パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

公園にてランチ―4

 

烏賊博士は

 

   「藤棚なんだーー!」

 

と独り言を言い、豆莢(藤の種子)を探し始めた。 しかし、立派な樹の割には。一つも無かった様である。

 

勿論、種子が出来るには、花が咲かなければならない。 しかし、開花の痕跡すら、無い。 つまり、(前年の夏に)花芽が形成されなかったのだ。 その理由は、剪定不足である。 どう言う事かと言うと、剪定不足により夏の間形成された花芽を持つ枝が徒長してしまうからである。 

 

つまりその藤棚の藤は、手入れがされていないので、蔓同士が絡み合い、厚い緑の層を形成している。 これでは、花(芽)を期待する方が無理だ・・

 

   ――――――――――――――――――

 

藤棚の下で、彼の作ったピタ・サンドイッチで昼食を取った。 ピタの袋の中に、チキン・チェダーチーズ・レタスが盛ってあり、噛み付くとレタスがシャキシャキとして美味しい。 飲み物は、彼が学内で買って来てくれた微糖コーヒーだ。

 

食事をしながら、更に食後に、彼とは色んな話しをした。 その一つが本の「裁断機」を拾った事である。 私は「拾った」と言う意味が、「超安価で入手出来た」と言う事かと思っていたら、本当に「拾った」らしい。 

 

ある時、彼が某大学の粗大ごみ置き場を見ると・・ 何と、裁断機の箱が捨ててあるではないか! それを見て、彼は

 

   「箱ごと・・と言う事は、中がマトモな事が多い」

 

と直感した・・らしい。 なぜ、これがラッキーなのか・・と言うと、「自炊」(スキャナーを用いて自分でコピーする事)後、自分で裁断・製本出来るからである。

 

   「お金がある所には、あるんだなぁ・・」

 

と言う感想である。

 

   ――――――――――――――――――

 

私が彼の家庭教師アルバイトの相手(国立H大医学部)とSkypeを通じてPrivate Lessonをやっているのか? ・・と前回のランチの時、彼から聞いたアルバイトの様子を訊こうと思ったら、

 

   「あぁ、彼ね! 彼は生理学より解剖学の方が緊急だ・・と言う事で無くなった」

 

と言う事らしい。 では、プータローかと言うと、女子大生を教えているらしい。 彼女は「御三家」(TK大・医、St.M医大、N大・医)の一つの学生らしい。 殆んど勉強をしないらしく、当然、留年の危機。 そこで彼が家庭教師をして、何とか持ち上げた。

 

すると彼女は自分の不勉強による至らなさを反省し以降は・・所か、「イザとなれば、アイツ(烏賊博士)に頼めば何とかなる」と味をしめ、益々勉強をしなくなった・・とか!?!

 

   ―――――――――――――――――

 

そんな話しをしながら、トイレに行き、池を背景に写真を撮り、帰路に就いた。

すると眼前に踏み切りがあり、その左に小さな駐車場と警備員が見えた。 しかも

その入り口には、3台分の身障者用駐車場が空いているのだった。

 

つまり、最初の交差点で警備員が案内してくれたのは、ここだったのだ!

 

公園にてランチ―3

 

さて、2017年5月中旬の今日も、烏賊博士こと私の友人と「○○公園に行こう」と約束した日である。 と言うのも先週行って、この緑豊かで静寂な公園が気に入ったからである。 

 

私が学園に到着して彼にメールしたら返信は無かったが、ほぼ約束の時刻に建物から出て来た。 ナビは今回は公園内の動物園にセットした。 と言うのも、前回は私の苦手な長い「ダラダラ坂」を通らないと緑のエリアに着かないからだ。

 

そしてナビ通りに進むと・・ 何と、前回と同じ駐車場に案内されそうになった。 と言うのも、その駐車場が最大の、そしてほぼ唯一の、公園名を冠した駐車場だかららしい。

 

後は公園の周囲に小さな駐車場が僅かにあるのみだ。 そこで、園の周囲を車で進むと、交差点に警備員がいた。 動物園に行きたい旨を伝えると、

 

   「ここ(=交差点を左に進む道)をずーーっと進むと、踏切の手前の左側に40台位の(収容数の)小さな駐車場があります」

 

と教えてくれた。 で、駐車場を見つけると、空いている場所に車を停め、オマジナイ

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20170116/20170116153134.jpg

 

をダッシュボードに置いた。 そして公園に入ると、「獣道(けものみち)」みたいな所を進んだ。 日の当たる周囲はオオバコが蔓延っていたが、烏賊博士はそれを見て、

 

   「これって、(ウチの)ウサギの大好物なんだよなー・・」

 

