読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ348―I士、再び

2016年11月は、週の関係で5回のリハビリがあった。 今日はその5回目である。 そこで、妻の運転で総合病院に行き、M医師の予診を受けて待っていると、定刻に担当のI士が声を掛けて来た。 前回・前々回とTA嬢の施術を受けたので、3週間振りである。

 

I士は私を空いている台に案内し、訊いた。

 

   「どうですか、調子は?」

 

   「相変わらず、ですねぇ・・」

 

と、それに対して私が上記の様に答え、施術開始となった。 久々のI士のストレッチは、良く「効く」。 まぁ、TA嬢の場合は、力の問題と遠慮とがあったのであろう、少し物足りなかった。

 

さて、今日の新技はストレッチである。

 

先ず台の上で、両脚を開いたI士は左腕を上方に上げて、上体を右脚に沿って倒した。 私が真似ると、両足が90度開かない・・ すると彼は、私に左脚を胡坐(あぐら)の様に折って良いと言ったので、そうさせてもらった。 そして上体を右脚の上に倒した。 すると、彼はこういった。

 

   「違うんです、上体は前を向いたまま、右に倒すんです! そして、左手で右足首を掴むんです。」

 

要は、左脇腹を伸ばす運動らしい。 しかし、どんなに頑張っても、左手は右足首を掴むどころか、触れる事すら、否、近付ける事すら、難しい。 それでも彼は、無理を言わなかった。

 

続いて、左右を入れ替えてやった。 そして、次の様に解説した。

 

   「この運動は、ここ(と、自分の脇腹を指し)の柔軟性を高めるためなんです。 固くならない様に。」

 

   ―――――――――――――――――――――

 

その後台から降り、靴を履いて、杖を使った練習に移った。

 

先ず、杖を肩幅より広く持ち、バンザイをする。 続いて、そのままの格好でスクワットをせよと言う。 この時、顔を上げて上半身を反らして、杖を目一杯遠くに以って行け・・とも・・ これって、結構キツい。

 

そんなスクワットを、極ユックリと数回やったら、今度は片脚でやってみよ・・と言う。 まぁ、片脚ではキツいので、スクワットと言うより、曲げ伸ばしでも良いと。

 

左右の脚で同じ事をやると、I士が私の太腿の前面を撫でながら、

 

   「ここが、強いからなぁ。 何か運動をやってました?」

 

と訊くので、

 

   「えぇ、卓球を」

 

と答えると、彼は卓球選手の格好をして、大腿四頭筋の辺りの筋肉の張りを確認しながら

 

   「(筋肉が)ムッキムキだもんなぁ・・」

 

と呟いた。 私はそれを聞いて、何か、褒められた感じがした。

 

母の相続―4

さて、11月下旬の調停の日がやって来た。 今回は、遅刻しない様、少し早めに妻の運転で家庭裁判所に出掛けた。 すると、調停開始の25分前に着いた。 裁判所の前には、100人近くが寒い中、何かを待っている。 妻が入り口で守衛に「身障者用駐車場を使いたい」旨を伝えると、無線で駐車場の係員にコーンをどかす様連絡してくれた。 

 

そこに車を停めて裁判所の正面玄関に入り、20分前に書記官に電話をしたら直ぐに車椅子を持って来てくれた。 そこで私は車椅子に乗り、妻の操作と書記官の案内で、申立人控室に行った。

 

控室は無人で、寒かった。 しかし、定刻近くになると、2組が入って来た。 片方は債権の取り立て、もう片方は離婚の調停らしい。

 

定刻になり、男性の調停委員がノックをしてドアを少し開け、

 

   「どうでしょう、前回、相手方に宿題を出してあったので、先にそちらから始めた方が、車椅子で往復しなくて済みますが?」

 

と提案したので、OKした。

 

更に待つと、やがて女性の調停委員が呼びに来た。 調停室に入ると、男性の調停委員は次の様に切り出した。

 

