パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201705―5

 

いよいよ、今日のハイライトである。

 

 (4) 処方について  

 

  • ある時、昼・夜飲み忘れて、夜中にトイレに起きたが、特にふらつきは感じられなかった。
  • ノウアリストの効果は、約3~4ヶ月継続した。(パーキンソン患者における「ハネムーン期」の様)
  • 従来も新規に処方された薬剤を服用すると、最初の2~3週間は著効を示した。(プラミペキソール、マドパー、シンメトレル、ノウリアスト)           
  • 現在の処方を継続して戴くかドプスの減量を、お願い申し上げます。 

 

処方(1日当たり)

    薬  剤

    現在

    希望

プラミペキソール0.125mg

      1  錠

    0~1  錠

ドプス 100mg

      6  錠

    3~6  錠 

ノウリアスト 20mg

      2  錠

     2  錠

シンメトレル 50mg

      4  錠 

     4  錠 

アムロジピン5mg

      1  錠

     1  錠

     *:DATスキャンの結果による。

 

これを見てF医師は、

 

   「ノウリアストを中止してみましょうか?」

 

と提案して来た。 この所、処方が固定化(=マンネリ化)している・・と思えた私は、賛同してしまった。 すると、F医師は、

 

   「(1日当たりの処方量は)1錠? 0錠? ・・(どちらにしますか?)」

 

と、更に希望を訊いて来た。 中途半端な事が嫌いな私は、思わず

 

   「0錠で」

 

と言ってしまった。 この事が、後々、あんな事になろうとは・・

 

続いて、本日の最終項目である。

 

 (5) 証明書について 

 

  • 「就労可否証明書」の記入をお願い申し上げます。(雇用保険の受給手続きのため)…受給期間延長中
  • 私の症状(実態)について、下記の通り申告致します。

(1)日常生活能力の程度:エ 身の回りのことは…できるが、適当な援助等が必要である。

(2) 就労の可否:ウ 就労できる状態ではない。

(3) 本人記入欄の…状況:離職日現在における… ア 認められる

(4) 健康保険の傷病手当金労災保険の休業補償給付の…1.証明はしていない。また、今後も…

 

すると、F医師はその場で項目に丸を付け始めた。 こうして、次回予約を4週間後として、本日の診察を終えた。 

 

そして、処方箋や会計書類が出来たので受領すると、病院名の白封筒が添えてあった。 中を見ると、先程の「就労可否証明書」である。 勿論、実態(=申告)通り書いてくれたが、更には

 

(5) 就労に際しての留意事項及び労働能力の程度…(下記の通り)

〇 作業の内容、環境、時間等の制限・・その他予想される問題点…歩行障害、無動がある。

〇 就労可能な具体的な場所・条件等…症状が進行性であり、就労は今後も困難と考える。

 

と添えてくれた。 尚、証明書代は、3,000円(税抜き)だった。