読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

久々の秋葉原

2017年3月になり、烏賊博士を自称する友人との約束の日がやって来た。 その約束とは、「秋葉原(以下、アキバ)に行って見よう」と言うものだった。 勿論、電車での単独行なので、妻は反対である。 そうは言っても、駅までの送迎はしてくれた。

 

駅では、身障者手帳を見せれば運賃が半額になる・・と思い、見せたら・・ならないのというのである!?! 駅員の説明はこうだ。 私の場合、「介護者がいれば、2人分(本人と介護者)が安くなる。 しかし、本人一人の場合は、101Km以上でないと割り引にならない」と。 

 

結局、往復とも通常運賃だった。 ガッカリ・・ それを妻にメールで知らせたら、

 

   「押しが足りないんじゃないの?」

 

と。 それは、問題が違うだろう!!!

 

で、○○駅から上野行きの電車に乗り、山手線か京浜東北線に乗り換えると、JRアキバ駅に着く。 因みに、上野から京浜東北線で行くと、次がもうアキバなのだ。 (日中は、快速運転のため)

 

駅の電気街出口で待ち合わせると、数分後に会えた。 彼は、折り畳み自転車と工具を持っていた。 それで何をするかと言えば。サドルの高さを私用に合わせて、私に貸してくれる・・と言う。

 

それは、何度かの森林公園での輪行で、私が歩行障害はあってもチャリには乗れる・・と言う事を知っているからである。 仮に巧く乗れなくても、ストライダーとして使えば、楽になる。 何て、いいヤツなんだろう、マブダチだぜ!!!

 

   ――――――――――――――――――

 

駅で高さを合わせ、私が彼のチャリに乗り、私の杖は彼が持ってくれた。 行く先? 勿論、肉の万世である。 4階に着くと、女性が彼の降り畳まれたチャリを預かってくれ、窓際の席に案内してくれた。

 

窓から見下ろすアキバの街は、すっかり様相を変えてしまった。 例えば、石丸電気の巨大なビルは、DENONに変わり。ビルの外壁にはやたらと「萌えキャラ」が描かれ、外国人も増えた。 

 

我々は、そこでユックリと食事を楽しんだ。 話題は、彼が今ハマっているRaspberry Piから、世界のコンピュータ事情まで、多岐にわたった。 例えば、Raspberry Piで動かす予定のRaspbian Pixelや、最近出て来たRemixOSなどである。 後者は、i386系マシンでAndroidを走らせるものである。 なぜ、WindowsマシーンでAndroidを? ・・と思われただろうか? ゲームのためらしい。

 

パーソナルな世界でコンピュータのOSを俯瞰すると、次の様になる・・らしい。

 

   PC界     MacOS, Windows, Linux

   Phone界    iOS, Android

 

このPC界の中で、Linux勢力を拡大している・・らしい。 と言うのも、Raspberry Piを動かすRaspbianも、Linuxをベースとしている。 勿論、CUIである。 そして、それをGUIとしたのがPIXELである。 それにRaspbianは、無料で提供されている。

 

   https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

 

それが、上記サイトの「RaspbianのDownload ZIP」だ。 なぜ、無料なのか? それは、Raspberry財団が教育用として提供しているからである。 そのため、ハードウェアも安価で提供されている。 その結果、Raspberry Piは爆発的な人気を博しているらしい。  

 

   https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

 

そうなると、俄然、Raspberry Piに興味が湧いて来た。