読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ347―残念! でも、新しい出会いが・・

11月下旬のリハビリとなった。 妻の運転で総合病院に行き、M医師の予診を受けて、待っていると、前回同様、TA嬢が声を掛けて来た。 そう言えば、I士は「今週は休んで、自分の実家に行く」と言っていた。 2週連続で、TA嬢の施術を受ける事になる。

 

確かにTA嬢が声を掛けたが、もう顔見知りなので、彼女は私の方を向いて真っ直ぐ歩いて来たし、私も彼女が声を掛ける前に待合椅子から腰を上げていた。

 

早速空いている台を清拭し、先ずは腰掛けた。 TA嬢が

 

   「先週は転んだと聞きましたが、今週はどうでしたか?」

 

と訊いて来たので、私が大丈夫だった旨を答えると彼女は、一瞬、ニコリとして台に上がって、私にも靴を脱いで上がる様促した。 そして、施術を開始した。 すると彼女は仰向け状態の私を一瞥して、乾燥した未使用のタオルを枕の上に乗せて高さを調節してくれた。 うん、女性ならではの心遣いである。

 

さて順調に、ストレッチ等が順調に進み、歩行訓練となった。 TA嬢は、以前は両脇の下に両手を入れて私を支えたが、今回はそこまで必要ないと思ったのか、私の右横に立ち、腕を持つのみだった。

 

すると、腕を組んで歩くカップルの様なポジションとなった。 この格好なら、右腕が彼女の左胸に触れるハズであるが、そんな感触はない・・ 否、微かに当たっている? まさか、見て確かめる訳にも行かない。

 

と言うのも、今日はVネックの仕事着の下に黒の七分袖のTシャツを着用しているのだ。 まぁ、私の右腕に当たっているとしても、この感触はブラだろう。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

と言う事で、品行方正な私への施術は、無事に終了となった。 残るは、次回・次々回の予約のみである。 そこで、ファイルの予定表を見ると、TA嬢の名がない・・ その代わり別人の名があった。 

 

聞けば、内部ローテーションがあるらしい。 と言う事は、今日がTA嬢との最後のリハビリ? 彼女の様子を見ていると、どうもそうらしい。 であれば、残念ではあるが仕方ない。 きっと、また新しい出会いもあるだろう。

 

妻と私は、TA嬢に礼を述べて、リハビリ室を後にした。 今日は、今から未だ行く所がある。 そう、年金事務所に行くのだ。