読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ285―股関節の柔軟性

2015年10月下旬、今月5回目のリハビリである。 いつも通り、妻の運転で出掛けた。

 

早速であるが、I士によるリハビリの様子をお伝えしよう。 先ず、足首を廻して、こう言った。

 

   「足首が、硬いですねぇ・・」

 

これには、憶えがある。 この所、足首のストレッチを怠っていた。 と言うより、意識はジャックナイフストレッチに移っていた。 まぁ、だからと言ってI士が何か指摘をした訳でもない。 反省事項である。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

さて、今月の目標である「タイトハムの解消」に向けて、色々なアドバイスを頂戴した。 その中には、勿論、ハムストリングスのストレッチが含まれるが、こんなストレッチもあった。

 

例えば、床に両足を投げ出して座る。 両脚は床に着き、上半身は鉛直なので、横から見ると「L字」になっている。 そのまま90度、開脚する。 更に、膝を、直角になる様、持ち上げる。 ここまでは、簡単だ。

 

今、上半身は鉛直のまま、両脚を90度開いた「お山お座り」になっているハズである。

 

ここからが、本題。

 

では、そのまま、上半身を少し右回転してみよう。 当然、両脚も右へ倒れて行く。 ではそこから更に両脚を、両膝を床に着くまで倒してみよう。 出来ただろうか? 今、両脚は、3つの直角を形成し、「卍」と言う字の半分の形になっているハズである。

 

否、これで終わりではない。 その格好で、上半身を右脚の太腿に着くまで倒すのだ。 これにより、右脚のハムストリングが伸びている。

 

以上を左右を換えて行う。

   

――――――――――――――――――――――

 

これがタイトハムの解消に資するのは、分かって戴けたろう。 では、なぜ両脚・両膝を直角にする必要があるのだろう。 その疑問に対し、I士は次の様に説明していた。

 

   「下半身の柔軟性のためには、ハムストリング(のストレッチ)だけでは、ダメなんです。 股関節も柔軟に動かないと」

 

と。 ナホルド、確かにその通りであるし、今回の新技が、その目的に合致しているのも理解できた。