と言った。 そう、子育てが終わった烏賊博士夫婦は、ウサギを飼っているのだ。 しかも、珍しい品種らしく、時々、品評会にも出しているらしい。

 

   ――――――――――――――――――

 

さて、獣道を抜けると、森に入った。 大人でも一人では抱えきれない程の、立派な樹木ばかりだ。 獣道の様な狭くて足場が悪い所を歩いたので、結構疲れて来た。 私の歩容の悪化を見た彼が、

 

「あそこに、座ろう」

 

と、ベンチの高さの石を指した。 丁度、3人掛け程の石が、対になって4組程ある。 上を見ると、つる性の植物の葉が覆い茂っていた。 烏賊博士は

 

   「藤棚なんだーー!」

 

と独り言を言い、豆莢(藤の種子)を探し始めた。

 

公園にてランチ―2 (随意運動と不随意運動)  

 

烏賊博士は、各種学校である〇〇学園で教鞭を執っている。 科目は「運動生理学」だと言う。 そこで彼は、教科書を執筆中である。 と言うのも、1学年の人数分売れれば、年間に著作料として印税が〇〇円入るハズである・・と言う皮算用らしい。

 

で、彼は今、途中まで書き、掲題の問題に当たったらしい。 例えば従来の教科書では、膝蓋腱反射は不随意運動とされている。 しかし、「(動かさないゾー)」と思っていると反射は弱くなる。 また立位では、そんな風に思わなくても、反射は起こらない。

 

「この現象を、どう考えたら良いのだろう?」

 

と言うのが、彼の疑問である。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/05/20/093851

 

   ――――――――――――――――――

 

後は、レム睡眠の問題である。 レム睡眠とは、体が寝ているが頭は醒めている状態の事で、高速眼球運動が観察される。 この時、夢を見ている事があり、その夢が怖いものだったりすると「金縛り」となる。

 

   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%9D%A1%E7%9C%A0

 

ではこの時、不随意運動や反射はどうなっているのだろう・・と、彼は思っている。

 

では、パーキンソン病(PD)患者の睡眠や、その間の反射はどうなっているのか? ・・と訊かれたので、私は

 

   「PD患者は、寝返り回数が減り、寝返りも難しいらしい」

 

と紹介すると、彼は悩んでしまった。 ・・と言うのも、寝返りが「随意運動」か「不随意運動」か、またしても割り切れないからである。 

 

   ――――――――――――――――――

 

さてその後、脳波解析の話題となった。 例のRaspberry Pi関連プロジェクトの事である。 彼は私に訊いた。

 

   「Raspberry Piの方は、何処まで行った?」

 

私が、

 

   「今、Bluetoothに取り掛かっている・・」

 

と言ったら、彼が急に身を乗り出して来た。 と言うのも、彼が今、一番悩んでいる所だからだ。 具体的には、

 

Bluetoothには規格が2種類存在し、コンピュータとの相性がある」

 

と言っている。 恐らく、Bluetooth のバージョンにより上位互換になっていない・・と言う現象なのかも? いや、確かにVer. 1.0から1.1へは互換性が無かったが、それ以降は最新の4.2まで、上位互換は確保されているハズである。

 

可能性があるとしたら、マシン側の方がデバイス側のバージョンより低いのだろうか?

 

公園にてランチ―1

さて、2017年5月上旬の今日は、烏賊博士こと、私の友人と「○○公園に行こう」と約束した日である。 と言うのも、彼の勤務する○○学園では避難訓練があるので、使えないかららしい。

 

そこで、彼は同じ市内にある「○○公園」を提案して来た。 と言うのも、結構有名な公園であるのに、彼はまだ行った事が無いらしく、興味を持っている様だったからだ。

 

私は学園に到着して彼にメールしたら、

 

   「着替えたら、直ぐ降りる」

 

との返信を貰った。 事実、5分程して建物から出て来た。

 

   ――――――――――――――――――

 

ナビをセットすると、11km・8分と表示された。 そこで、多少遠回りでもナビ通りに行く事とした。 公園はJRを跨いで行くので、ルートが限られてしまうからだ。 やがて「○○公園入口」の信号を左折すると、警備員が駐車場に導いてくれた。 すると、途中で警備員が園の入り口から離れる方向に導こうとしていた。 私は、急いで車のダッシュボードから「身障者手帳」を出して、警備員に提示すると、

 

   「今、コーンをどけますので(そこに駐車して下さい)・・」

 

と言い、園の入り口に近い「身障者用駐車場」のコーンを動かしたので、そこに駐車した。 

 

どうやら公園に行くには、2つの建物(スタジアムと競輪場?)の間のダラダラ坂を登らなければならない様だ・・ 私の最も苦手な行程の一つである。 事実、私は転倒しそうになり、烏賊博士と見知らぬおばさんに支えて貰った。

