読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201611―3

そこには、「ノウリアスト錠20mg」に関する説明が書いてあった。

 

   http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00061371.pdf

 

私は「ヘェー」と思った。 先任のS医師の時は、量の変更はあったものの、新しい薬の提案は無く、こちらから「シンメトレル」(一般名:アマンタジン)の処方をお願いした位である。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2015/07/29/085053

 

私が厚いマニュアルの当該項目を見ていると、F医師は、

 

   「ただ、値段が少し高いんですよねぇ・・」

 

と言った。 妻が、それでも構わない旨を伝えると、

 

   「じゃあ、この20mgのを・・ 一週間分? 10日分?」

 

と訊いたので、私が10日分をお願いすると、

 

   「それでは、10日分出しておきますので、次回、様子を報告して下さい」

 

と言った。 続いて、プラミペキソールについて、

 

   「0錠かなぁ、1錠かなぁ・・」

 

と迷っていると、妻が

 

   「余り、急に減らさないで下さい」

 

と言ったら、1錠になった。

 

いよいよ報告事項のみとなった。

 

(4) 高血圧について 

 

これを見てF医師は、

 

   「じゃあ、アムロジピンも出しときますねぇ」

 

とのみ言った。

 

(5) 身障者手帳の申請について 

  • 前回、身障者手帳の申請について、T医師をご紹介頂いきました。 有難うございました。
  • 10月〇〇日、T医師の診察を受けた。 評価は、「2級相当、軽度化による将来再認定:不要」と。
  • 10月〇〇日、診断書を拝受し、同日、直ちに市役所にて申請した。

 

これに対して、F医師から特にコメントは無かった。

 

さて残るは、次回の予約日の決定のみとなった。 それについて、F医師はこう言った。

 

   「年内に、もう一度診せて下さい」。

 

と言う事で、次回は12月下旬となった。 私達は、礼を言って診察室を出た。

 

   ――――――――――――――――――――

 

こうして11月の診察を終え、予約票や処方箋が出来るのを待っていると、血液検査の結果まで付いて来た。 恐る恐る下に目を遣ると・・ オオ、またしても全クリである! この歳で!!!

 

これで、PSP-PAGFの疾患さえ無かったら・・ と、また思ってしまった。

 

処方薬を受けるため、妻のみが会計をして処方箋を持って、薬局に行った。

 

今日は、診察前検査があり、新しい薬も処方され、時間が掛かってしまった。 しかし、新しいタイプの薬である事から、楽しみである。 と言うのも、パーキンソン病の運動症状に効くらしいので・・