パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

グルタチオン点滴療法―12~14

 

さて、グルタチオン点滴は、4月後半は3回のみだった。 理由はGWである。 そのため、点滴の間隔が、最長7日間となった。 従来は自覚的な充実感は3~4日間しか続かなかったので、週2回の点滴が必要だったが、その継続期間を調べる機会である。

 

結論から言うと5~6日間、持ったのである。 ではその「充実感」と言うのは、どの様なものか? その対極にある「虚脱感」を考えると、分かり易い。 

 

例えば高熱で2日間寝込んでいたといよう。 何とか熱の引いた3日目の朝、トイレに起きた時の感覚が、それである。 足が地に着いている様な、いない様な・・ グッと手を握っても力が入る様な、入らない様な・・ 立ち上がろうとしてもフラフラする、立ち上がってもフラフラする。 

 

ま、以上が「虚脱感」の説明であるが、お分かり頂けただろうか? で、その対極にあるのが、「充実感」である。

 

   ―――――――――――――――

 

では、充実感かがどの様なものかお分かり頂けた・・として、その充実した時間が終わるとどうなるのか? それは、急な歩行障害である。 (決して「虚脱感」ではない。)

 

例えば、数分前まで、障害があるなりに歩けていたのが、杖に頼ってもヨレヨレになり、ADLが急激に低下するのだ。 

 

   「(こんなにヨレヨレでは、明日、O医院に行けるのだろうか?)」

 

と、読者のみならず、かく言う本人も不安になるが、一晩寝ると、何となく・・ある程度まで持ち直すのである。 勿論、「持ち直す」と言っても、元の「充実感」のレベルには届かない。 つまり、急にADLが低下してからの数時間を、どうやってやり過ごすかが問題となる。

 

え? その低下が、就寝直前ならベストだろう・・ですって??? 実は、これが大変なのである。 それは夜中に尿意を催した時、いつの間にか家の構造が変わり、トイレまでの距離が延びているからである。(汗) これが夢なら、早く覚めて欲しい・・(笑)

 

と言う事は実際には無く、数時間寝れば、ある程度は回復する。 即ち、就寝直前のトイレの時さえ気を付ければ、十分なのである。

 

ショッピングモールにて

4月末からGWが始まる。 では、今年のGWの特徴は? 4月末の3日間(28、29、30日)の前半と5月3~6日の4日間の後半に分かれた事だろうか。 その前半に義妹からお誘いを受けた。 勿論、妻が・・である。 で、折角なので、私も誘われた訳である。 向こうも長女(私から見ると、姪)を連れて来る・・と言う。

 

待ち合わせの場所は、我が家から車で25分位のショッピングモール、時刻は11時半と決まった。 と言うのは、午後1時から三浦祐太朗山口百恵の長男)のライブ・ステージと握手会があるからである。 つまり、早昼を済ませて.良い場所を確保しよう・・と言うのだ。

 

   ――――――――――――――

 

いよいよ、当日となった。 午前11時には出発しなければならない。 慌ただしかったが、何とか出発した。 所が到着5分位前になると、義妹からどの辺を走っているのか照会メールが入った。 妻は運転中なので、私が代理メールをしたが、土地勘が無いので、場所が分からない・・ 交差点には「〇〇市△△」とあるが、揺れる車内でそれを入力している間に、次の交差点に入ってしまうので、「今、(ショッピングモールの)駐車場に入りました」と入力して、モールが見えてきたタイミングで送信した。

 

しかし、大変だったのは、ここからである・・ 駐車場が満杯で、駐車スペースが無いのである。 勿論、建物に近い「身障者用駐車場」も満杯である。 結局、妻は私を建物近くに降ろして、どこか遠くに車を停めてから戻って来た。 妻の奮迅は、これだけでは終わらない。 それは、私のための車椅子の借用である。 実は、車椅子の借用・・と言っても、病院やスーパー、ホームセンター等の様に入り口に来客用の物が並んでいる訳ではなく、何処かに行って借りてこなければならない。

 

こんな事をやっていると、既に約束の11時半は過ぎていた。 モール内の地理に不案内な妻は、自分のいる場所を携帯電話で義妹に伝え、漸く会えた。

 

予定では、モール内のレストラン街の店舗でランチをする積もりであったが、どこも店外まで行列である。 GWの真っただ中に、(近所の)ショッピングモールに来て、並んで混雑する店舗でランチを摂る様では、「負け組」である。 他人の事は、言えないが・・

 

