読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201701―1

さて、W嬢による目の保養 ・・じゃなかった、リハビリを終えると、私達は歩いて脳神経内科の待合室に行った。 まぁ、リハビリ室が引っ越したので、距離としては近くなったが、念のため持参した杖を使った。 これは、リハビリによる疲労で歩行困難になっても進める様にと、内部障害を持つ者が周囲から「気遣い」を貰うためである。 

 

待っていると、20分程でパネルに番号が表示された。 軽くノックをして診察室に入ると、私が杖を使っているのを見て、F医師が開口一番、こう訊いた。

 

   「どうですか、相変わらずですか?」

 

と。 しかしこの6週間、色々あったので、一言では言えない。 その代わりに、私はF医師にメモを渡した。 そこには、次の様に書いておいた。

 

 

 (1)  前回受診(2016年12月○○「日)以降のイベントについて 

 

  • 12月○○日、身体障害者2級の認定に基づき、県税事務所にて自動車税の減免を受けた。
  • 12月○○日、○○駅前の○○学園に友人を訪ねた、(自分で運転して、単独行。 1月○○日、同○○日も)
  • 1月○日、親戚の新年会にて、複数の親戚から「○○さん、随分良くなったねぇ」と言われた。
  • 1月○日、胃の内視鏡検査を受けた。 しかし、生検は不要だった。
  • 1月○○日、○○市役所で受けた「自動車燃料費助成券」により、車にガソリンを入れた。(700円/月)
  • 同日、○○警察署にて「駐車禁止除外指定車標章」の交付申請を行い、即日交付を受けた。
  • 1月○○日、○○市役所にて「有料道路障害者割引申請書 兼 ETC利用申請書」を提出した。
  • 1月○○日、消化器内科にて内視鏡検査の結果説明を受けた。 穿孔ヘルニア・炎症・ポリープがあるものの、加療の必要は無いレベルのものばかりだった。

 

以上は報告事項であり、F医師から特にコメントは無かった。 そして次の項目は、F医師の最も興味のある所だろう。

 

 (2) 前回受診(2016年12月○○日)以降の処方と体調について 

 

  • 12月○○日より、ノウリアスト20mg/日の服用を開始した。 その結果・・
  • 最初の2週間位は、著効だった。(体が軽く感じられ、歩容がほぼ正常化した。)
  • 次の3週間位は、上記の薬効が薄れ、著効から有効となった。
  • 印象としては、有効時の薬効は著効時のそれの50%~60%。
  • ノウリアストが有効な症状:運動系(歩容の改善、突進現象の低減)、 無効な症状:非運動系(構音障害・開眼失行・小字症に変化なし)。
  • その他、硬便による便秘と夜間頻尿(3~4回/夜)。

 

事実、これを見て、F医師は②をそのままキーボードから入力していた。 また③についても、次の項目時に対策を述べた。 

 

さて続いて、本日のメインイベントである。