読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ354―薬効の認識

今日は1月中旬、リハビリの予約日である。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛けた。 M医師の予診を受けて待っていると、I士が声を掛けて来た。 体調は良かったが、妻のアドバイスに従って、杖を持参した。

 

さて、I士は空いている台を探して、私に台の上でストレッチを施して行った。 先ずは、復習である。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2017/01/16/084406

 

彼は、開脚ストレッチをやろうと思い、両脚を135°以上広げた。 そこで、私も真似て開脚を試みたが、90°すら開かなかった・・ すると彼は手本として、片脚を折り曲げて、伸びた方の脚に上半身をその上に重ねた。 そして更に、「胸を張って」・・と要求した。 しかし、彼程、上手く上半身を折れない・・

 

さて、今日の新技を紹介しよう。

 

I士は私に靴を履く様指示し、前回の復習を行った。 先ずは上半身の左右への屈伸、即ちバナナ・キュウリの難しい版である。 続いて彼は、長さ1m程のゴムを探して来た。 そしてそのゴムを頭上で肩幅より広く持ち、両手で引きながら後頭部を通過させ、首の高さまで下げた。 更には、そのまま両手を左右に広げた。

 

要は、左右の肩甲骨同士を寄せる運動である。 

 

続いての新技は、全身のバランスの訓練である。 

 

先ずI士は電動の台の所に行き、台を胸の高さまで上げた。 そして、彼は両手を台に着き上半身を前に傾けた。 問題は、下半身である。 片脚――例えば、左脚――を後ろに反らせないとバランスが取れない。 まぁ、当然だろう。 その状態で、彼は更に

 

   「右脚を屈伸できますか?」

 

と訊くので、私はやって見せた。 すると、彼は続いて、

 

   「(台から)手は離せますか?」

 

と訊いて来た。 これは、難しい・・ どうしても上半身の重さに引っ張られてしまうのだ。

 

   https://www.beauty-co.jp/news/dbn/healthcare/DB006332/

 

究極的には、上部URLのイラストの様な格好になるのだろうか?

 

   ―――――――――――――――――――

 

さて、今月の目標は「歩容の改善」である。 I士は、私に室内を往復させ、その様子を後ろから観察した。 彼の評価は、次の様に評した、

 

   「新しい薬(=ノウリアスト)が効いているみたいですねぇ。 膝がガクガクせずに、滑らかに動いていますよ。」

 

そうだったのか、その事は初めて聞いた。 それまでは、膝の動きがスムースではなかったのか!