   「相手方は、お父さんの相続分と金額の明細を持って来ましたよ」

 

と言い、A4の紙をよこした。 これは、申立人である私の主張する金額と相手方の主張とが異なるからであり、その差は私が相続した土地の固定資産税分であった。 公租公課であれば、認めざるを得ない。

 

私が提示された内容に合意をすると、その旨を相手方に伝え、裁判官を呼んで和解調書を作ると言う。 そこで、一旦控室で待つ様に言われた。

 

10分程待って調停室に呼ばれると、そこには裁判官と(車椅子を持って来てくれた)書記官、そして相手方がいた。 我々が着席すると、裁判官が

 

   「裁判官のHです。 それでは、合意内容として (中略) で宜しいですか?」

 

と訊いた。 まぁ、大筋で問題ないのでOKすると、相手方にも確認の上、

 

   「では、一週間位で調書がご自宅に郵送されます」

 

と言い、閉会を宣言して退室した。 我々も調停委員に礼を言い、書記官に付き添われて正面玄関にて、礼を言って分かれた。

 

こうして、漸く父の分の相続が終わった。 母の分については、別途申し立てよ・・と言う事だ。 それなら、これまでのタイトル「母の相続」は、「父の相続」としなければならない・・

 

蛇足ではあるが、朝の入り口の雑踏は、強盗殺人事件の公判の傍聴券を求める人々だったらしい。 テレビで放送されたので、大勢集まった・・と、調停委員が言っていた。

 

年金事務所に行く

今日は、リハビリが終わったら、年金事務所に行く予定にしていた。 そう、障害年金についての質問が、いくつかあるからだ。 そこでナビを頼りに、妻の運転で向かった。 

 

車を停めて建物に入り、受付で用件を言うと、番号札72番を渡された。 今は67番なので、恐らく30分待ちだろう。 その時間を利用して、トイレに入ったり缶コーヒーを飲んだりした。

 

30分程で、ブース7番に呼ばれた。 見ると、丸顔の女性が立っていた。 私達が着くと、名刺を出した。 M嬢と言う。

 

軽い挨拶の後、私は早速、用件を切り出した。

 

   「あのぉ・・ もし私の障害年金が2級になったら、支給額はいくらになるんでしょうか?」

 

と尋ねると、年金番号を訊き本人確認後、「制度共通年金見込額照会回答票」をプリントしてくれた。 それを見ると、障害年金(=障害基礎年金+障害厚生年金)がX,X02,886円、そして現時点での老齢年金(=老齢基礎年金+老齢厚生年金)も出力しY,Y12,681円と比較すると、△9,795円となる・・ つまり、障害年金に切り替えると、年金額が減ってしまうのである!!!

 

しかし、実際には老齢年金から所得税が月額450円引かれるので、その差は△4,395円と縮まる。 一方、障害年金は非課税である。 それに、指定難病医療費の自己負担額の10,000円が、2,500円になるので、(毎月10,000円に達する訳ではないが)障害年金の方が、お得である。

 

更に言うと、失業給付との併給が可能となるのである。 現在は、働いていないが、失業給付を、3年間の猶予としている。 そしてその間、障害者手帳も申請してある!!!

 

と、皮算用ばかりを述べた。 全ての根本は、障害年金の2級になれるか否かにかかっている。 前月の社会保険審査会からほぼ一ヶ月、そろそろ沙汰のある頃となる。

 

さて、話を戻そう。 後は、2級への承認(決済)の進捗状況であるが、

 

   「1月に、出していますねぇ・・」

 

とモニタを見ながら、M嬢が呟いたので、未だ2級になれていない事が分かった。 

 

まぁ、これでほぼ理解出来た。 次は対策を立てよう。 ・・と言う事で、M嬢に礼を述べて帰路についた。

 

さて、なぜ障害年金の方が低いのか? 自宅に戻ってプリントアウトを改めて見ると、それは加給年金額の差が大きい事に由来する・・と分かった。 障害厚生年金の配偶者加給年金が390,000円を超えているのに、障害厚生年金では224,500円しか無い。 これは、前者では特別加算があるからである。

 

年金制度って、ややこしい! これを理解するだけでも大変なのに、その仕組みを考えた人の頭の中を・・ 見てみたい!?!