午後1じからのライブに良い場所を確保するためにも、我々には行列に並んでレストランで食事をしている時間も無い。 そこで、我々はスーパー内のイートイン・コーナーで、スーパーの商品(サンドイッチや稲荷寿司と牛乳)を購入して済ませた。

 

しかし、それでもライブ会場周辺は物凄い混雑であった。 ましてや、車椅子・・である。 仕方が無いので、私と姪は、一段下がって聴いていた。 彼は何曲か歌ったが、私が知っているのは母(=山口百恵)の「佳い日、旅立ち」位だった。

 

その後、CDを購入して「握手券」をゲットした義妹の握手を待って、現地解散とした。 彼女は感激して

 

   「もう、手は洗わない!」

 

と言っていた。

 

 

リハビリ420―I士、最後のリハビリ施術

 

さて4月下旬の今日は、3年半の長きに亘り私のリハビリを担当してくれたI理学療法士による最後の予約日だ。 そこで、いつもの様に妻の運転で総合病院に行き、いつもの様にM医師の予診を受け、リハビリの開始を待った。

 

予定時刻から程なくして、I士が現れ、

 

   「〇〇さーん?」

 

と呼んだ。 こうして、最後のリハビリが始まったが、彼は特別何も言う訳でもなく、いつものルーチンを淡々とこなして行った。 そのため私からも、何も言わなかった。 

 

   ―――――――――――――――

 

こうして時は静かに流れ、残り15分位になった時、彼は私に靴を履く様、指示した。 私は、

 

   「(きっと最終回だから、私の歩行障害に対する『総まとめ』でもやるのかな?)」

 

と思ったが、事実は違った。 彼は、靴を履き終えた私に、こう言った。

 

   「それでは、壁の方を向いて、両手を壁に着いてください」

 

と。 私は、

 

   「(ははーん、前回の『オ〇マ掘り』の続きだなぁ・・)」

 

と思い、両足を肩幅より広く取り、壁から離れて位置した。 そうして、両腕を水平に伸ばして両手で壁に着き、「受け入れ体勢」(笑)は整った。 すると、彼は、

 

   「もっと壁に近付いてぇ・・ 両手をもっと高く上げて下さい」

 

と言った。 つまり、新技だったのだ!?!

 

   ―――――――――――――――

 

では改めて、今日の新技を見て行こう。

 

先ず、壁に向かって両足を肩幅に広げて立つ。 壁からの距離も肩幅位か、それより多少狭目でも良い。 両手は「バンザイ」をして、なるべく高い位置に置く。 その状態で、

 

   「おヘソを壁に近ちかづけてぇ・・」

 

と言う事らしい。 確かにこれにより、腰・背筋・肩が伸びる。 屈み仕事を続けて、腰が曲がった時にやると、イタ気持ちイイ~!!! ・・となる。

 

診察201804―2

続いて、本日のハイライトに移った。

 

(4) 診療上の希望とお願いについて  

 

  •  ➃ 処方については、現在のままでお願い申し上げます。
  •  ⑤ 就労について

(ア) 体調も回復傾向にあり、就労意欲も高まって来た。

(イ) 受給期間延長期間が5月31日に迫って来た。

(ウ) 過去、「働けない」旨の診断書を書いて戴きました。 昨年、それを持ってハローワークに行ったら、ハローワークの職員から「『働ける』と言う診断書じゃなきゃ、ダメだ」と言われた。

つきましては、「限定的な労働条件なら可能」と言う旨の診断書は、頂戴できますでしょうか?(下記に案)

(2) ウ

(3) 〇 立位作業・高所作業は困難、座位作業(軽作業やデスクワーク)は可。 就労は、1日4~5時間・週4日程を限度とする。

通院日数:1ヶ月あたり 4 回程度。

  〇 移動に杖を使用できる事、及び車通勤を希望。

(4) イ

(5) ア

(6) 1.

  •  ⑥ 現在のリハビリテーションについては、前回、1年間のオーダー票を頂戴しました。 その期限が4月30日となっています。 つきましては、更に1年間の延長をお願い申し上げます。

                           以上 

 

この内、⑤が問題である。 F医師は一度「就労不可」の診断書を書いているので、それと矛盾する「就労可能」の診断書を書いてくれるのだろうか? まぁ、就労不可の条件は残して、可能な就労内容に条件を付ければ、矛盾はしない・・ ま、当方としては、唯々、お願いするしかない。

 

すると、F医師は別に否定もせず、メモの余白に、同じく赤ペンで「軽作業」と書き、妻がカバンから出した用紙を受け取った。 ・・と言う事は、書いてくれそうだ!

