パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診療000―201807―3

 

続いて、f医師は私の薬に対する疑問に対して、次の様に述べた。 

 

   「今、処方されている薬を見直しましょう」

 

そう言うと、彼は、B5の製薬会社の社名とロゴの入ったメモ用紙に、有効性(の予想)を〇×△で表し、その後に薬剤名とその薬理学的な作用機序を書いた。

 

先ずは、プラミペキソールから、順次評価して行った。 彼は、

 

   「L-DOPAが効かなきゃ、プラメキソールも効かないんですよ」

 

と言いながら、メモに次のように書いて行った。

 

  ×       プラミペキソール              ―――→       ドパミンアゴニスト

 

 ×       ノウリアスト                            ―――→       アデノシンA2A拮抗薬

 

 ×       トレリーフ                 ―――→       抗てんかん薬、作用機序不明

                                                                         パーキンソンでも効くのは、10%

 

 〇       ドプス                                      ―――→       ノルエピネフリン前駆体

                                                                                    すくみに効くかも

 

△       シンメトレル                            ―――→              NMDA受容体遮断

ドパミンを放出させる

効くこともある

 

続いて彼は、

 

   「じゃぁ、何がおすすめかと言うと、セロトニンを増やす薬ですね」

 

と言い、その下に、

 

              セディール                 ―――→       セロトニン ↑

 

              トリプタノール                            ―――→       セロトニン ↑

 

そして、最後にこう言った。

 

   「今のお薬を、一週間ずつ止めてみて下さい。 そうして、その結果を教えて下さい。 私は、効かない(=不要な)薬は、飲ま(せ)ない主義なんです」

 

と。 いくら薬好きの人でも、効かないものまで服用する意味はないので、合理的だと思った。