 

リハビリ347―残念! でも、新しい出会いが・・

11月下旬のリハビリとなった。 妻の運転で総合病院に行き、M医師の予診を受けて、待っていると、前回同様、TA嬢が声を掛けて来た。 そう言えば、I士は「今週は休んで、自分の実家に行く」と言っていた。 2週連続で、TA嬢の施術を受ける事になる。

 

確かにTA嬢が声を掛けたが、もう顔見知りなので、彼女は私の方を向いて真っ直ぐ歩いて来たし、私も彼女が声を掛ける前に待合椅子から腰を上げていた。

 

早速空いている台を清拭し、先ずは腰掛けた。 TA嬢が

 

   「先週は転んだと聞きましたが、今週はどうでしたか?」

 

と訊いて来たので、私が大丈夫だった旨を答えると彼女は、一瞬、ニコリとして台に上がって、私にも靴を脱いで上がる様促した。 そして、施術を開始した。 すると彼女は仰向け状態の私を一瞥して、乾燥した未使用のタオルを枕の上に乗せて高さを調節してくれた。 うん、女性ならではの心遣いである。

 

さて順調に、ストレッチ等が順調に進み、歩行訓練となった。 TA嬢は、以前は両脇の下に両手を入れて私を支えたが、今回はそこまで必要ないと思ったのか、私の右横に立ち、腕を持つのみだった。

 

すると、腕を組んで歩くカップルの様なポジションとなった。 この格好なら、右腕が彼女の左胸に触れるハズであるが、そんな感触はない・・ 否、微かに当たっている? まさか、見て確かめる訳にも行かない。

 

と言うのも、今日はVネックの仕事着の下に黒の七分袖のTシャツを着用しているのだ。 まぁ、私の右腕に当たっているとしても、この感触はブラだろう。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

と言う事で、品行方正な私への施術は、無事に終了となった。 残るは、次回・次々回の予約のみである。 そこで、ファイルの予定表を見ると、TA嬢の名がない・・ その代わり別人の名があった。 

 

聞けば、内部ローテーションがあるらしい。 と言う事は、今日がTA嬢との最後のリハビリ? 彼女の様子を見ていると、どうもそうらしい。 であれば、残念ではあるが仕方ない。 きっと、また新しい出会いもあるだろう。

 

妻と私は、TA嬢に礼を述べて、リハビリ室を後にした。 今日は、今から未だ行く所がある。 そう、年金事務所に行くのだ。

 

抄読会―14

今日は、先週に引き続き、烏賊博士との抄読会の日だ。 先週は、遠い立体駐車場に停めたので、学校の前で転倒してしまった。 その結果、多くの人の暖かさを知る事となった。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/12/30/090713

 

同じ過ちを冒してはならない・・と思い、烏賊博士に、

 

   「万が一、駐車場が満杯だったら、私の車の中で話そう」

 

と、提案したら却下されてしまった。 その理由は、次の通りらしい。

 

   「それでは意味がないと思います。 この会は、週一回でも○○(私)を街に出す目的があります。 それなら、ホテルの喫茶室やレストランを利用しましょう。 あるいは車で公園に行きましょうか。 ともかく、(場所として)〇〇学園にこだわることはなく、居心地の良い場所を考えましょう。」

 

何と優しい男だろう! 勉強にかこつけて、私が病気により外出する機会が減らない様に、気を遣っていてくれるのである。

 

   ――――――――――――--------

 

さて、今日のテーマは「随意運動」である。 先ずは、「随意運動」と言う言葉から説明してくれた。 

 

それによれば、この言葉は非常に不思議だ・・と言う。 と言うのは、「随意」と言う「心」を表す要素と「運動」と言う「体」を表す要素が接続し、しかも前者が後者を修飾する事により、まるで相対する概念を一つにしている。

 

この場合の「体」と言うのは「心」の効奏器官であり、具体的には筋肉である。 では、「心」とは? 大脳皮質にある一次運動野だろうか? 