 

少し休んで、再び歩き出したが、烏賊博士の背中のリュックに掴まり。彼のユックリしたペースに合わせると上手く進めた。 

 

ダラダラ坂を登り切ると、急に視界が開けて巨木の林立が見えた。 その内の一本の周囲のコンクリが丁度ベンチの高さなので、そこに腰掛けてランチとした。 メニューは彼の手作りのピタ・サンドイッチである。 飲み物は、彼が予め学内の自販機で買っておいてくれた、再キャップのできる微糖コーヒーだ。 (学内の自販機の方が、安い。)

 

   ――――――――――――――――――

 

では、今日のサンドイッチの具は? 魚肉ソーセージである。 魚肉ソーセージ・・何と懐かしい響きだろうか? 私が子供の頃には、大ご馳走だった。 彼は

 

   「ピタと魚肉ソーセージが、良く合うんだ!」

 

と言ったが、本当にその通りだった。 ルッコラの間から顔を出したピンク色のソーセージに噛み付くと、先ずはケチャップの酸味と続いてマスタードの香りがしてから、弾力ある肉片に辿り着く。 すると、味・香り・歯応えが口中でハーモニーを醸し出す。

 

途中、彼の奥さん(関西出身)が、自分が食べて来たソーセージと味が違う・・と言っていた事を紹介してくれた。 彼の解説では、メーカーによる差(ニチロニッスイ)だろう・・と言う事である。 それにしても、子供の頃の(味覚)体験がこうも明瞭に残っているとは!?!

 

   ――――――――――――――――――

 

こうして、楽しいランチを終えて、本題に入った。 先ずは、彼の本業である「運動生理学」の話題だ。

 

リハビリ373―やっぱり・・

 

今日は5月上旬、GWも終って、世の中が動き出した感がある。 そんな日は、いつもリハビリに通っている総合病院(の一般外来)も混んでいる。 私は総合病院の正面玄関で車から降ろして貰い、前回の教訓もあったので最寄りの椅子で妻を待った。

 

やがて、車を駐車場に置いて再来機で受付を済ませた妻と合流した。 そして妻のサポートを得て、手摺りに掴まりながら廊下を進んだ。 しかし扉の所には手摺りが無く、足がすくんでしまった。 その様子を見た妻は、

 

   「車椅子を持ってくるね・・」

 

と言い残して消えた。 暫くして「外来用車椅子」を持って来た妻は、それを器用に廻し、私の後ろ側に付けた。

 

勿論、車椅子はスイスイと進んだ。 やっぱり、自力歩行は難しくなって来ているのだろうか・・

 

   ――――――――――――――――――

 

エレベータを降りた所で、私も車椅子を降り、リハビリ室の待合椅子に座った。 私が落ち着いた頃を見計らって、妻が予診を勧めた。 いつものM医師の予診を受け、再び待合椅子に座っていると、担当のI士が声を掛けて来て、本日のリハビリが始まった。

 

I士は空いている台を探して、私に腰掛ける様、指示した。 ここまでの歩容を観て、嘗ての歩容の良かった頃と比較していたのだろう、彼は先ず、片足立ちを試させた。 その結果を、

 

   「イイですねぇ・・」

 

と評価してくれた。 途中の歩容が悪かった事には、言及しないのである。 まぁ、困っているのは本人なので、言われなくても分かっているし、(一般論として、どこかが)悪いからこそ施術を受けに来ているのである。 まぁ、そんな患者心理を慮(おもんばか)っているのかも知れない。

 

   ――――――――――――――――――

 

しかし、自分に責任が無い所は、指摘があった。 例えば、足の浮腫みの指摘があった。 そのため、また振動板(PowerPlate)を用いたトレーニングを行った。 

 

そして次回の予約を、5月中旬のDATスキャンと同じ日の、検査直前に取っている事を確認した。

 

診察201705―3

 

で、DATスキャン検査の日程と次回診察日が決まり、後は会計と処方薬を受けるのみとなった・・と思われた。 しかし、現実には色々あった。

 

先ず、検査日の予定である。 当日は検査直後にリハビリの予定が入っている。 その事を知った看護師が、

 

   「検査後、直ぐにリハビリをやっても大丈夫か先生に訊いて来たら、大丈夫ですって」

 

と教えてくれた。 色々な事象への懸念や対応を考えているものだ・・と感心した。

 

続いて、看護師が持参した書類によると、放射性医薬品を静注3時間後に測定するが、測定に30分くらい掛かる・・と言う。 すると、リハビリの時間と重なってしまう・・ これは妻がリハビリを検査前に実施する様予約を取り直し、解決した。

 

   ――――――――――――――――――

 

