した時点で、車椅子を押している女性に、トイレに行きたい旨を伝えた。 すると彼女は、車椅子を男子トイレの入り口に寄せて、両輪をロックした。

 

私が杖を使って車椅子から降り様とした、将にその時、どこからかKクンがやって来て、

 

   「こう言う時は男同士の方が、イイと思って・・」

 

と言った。 まぁ、そう言われれば、反対する人はいない。 そして、彼は洗面台の脇を通って、男子小用の所まで、私を案内した。 そして私は一番手前の、障害者用便器の前に立った。 女性は知らないとは思うが、一番近い便器には、左右にU字形の手摺りがあり、胸の高さにバーがあって、万が一、利用者がバランスを失っても、「前」には突っ込まない様に出来ている。(笑) 唯一のリスクは、後方転倒だ。

 

   https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/f/5/e/f5e4c84c22fe7e2a12f898082aca97c2.jpg

 

私が

 

   「(おや? 彼は、いずこに???)」

 

と思ったら、彼は私の後ろにいた!?! 私は傍に人がいると、出なくなる性質(たち)なので(笑)、これには困った。 まぁ、彼としたら、私の後方への転倒を防止するために立っているんだろうが、これには参った。 まるで背後霊の様に・・ まさか、

 

   「(まだ出ないのかなぁ・・ 随分、時間掛かっているなぁ・・)」

 

なーんて思っていないだろうなぁ・・と考えると、益々出なくなってしまう。(滝汗) しかし、万が一背後霊であったとしても、私のために守っている「良い背後霊」(=守護霊)だと思うようにして、力を入れて、やっと出た!  

 

こうして無事に帰路に付く事が出来た。

 

リハビリ512―スクワット!?!

続いて10月第3週のリハビリになった。 先ずは、週の前半である。 担当は、I士だ。 彼とは、二度目である。 今日は、その中で、印象に残った事を挙げて見よう。

 

施術の途中、彼は私に台から降り、靴を履く様指示した。 私がその通りにすると、彼は私に、脚を開く様に言った。 私が両足を肩幅位に開くと、彼は、

 

   「もっと、開いてぇ・・ そう、もっと、もっとぉ・・」

 

と言いながら、自らの足を開いた。 そして、私が肩幅の2倍(80cm)程、開くとOKとなった。 すると今度は、彼は腰を落として、私に真似よ・・と言う。私も腰を落とすと、彼がこう言った。

 

   「もっと、お尻を突き出してぇ・・」

 

と。 私は、それを聞いて、

 

   「(そ、それって・・ も、もしかして、スクワット!?!)」

 

と思えたので、スクワット風にやってみた。 例えば、

 

  • ・ 膝をつま先より前に出さない。
  • ・ 太腿が水平位に、までなる様に、腰を落とす。
  • ・ 背を伸ばす、と言うより、反らし気味にする。
  • ・ 顔を上げ、前方を見る。

 

そして、その運動がスクワットであるために一番重要な事、

 

  • ・ 鼠径部で上半身と下半身を折る様に曲げる。

 

をやったら、自然にお尻が出た。 その様子を見たI士は、

 

   「オッ、イイですねぇ・・」

 

と言ったっきり、このポーズでの練習を止(や)めてしまった。 それ程、私のポーズの完成度が高かったのだろうか? まさかねぇ・・ (汗)

 

いずれにしても、彼の口から、「スクワット」と言う言葉を、聞きたかった。

 

週の後半の、K士によるリハビリも無事に終わった。

 

 

 

リハビリ511―「リハビリ助手」

10月第2週になった。 いつもの様にFさんの運転で、駅前のロータリーに着くと、車椅子が待っている。 では、車椅子を押してくれる人は? 殆どの場合、「リハビリ助手」と言う職種の人達だ。 彼女/彼らの役割は、患者が機械によるリハビリを受ける際の患者の順番の調整・患者の誘導・スリップの回収・機械のセットアップとスタート・患者の様子の確認・終了時の機械の停止・患者の誘導や次に受ける機械の順番調整、そして診察や施術との調整などである。

