読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

体調、優れず・・

この所、体調が優れない。 具体的にはバランスが悪いので、歩行が覚束ない。 歩こうにも足が出ず、そのため例えば室内では壁や柱に倒れ込みながら、伝い歩きをしている始末である。 困るのは夜中のトイレ・・ 余りにもモタモタしていると、強烈な尿意に襲われる。 でも、何とか強く抑えて乗り切る事、暫し。 嗚呼、「男に生まれて良かった」(汗)と思う瞬間である。

 

室外でも転倒してしまった。 車から降りる時。 いつもの壁側ではない方に荷物を下げ、杖を頼りに車外に出たが、溝や柱があるので足がすくんでしまい、上半身からコケてしまった。

 

この時、右肩からコンクリに倒れ込んで、打撲して擦過傷を作ってしまった。 但し、そのお陰で、「顔面制動」は免れた。

 

また、そんな調子なので、4月までターミナル駅のコーヒー店で続けてきた「烏賊博士」( http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/04/29/070815 )との抄読会を断るしかなかった。 

 

   ――――――――――――――――――――

 

更には、芝刈りである。 これまで、ルンルンと刈っていた。 4月中旬の某日に刈ったのであるが、疲労困憊、全部を刈り切れなかった。 妻は「運転が下手になった」と評価したが、これは自分でも感じることである。 が、これは疲労によるものである。 普段からパワステ車にばかり乗っていると、芝刈り機ではハンドルがロックした様に感じる。

 

オマケに、芝刈り後に汗を流せる様にと、妻が風呂を沸かしておいてくれたが、一休みしないと無理だった。

 

こんな事は、初めてである。 今後、伸び行く芝をどうしよう・・

 

この時は、先に夕飯を済ましてから風呂に入った。 但し、いくら休んだとは言え、洗髪する元気も無く、この日はテレビドラマを観て、床に就いた。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

どうも、症状の進行によるものと思われる。 薬がそれに対して、追い付いていないのだろう。 シンメトレルによる「ハネムーン期」が終わってしまったのだろうか? この先、不安である。 

 

次の診察まで、ほぼ10日。 第二、第三の「シンメトレル」はないものだろうか?