読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201611―1

さて、リハビリが終わると、今日は診察のある日だ。 そこで、外来(患者)用車椅子を借用し、脳神経内科に行った。 待っていると、見た事の無い看護士が、私の名を呼んだ。

 

訊くと、採血と検査が終わっていない・・と言う。 確かに、受診案内票を見ると、書いてある・・ あれ? 確かこの8月に血液検査と心電図検査をやったばかりじゃないか?

 

と思って予約票を見ると、診察前に検査がある旨が書いてあった。 今までは、医師が

 

   「次回は、診察前に検査があります」

 

と言ってくれたものだった。 F医師は、言葉が少ないのである。 でも、教訓としよう。

 

   ――――――――――――――――――――

 

妻と車椅子に乗ったままの私は、その受診案内票を持って、検査室に向かった。 

 

   「しかし、診察前に検査があるならあると言ってくれれば、イイのに・・」

 

と、妻は未だに不満顔である。 それは、検査結果が出るのが遅くなると帰るのが遅くなるので、その不満は分からないでもない。 しかし、予約票に書いてあるので、

 

   「まぁ、そう言う先生なんだ・・と思うしか無いんじゃない?」

 

と言うと、少し納得した様だった。 

 

   ――――――――――――――――――――

 

検査受付に受診案内票を出すと、

 

   「最初に、採血があります」

 

と、奥の方を指した。 無事に採血が終わると、

 

   「次は心電図(の測定)がありますので、入口付近でお待ちください」

 

との案内を受けた。 待っている、男性技師が声を掛けて来た。 私は一瞬、「えっ?」と思った。 今まで、男性技師だった事が無かったからである。 勿論、検査内容は技師の性別とは無関係だ。

 

こうして無事に検査が終了し、私達は元の脳神経内科に戻った。