 

 

以上で4月の診察を終え、次回の予約を5週間後とし、妻と私はF医師に礼を述べて、退室した。

 

   ――――――――――――

 

その後、各科受付で会計書類が出来るのを待って、その書類を総合受付の隣の会計窓口に持参して支払うのであるが、その会計書類が出来ないのである・・ 

 

暫くして呼ばれたので、

 

   「(漸く、出来たか!)」

 

と思って呼んだ受付嬢の所に行くと、彼女は先程妻がF医師に渡した「就労可否証明書」を見せ、

 

   「この(2)と(4)と(の内容)が、矛盾するんですけど?」

 

と、私(達)に訊いて来た。 私は、本日F医師に渡したメモのコピーを受付嬢に示し、

 

   「だからこそ、この(3)で条件を付けて限定して行くんです」

 

と説明した。 ほぼ1時間、漸く会計書類が出来た。 時間が掛かったのは、F医師が非常勤であるため、本日の課題は本日中に解決したかったため・・と推定出来た。

 

では、当日、診断書を頂戴出来たのか? 否、である。 と言うのは、病院内部でその内容を検討する時間が必要らしい。 まぁ、病院としては、たとえ非常勤医師でもその病院の名で書く以上、チェックは当然であろう。 しかし、「傷病などの経過」項目の日付から補償対象日が始まるので、早く申告したいのであるが、如何ともし難い。 そこで、次のリハビリ時に受け取りに来る旨を伝えて、会計書類を受け取った。 本当に、長い時間が掛かってしまったが、今日は今から薬局で処方を受けなければならない。

 

診察201804―1

途中、露地イチゴの話題が割り込んだが、今日は、6週間ぶりの診察日だ。 そこで、私は車椅子に乗り、妻の介助により脳神経内科に急いだ。 と言うのも、既に予約時刻になっているからだ。 事実、診察中の患者が終わると、次に呼ばれた。

 

私は車椅子を降り、妻のノックを待って、杖で診察室に入った。 F医師と我々は軽く挨拶を交わし、私はいつものメモを渡した。 そして、そこには以下の通り書いておいた。

 

(1) 前回受診(2018年3月〇日)以降の主なイベントについて 

 

  • 3月○○日、妻と親戚・計7名で、○○へ、夜桜見物に出掛けた。 身障者用駐車場に車を停め、(杖を使い)歩いて観賞した。 その後、全員で近くの居酒屋にて夕食を摂った。

 

 (2) 前回受診(2018年3月〇日)以降の体調の変化について 

 

  • 前回、ご評価を伺いました「グルタチオン点滴療法」を試し、継続中。 (〇〇市内のO整形外科にて、現在「グルタチオン4,000mg+メチコバール」を2回/週点滴) 点滴直後から、歩容や歩行能力が 著明に改善した。 また充実感は3~4日、継続する。

 

 (3) 血圧の測定結果について  

 

  • 3月〇日(前回受診日)~4月〇〇日(昨日)の起床時及び就寝時の血圧は、次表の通りであった。

 

    

測定時期

起 床 時

 就 寝 時

項目

最高血圧

最低血圧

脈拍数

最高血圧

最低血圧

脈拍数

単位

mmHg

mmHg

 pulse/min

mmHg

mmHg

pulse/min

有効件数

41

41

41

42

42

42

平均値

134

84

67

122

77

68

標準偏差

7.3

5.8

4.7

7.4

6.4

6.1

最高値

154

96

78

137

91

85

最低値

109

65

56

108

62

56

 

この中で、F医師にとって気になるのは、勿論、②のグルタチオン点滴療法であろう。 事実。F医師は、その文章中、「著明に」の所と「充実感」の所の2ヶ所に赤ペンで下線を何本も引いた。

 

しかし、特にコメントは無かった。 そのため、F医師がグルタチオン点滴療に対して、どう思っているかは不明である。 しかし、O医師自身は、何か対抗心の様なものを持っている様だ。 それは、次の発言から伺える。

 

   「そうだ、次の診察の時に、(私が点滴後に)歩く所を(動画で)見せてやったらイイよ!」

 

そして、続いて、本日のハイライトに移った。

 

露地イチゴ

病気の話題は4月中旬であるが、ほぼ1ヶ月遅れなので、現実には、5月中旬である。 そこで本来は「診察201804」であるが、旬の話題をお届けしよう。 それが、掲題である。

 

今年は植物にとって季節の巡りが1週間から10日早く、露地イチゴの開花も例外ではなく、5月中旬に「摘み取りイチゴ」の最盛期を迎えた。

 

