読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ349―昼休み(?)に

今日は、12月最初のリハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に行き、代診の医師の予診を受けて待っていると、I士が5分遅れでやって来た。 まぁ、前の患者が終わって、私の予診の結果をモニター画面で確認する必要があるので、1分遅れは仕方ないとは思っている。

 

さて、実は今日は12:40分の開始時刻だった。 と言うのは、妻の「ランチ」(と言う名の女子会)の都合で、今日になったのである。 しかも、今日の午後のリハビリはI士が不在なので、変則的な時間となったのだった。

 

しかし、12時40分になっても人は減らず、いつもの台が満杯なので、狭い電動リフトの付いた台上での施術開始となった。 そして、いつものマッサージやストレッチをこなして行った。

 

途中、

 

   「こんな時間に珍しいですね?」

 

と訊いて来たが、まさか妻のランチの都合とも言えず、惚(とぼ)けてしまった。

 

恐らく昼休みのためだろう、いつもの広い台が空いたので、そちらに移動した。 と言う事は、すぐ後に患者がいない時は、皆、定刻を過ぎてもやっている!?! 或いは、押せ押せで開始時刻が遅くなり、その遅れた分をこなしている???

 

   ―――――――――――――――――

 

さて一通りマッサージとストレッチが終わると、I士は靴を履く様指示した。 そして、私の目前で丸椅子に座り。私に自分の両肩を持って、小さいジャンプをして見よ・・と言った。 しかし、余り上手く出来なかったので、今度は大きいジャンプをして見よと。 そう、彼は私の「今月の目標」を憶えていてくれたのであった。

 

そして、片脚で立ち、もう一方の脚を上げる様指示した。 但し、彼の片方の肩を持って・・である。 更に、そのまま膝を曲げ、沈み込んでみよと。 これには結構、脚の力が必要だ。 そればかりか、バランス能力も必要である。 しかし、何とかこなした。

 

そして、その後に色々やって、ほぼ定刻になった。 午後1時20分になったのである。 そこで次回の予約を11時20分に取り、軽く挨拶をして、本日のリハビリを終えた。

 

この11時20分と言うのも変則的な予約時刻であるが、実は、12時30分から消化器内科の診察を予約してあったのだ。 そう、前回の救急搬送後に消化器内科を受診した際、医師が、

 

   「じゃあ、1年後にまた診せて下さいね」

 

と言ったからである。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2016/02/11/110312

 

尚、月初なので「リハビリテーション総合計画書」を作成する日であるが、今月の目標として「正しい姿勢」を挙げた。 それは、いつも前屈みを直されるからである。