読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ360―研修生

2月下旬の今日は、リハビリの予約日だ。 そこで妻の運転で総合病院に出掛け、M医師の予診を受けて待っていると、I士がやって来てリハビリが開始となった。

 

すると、白い作業着の男性が付いてて来た。 台に到着すると、I士が紹介した。

 

   「学生さんですが、一緒にイイですか?」

 

と。 要するに研修生だ。 そして、台に上がって、I士によるストレッチやマッサージが始まった。 途中、I士が研修生に質問した。

 

   「(疾患は)パーキンソン症候群です。 では、(パーキンソン病の)四大兆候とは?」

 

すると、研修生は

 

   「振戦と寡動・無動、それから姿勢反射障害と・・」

 

と答えた。 オイオイ、固縮が抜けているぜ。 更にうつ伏せの私の背中を撫でながら、I士は、

 

   「チョット、学生さんに触らせても良いですか?」

 

と訊くので、OKすると、I士は研修生の手を持って私の脊柱に当て、

 

   「ほら、脊柱の柔軟性が(足り)ないでしょ?」

 

と説明した。

 

   ―――――――――――――――――

 

さて、今日の新技である。 前回と同じ台で、カマーバンド見たいな物に両腕を乗せ、そのまま前に倒れ込む練習である。 

 

勿論、顔を上げ、背を反らす様に指示が来る。 そして、彼は私に、そのままの格好で腰掛けている台から立ち上がれるか、訊いた。 勿論、試した・・ら、出来た。 

 

次に、腕輪を2個用意し、フックに掛けた。 

 

そして前回同様、体を前に倒した。 その時、胸を張る(=背中の肩甲骨を寄せる)様、指示が来た。 

 

さて、ここからである。 彼は、

 

   「そのまま、ぶら下がれますか? つまり、懸垂ですね!」

 

と訊いた。 私は腕に力を目一杯入れて腕を縮めると、足が床から浮いた! 一旦床に降り、更にもう一度腕に力を入れると、腕はワナワナと震えながらも確かに両足が浮いている。 すると、彼は、

 

   「両足を上げられますか?」

 

と訊いた。 私は、膝を90度、曲げた。 丁度、丸まった動物が樹の枝にぶら下がったみたいだったのだろう、その様子を見ていたW嬢が、

 

   「カワイイ(格好)ね!」

 

と言った。 すると、I士がバツ悪そうにフォローした。

 

さて、その後I士は、

 

   「凄いですねぇ・・ 私は(懸垂が)出来ないんですよ・・」

 

と、評価しながら、(両足を床に付けたまま)ぶら下がって見せた。 その後、リハビリ室内を歩く様子を観察し、今日のリハビリを終えた。 そして、リハビリ室を出た所で研修生が私の方を向いて、

 

   「有難うございました」

 

と言いながら、深々と頭を下げた。