 

では、構成は? 女性スタッフ4名と男性1名である。 つまり、緑1点である。 女性は常勤とパートに分かれる。 2名が正社員で、2名がパートらしい。 というのは、常勤の2名は患者情報に接する仕事をしているからである。 パート(?)の女性の内、1名は「研修中」の名札も着けている。 男性が常勤かパートかは不明である。

 

女性社員の内、1名がボス的存在(=ベテラン)で、30代後半と思われる。 小柄でスレンダーな女性でSさんと言い、他部門からの信頼も厚い。 もう一人の女性社員は、H嬢であり、20代の肉感的な女性である。 パート(?)の女性は、何れも40代と思われる。 男性はKクンと言い、20代で、見るからにスレンダーで格好イイ!

 

なぜ「リハビリ助手」と分かるかと言うと、名札の上、1/4位に「リハビリ助手」という刻印があるからだ。

 

では、具体的な仕事を見て行こう。 先ず、新患が来ると、

 

   「今日は、○○さんは、××と△△ね! 今、××が空いているから、先に××をやりましょう?」

 

と言ったり、一杯の場合は、

 

   「今、全部、塞がっているみたいだから、チョッと待っててね?」

 

と言ったりして、待ち用の椅子に案内する。 そして、××が空くと、○○さんのスリップの番号を見て、

 

   「NN番より前で××をお待ちの方、いらっしゃいますか?」

 

と一応聞いてから、××に患者を案内する。 そして、スリップを回収し、機械をセットする。 まぁどの機械も、セット項目としては、①場所(位置)、②強さ、③時間の3項目の設定が必要になる。 そして、スタートしたら、

   

「何か、(不都合な事が)あったら、言って下さいねぇ・・」

 

と言って、その場を離れる。 

 

   ―――――――――――――

 

さて、一定時間経つと、機械が終わり、機械固有のメロディーが鳴ったり、ビープ音がしたりする。 その音を聞いて、機械から患者を離して、一連の「機械」が終わる事となる。

 

その後の案内は、いろいろである。 例えば、

 

  • ・ 「じゃあ、この後は、先生の診察ね。 椅子に座って待ってて?」
  • ・ 「この後、お注射ね! 処置室に行ってね?」
  • ・ 「丁度、先生(理学療法士)が空いたみたいだから、次はそっち(=施術)をやりましょ?」
  • ・ 「次は、△△ね?」

 

等である。

 

患者が多い日は、リハビリ助手は、めちゃ忙しい。 リハビリ6室内を走りまわり、機械の終了音がしても、

 

   「はぁい、いま行きます」

 

と言って、患者に待ってもらわなければならない。 まぁ、患者が少ない時は、立って、室内を見渡しているだけだが・・

 

その後の、週の後半の」K士によリハビリも、無事終了した。

 

 

健康診査の結果は?(2)

 

ほ完璧な結果に、N医師ツッコミ所を失った様だ。 え? 尿蛋白が(±)じゃあないか! ・・ですって!?! まぁ、それは、こんな理由だ。

 

当日、朝一で排尿してしまった。 しかし、迎えの車が時間で来る。 仕方なく、尿を搾り出した。(笑) そのため、尿道壁の 細胞(の蛋白)が混入してしまった・・のだろうと。 尚、決して「白く濁ったオシッコ」が混入した訳ではない。

 

と言うのは、血液検査の腎臓に関する項目は、全てクリアーしている。 それが分かっているから、N医師もその点をツッコマないのだろう。

 

そのためか、N話題は話題を、私の進行性核上性麻痺に切り替えた。

 

   「どうですか、ちゃんと運動をやってますか?」

 

と医師が訊くと、妻が否定した。 それを聞いたN医師は、「我が意を得たり」とばかりに、私の方に椅子を回転させて私の方を向き、私の膝を叩き、嬉しそうにこう言った。

 

 「ほらぁ。 チャンとやらなきゃ、ダメじゃない」

 

と。