もう一つの問題は、次回診察の予約日だ。 と言うのは、折角F医師が

 

   「次(の診察日)は、5~6週間後にしましょう」

 

と言ってくれたのに、当方の都合(後述)で今まで通り7週間後になってしまった。 すると、妻が看護師に、5週間後の5月末に変更出来ないか、看護師に訊いていた。 すると、看護師はF医師に訊いてくれて

 

   「同じ時間に(予約が)取れたわよ!」

 

と、新しい予約のスリップを渡してくれた。 またこれにより、5月の2回目の診察・処方が無料となる効果も生じる。 と言うのは、「指定難病医療費受給者証」を持っているので、月額医療費の上限が設定されているからである。

 

   ――――――――――――――――――

 

さて本日最後のドタバタは、薬局で起こった。 いつも通り妻が薬局に処方箋を出して処方薬を待っていると、薬剤師が、センノサイド

 

   「(もし飲み残しが余っているなら)処方の必要がないのでは?」

 

と訊いて来たらしい。 勿論、メモの「 3 処方について   」にて、「センノサイドは余っているので不要です」と記し、処方の希望欄には「0 錠」と書いて置いた。 それなのに、なぜ?

 

その事を妻に言うと、

 

   「書いただけじゃあ、ダメなのよ! チャンと口で言わなきゃ!!!」

 

と言う事であった。

 

では、実際の処方は? 恐らく薬剤師がF医師に電話で確認したのだろう、センノサイドは処方されていなかった。 その事実を知って、妻が

 

   「(F)先生、きっと『またアイツらか・・』と思っているよ!」

 

と自虐的にニヤッとした。

 

 

診察201705―2

さて、残る課題は、リハビリの事である。 と言うのも、前回の3月中旬の診察時に延長をお願いしてあったからである。

 

(4) リハビリテーションについて 

 

  • 4月1日~9月30日のリハビリテーション(以下、「リハビリ」)期間を指示するオーダー票を有難うございます。 引き続き毎週1回、貴院リハビリテーション科にて理学療法士による施術を受けています。
  • 今後は、どの様にしたら宜しいでしょうか。
  •  (イ) 現在の健康保険でのリハビリを継続可。
  •  (ロ) 例えば「脳血管障害による健康保険でのリハビリは、最長180日間」の様に、健康保険では期間が限られているので、10月からは健康保険でなく介護保険のリハビリに切り替えるべき。
  • 私は、可能であれば、(イ)でお願いしたいと思っています。 その理由は、以下の通りです。
  •  (ハ)  過去、I医師は半年×2で、S医師は半年×2+1年で、オーダー票を発行していた。
  •  (ニ)  実際、年を超えて貴院のリハビリを受けている(顔見知りの)患者もいる。
  •  (ホ)  介護保険にもリハビリはあるけれど、絶対にこっち(=健康保険)の方がイイですって! レベルも違うし・・」(貴院リハビリテーション科のI理学療法士

 

これを見て、F医師は

 

   「段々と、厚生労働省は、リハビリ継続の条件を絞ってきているんです」

 

と言う旨の発言をした。 それはあたかも、言外に10月以降の継続(=オーダー票の更新)は難しい(出来ない)と言ってる風に聞こえた。

 

しかし、最終的には、

 

   「訊いてみますねぇ」

 

と言った。

 

   ――――――――――――――――――

 

いよいよこれで今回の診察は終わりか・・と思ったら、F医師は

 

   「DATスキャンをやってみましょう?」

 

と提案した。 私は、DATスキャンはパーキンソン病の確定診断の目的で用いるのだとばっかり思っていたので、きっとキョトンとしていたのだろう、F医師は

 

   「 ・・ ドパミン・トランスポーターを調べるため(の検査)です・・」

 

と説明した。

 

   「ええと、この病院ではできるのかなぁ・・」

 

と言いながら、モニターを凝視し、マウスをクリックした。

 

   「あぁ、出来るんだね! 唯、曜日が〇曜か×曜に限られちゃうんだね」

 

と言い、

 

   「5月の○○日の11時は、どうですか?」

 

と訊いた。 丁度リハビリの予約日なので、OKした。 しかし私は懸念を持っていた。

 

   「測定に3時間位、掛かりますか?」

 

と、F医師に質問したが、その真意は伝わらなかった。 過去、MIBG検査を行った時、放射性医薬品を静注後、3時間して後期像を撮影したからである。 F医師にしてみれば、測定時間は30分位なのに、この患者は何を言っているんだろう・・と言う事だったのだろう。

 

   ――――――――――――――――――

 

さて、次回であるがF医師は、5~6週間後に診たい・・と言ってくれたが、これまた当方の都合(後述)で、7週間後になってしまった。