読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

身体障害者手帳

12月中旬の某日、市役所から封書が届いた。 そろそろ10月下旬に身体障害者手帳を申請してあったので、その結果だと思われた。 と言うのも、発信部署が福祉課となっているからである。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/11/15/092333

 

中身を傷付けない様に開封して見ると、2枚のA4の紙が入っていた。 片方は市からであり、「申請が認められたので、身体障害者手帳を交付します。 交付の曜日と時間は・・」とあった。 もう片方は、知事からのもので、「身体障害者として認定する」旨の「身体障害者手帳交付通知書」であった。 私は、内心、

 

   「(やったー!)」

 

と思い、妻にその旨を報告すると、

 

   「良かったじゃない! ・・で、級は?」

 

と喜ぶと共に、質問を発した。 そうだ、何級かが問題である。 探すと、知事からの通知書の右下に「2級」とあった。 そう、申請通り認められたのだ!

 

そこで、指定された曜日の指定時間に妻のみで、出掛けた。 体調の良い時、私が一緒に行くと、「2級」に疑問を持たれてしまう懸念がある・・と言うのだ。 そして、身体障害者手帳の説明に、1時間程掛かる・・とも(申請時に)言われていた。

 

もう一つの問題は、一定期間後の再認定が必要か否かである。 これは、知事からの通知書には、無かった。 そこで、身体障害者手帳を見ると、

 

   「要再認定:         」(空白)

 

となっている! 

 

妻が市の担当者から聞いた説明によると、手帳の特典が色々ある様だ。 例えば、自動車税の免除や高速道路・JR・タクシー等の割引の他、駐車禁止の除外もある。 今月初めに、障害年金の3級から2級への額改定申請が却下されただけに、嬉しい話しだ。 

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/11/30/065759

 

さて、今年の確定申告が楽しみになって来た。 

 

唯、納得行かないのは、日付である。 10月下旬に申請し、10月末には知事から認可を受けている。 それなのに市が郵送したのが、12月中旬・・ 定型的な業務に1ヶ月半も掛かるかなぁ・・ 

 

それともう一点。 普通郵便で送られて来た事である。 県からの「指定難病受給者証」は、書留で来るのに・・ それとも、一定期間経過しても手帳を受け取りに来なかったら、催促通知でも出せば良い・・とでも思っているのだろうか?