 

http://media2.picsearch.com/is?tqm07FRyJ_BDuqOfVGRRArrxFiuL3WB98-2kQfNuipU&height=340

 

彼はこの図に疑問をもっているが、まぁ、それは別として、ここから何らかの信号が発生するものとしよう。 この信号が、脳内のループを形成して最終的には脳幹から脊髄を、そして前根を経由して、筋肉に達する。 この時、神経の活動を電気信号として観察しよう。 シナプスを経由する度に50~80mS遅れるので、運動野の興奮が筋肉に届くまで大体数百個のシナプスを経由している事になる。

 

では、これと逆の感覚神経は? 感覚器を端とする信号は、脊髄の後角からから入り最終的には大脳皮質の感覚野に達する。 この時、1秒位の遅れが生じる。 では、脳は、1秒遅れで感じるのか? いや現実は、ほぼ同時に感じるのである。

 

と言う事は、(時間は戻らないので)1秒前の事象を記憶している事になる。 つまり、時間軸の異なる「仮想空間」が間に存在する事になる。

 

では、その「仮想空間」とは? 実感覚と脳内感覚を繋ぐものである。 例えば・・

 

テーブルの上に立方体があるとし、もし生まれつき白内障で失明していた人が成人して、手術により晴眼となったとしよう。 彼(彼女)には、その立方体がどの様に映るのであろう。 

 

彼には、明らかにその立方体は見えている。 しかし、

 

   「そこに、何がありますか?」

 

と質問すると、彼は手を伸ばして触るのである。 これが意味する所は、何であろう? 我々が普段見ている「立方体」とは、何なのだろう? これこそが「仮想現実」であると言うのである。

 

尚、「『心』とは? 大脳皮質にある一次運動野だろうか?」と言う疑問に対して、彼は否定した。 曰く、

 

   「大脳皮質にある一次運動野は、言わばキーボードである。 では、(キーボードを操作する)『心』はどこに?」

 

と。 

 

診察201611―3

そこには、「ノウリアスト錠20mg」に関する説明が書いてあった。

 

   http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00061371.pdf

 

私は「ヘェー」と思った。 先任のS医師の時は、量の変更はあったものの、新しい薬の提案は無く、こちらから「シンメトレル」(一般名:アマンタジン)の処方をお願いした位である。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2015/07/29/085053

 

私が厚いマニュアルの当該項目を見ていると、F医師は、

 

   「ただ、値段が少し高いんですよねぇ・・」

 

と言った。 妻が、それでも構わない旨を伝えると、

 

   「じゃあ、この20mgのを・・ 一週間分? 10日分?」

 

と訊いたので、私が10日分をお願いすると、

 

   「それでは、10日分出しておきますので、次回、様子を報告して下さい」

 

と言った。 続いて、プラミペキソールについて、

 

   「0錠かなぁ、1錠かなぁ・・」

 

と迷っていると、妻が

 

   「余り、急に減らさないで下さい」

 

と言ったら、1錠になった。

 

いよいよ報告事項のみとなった。

 

(4) 高血圧について 

 

これを見てF医師は、

 

   「じゃあ、アムロジピンも出しときますねぇ」

 

とのみ言った。

 

(5) 身障者手帳の申請について 

  • 前回、身障者手帳の申請について、T医師をご紹介頂いきました。 有難うございました。
  • 10月〇〇日、T医師の診察を受けた。 評価は、「2級相当、軽度化による将来再認定:不要」と。
  • 10月〇〇日、診断書を拝受し、同日、直ちに市役所にて申請した。

 

これに対して、F医師から特にコメントは無かった。

 

さて残るは、次回の予約日の決定のみとなった。 それについて、F医師はこう言った。

 

   「年内に、もう一度診せて下さい」。

 

と言う事で、次回は12月下旬となった。 私達は、礼を言って診察室を出た。

 

   ――――――――――――――――――――

 

こうして11月の診察を終え、予約票や処方箋が出来るのを待っていると、血液検査の結果まで付いて来た。 恐る恐る下に目を遣ると・・ オオ、またしても全クリである! この歳で!!!

