読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201612―2

すると、F医師は私の方を向いて、

 

   「副作用は、ありましたか?」

 

と訊いた。 私が、

 

   「ありませんでした。 が、夢を見る事が多くなりました。」

 

次の様に答えると、F医師は先の厚いマニュアルのノウリアストの副作用の欄を示した。 そこには、「幻視、幻聴・・」の文字があり、

 

   「まぁ、脳の活性レベルを上げますから・・」

 

と説明した。

 

   ―――――――――――――――――

 

さて、残るは、処方と次の予約日である。

 

前者については、次の通り希望を述べた。

 

(3) 処方について  (処方量は、1日当たり)

 

  • 処方を次の様に希望します。

 

薬  剤

現在

希望

プラミペキソール0.125mg

1  錠

0  錠

ドプス 100mg

6  錠

6  錠 

シンメトレル 50mg

4  錠 

4  錠 

ノウリアスト 20mg

0  錠

1  錠

 

これに対し、実際処方を受けたのは、希望+プラミペキソール(=現在+ノウアリウト)だった。 これについて、F医師は、

 

   「これらの薬が、渾然一体となって効いている」

 

と言うのである。

 

そして、最後に報告事項を並べ、謝辞を添えた。

 

(3)  前回受診(2016年11月○○日)以降のイベントについて 

 

  • 障害年金3級から2級への額改定請求は、社会保険審査会で認められなかった。(11月末日付)
  • 12月○○日、右肩の痛みで××市内のM整形クリニックを受診した。 レントゲン像は、正常。 セレコックス100mg×2/日、レバミピド100mg×2/日、湿布薬1枚/日の各14日分が、処方された。
  • 12月△△日、ターミナル駅近くの○○学園にて、烏賊博士と勉強会を実施した。(自分で車を運転し、単独行。)
  • 同日、その帰路、△△警察署で自動車運転免許証の更新をした。(係員から特に指摘や質問は無かった。)
  • 12月□□日、貴院消化器内科にて外来診療を受けた。(前回の胃内視鏡検査から1年が経過したため。) 内視鏡検査は来年1月上旬。再診(検査結果)は1月下旬の予定。
  • 12月☆☆日、◇◇市から「身体障害者2級」の認定通知書(10月末日付)が届いた。(T医師に深謝)

 

謝辞:本日は予約外にも拘らず、ご高診を賜りました事、深くお礼を申し上げます。

 

   ―――――――――――――――――

 

そして、次回を6週間後の1月下旬に決めて、12月の(今年の)診察を終えた。 処方は、ノウリアストのみ6週間分、その他は5週間分だった。

 

勿論、早目に入れてくれた脳神経内科の外来看護師にも、礼を言った。