畑に行くと、緑の濃い丸い葉の間から、深紅の宝石の様な実が顔を覗かせている。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20180513/20180513145303.jpg

 

これを集めるのであるが、天気の良い日の夕方には、ボウルに3~4杯は採れる。 そこ大き目で欲熟しているものを集め、水で洗う。 もう、First Biteが待ちきれない・・

 

テーブルに置いて、その前にチャンと座り、1つを摘まみ口に運ぶ。 すると甘い香りが周囲を包み、口を閉じると甘酸っぱい果汁が口中に広がった。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20180513/20180513145300.jpg

 

   「う~ん・・美味い!!!」

 

と声が出てしまう・・ スーパーで売っているイチゴもどきとは、全くの別物である。 

例えば、色。 スーパーのイチゴのヘタは鮮やかな緑だが、露地のはヘタの先まで赤い!

続いて、香り。 スーパーのは殆んど香らないが、露地のは部屋中甘い香りが・・

更には、食感。 スーパーのはゴリゴリ・サクサク。 露地のはプチッ・ジュワーッ!

極め付けは、味。 スーパーのは殆んど無味だが、露地のは甘酸っぱい果汁が・・

最後に、満足感。 スーパーのは何を食べたか分からないが、露地のは「食った、食った」と言う満足感が得られる。 これは、糖度の差による。

 

   ―――――――――――――

 

しかし、1日4~5杯も食べていると、3っ日目辺りから飽きて来る。 それでもイチゴは、どんどん採れる。 そこで、プレザーブ・スタイルのジャムを作る事とした。 我が家で一番大きい鍋に、3kg入れるとてんこ盛りである。 これでは加熱出来ないので、手で潰して液を出す。 これに900gの砂糖を加え、レモン1個を絞り込み、レモンの白いワタ(ペクチンが多い)をスプーンで取って入れる。

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20180513/20180513145257.jpg

 

もうこの頃には、家中がイチゴの甘い香りで満たされる。 ここで、加熱を続けて濃縮するのであるが、量が多いので諦めた。 そのため、少しシャブシャブしているが、実用上は何の問題も無い。 

 

   https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20180513/20180513145252.jpg

 

ヨーグルトやトーストに添えると、もう「大ご馳走」である。

 

リハビリ419―初めてのS士と

 

4月中旬、今日はO医院でのグルタチオンの点滴と総合病院でのリハビリと診察のある日だ。

 

グルタチオンの点滴の事は、後で纏めて書くので、先ずは、リハビリの事を書こう。 と言うのは、診察のある曜日はI士が休みの事が多いので、今回も新しい人だったからである。 その人の名はSと言うので、妻も私も

 

   「(もしかしたら、5月からの新担当のSさん?)」

 

とは思ったが、リハビリ開始前にはわさわさしていて、訊くチャンスが無かった。 リハビリ開始時刻になると、

 

   「〇〇さーん?」

 

と呼ぶ声がしたので、声のする方をみると、I士と同じ様な体格の男性がこちらの方を見た。 そう、S士である。 うん、中々のイケメンである。 理学療法士でなかったら、きっとどこかのアイドルグループに属していたかも知れない‥と言う程である。 オマケにI士に似て長身で、細身。 しかも、I士より何歳か若そう・・

 

では、手技は? ま、人が違えば、細かい点は異なるが、目標とするところは一緒である。 唯、初めてなので、施術中、

 

   「痛くないですか?」

 

と訊いてくれた。 勿論、返事は全て

 

   「大丈夫です」

 

である。 後、施術中にこんな質問もあった。

 

   「今日は、ご家族とご一緒でしょうか?」

 

   「えぇ、連れと・・」

 

   「えっ?」

 

   「連れ・・と、です」

 

その「連れ」と言う言葉に馴染みが無かったのか、彼は聞き返した。 では一般論として、男性は自分の配偶者を、どう呼んだら良いのだろう? 「妻?、女房?、連れ?、嫁(嫁さん)?、奥さん(奥様)?、ワイフ?・・」 まぁ、奥さん以降は、普通はナイだろう。 一方、女性は自分の配偶者を「(ウチの)主人、亭主、旦那」と呼ぶのが普通だろう。 

 

ではなぜ、男性からの呼び方は、色々あるのだろうか? きっと、TPOにより使い分けるためだろうか? であれば、私の「連れ」と言う使い方は正しかったのだろうか???

 

尚、S士は。私の妻の事を、「奥さん」と呼んでいた。