 

これで、PSP-PAGFの疾患さえ無かったら・・ と、また思ってしまった。

 

処方薬を受けるため、妻のみが会計をして処方箋を持って、薬局に行った。

 

今日は、診察前検査があり、新しい薬も処方され、時間が掛かってしまった。 しかし、新しいタイプの薬である事から、楽しみである。 と言うのも、パーキンソン病の運動症状に効くらしいので・・

 

診察201611―2  

さて、検査から帰る時間を見計る様に、次の患者が終わると直ぐに呼ばれた。 私は車椅子を降りて、杖を使って診察室にはいった。 そして、いつものメモを渡した。

 

(1) 前回受診(2016年10月〇日)以降のイベントについて

 

  ① 10月〇〇~〇〇日、長瀞秩父家族旅行に行った。 家族のサポートを受け、特に問題なく過ごせた。

  ② 10月〇〇日、障害厚生年金3級から2級への額改定請求に対する再審査請求に対して開催される社会保険審査会(於:厚生労働省)に出席。(弁護士の車・運転で、現地では車椅子を借用)

  ③ 10月〇〇日、第1回の調停のために家庭裁判所へ。(妻の運転で、現地では車椅子を借用)

  ④ 10月〇〇日、〇〇市の〇〇モールで、ポップサーカスを堪能。(妻の運転で、現地では車椅子を借用)

  ⑤ 10月〇〇日、11月〇日、〇〇駅前の〇〇学園にて、友人と勉強会。(一人で運転し、杖を使って単独行)

  ⑥ 10月〇〇日、苗場スキー場(新潟県)のゴンドラから紅葉観賞。(義弟の運転で、妻と義妹夫婦と義母)

  ⑦ 11月〇日、滑川町の森林公園にて、友人と3時間の輪行。(一人で運転し、杖を使って単独行)

 

そして、夫々のイベントの写真を添えたら、F医師は妻と私が写った一枚( http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233234.jpg )を指さして、

 

   「これは?」

 

と訊いた。 妻が、

 

   「あっ、それは・・ 長瀞のライン下りの時の(写真です)・・」

 

と答えた。 そして、次の話題に移った。

 

(2) 体調について  

 

  ① 前回より、マドパー配合錠を2錠/日から0に減量したが、(自覚として)体調に変化は無かった。

  ② 上記⑥・⑦の際、当日は疲れたが、その後の2~3日は、体調が改善した。(現在は、元にもどった。)

 

これを見て、特にコメントは無かった。

 

さて、いよいよ本日のメインイベントである。 

 

(3) 処方について  (処方量は、1日当たり)

 

  ① 処方を次の様に希望します。

薬  剤

現在

希望

プラミペキソール0.125mg

2  錠

0~1  錠

ドプス 100mg

6  錠

6  錠 

シンメトレル 50mg

4  錠 

4  錠 

  ② 希望の理由(プラミペキソールの減量)
       ・ D2アゴニストは、進行性核上性麻痺、特に純粋無動症には奏功せず。(一時的に有効な時もある。)

   ・ 平成26年12月15日よりプラミペキソールの副作用を避けるため、0.5mg×3錠/日から0.125mg×3錠へ、更に平成27年5月11日より0.125mg×2錠に減量し、最終的に0錠にする途中だった。

 

これを読み、F医師はこんな提案をした。

 

   「どうですか、新しい薬を試してみましょうか。」

 

と言いつつ、厚い辞書の様な「処方マニュアル」(?)のパーキンソン病の項を広げて見せた。 そこには・・