読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

家族旅行―4

さて、6時20分頃、部屋のチャイムが鳴った。 ドアは施錠してないので、女性の

 

   「失礼しまーす、夕食をお持ちしました」

 

と言う声がした。 そして、テーブルに並べ始めた。 思った以上に豪華だ。 

 

先ず、食前酒。 ワイングラスに梅酒が注いである。 甘めなので、皆で乾杯をして一気に干してしまった。 

 

続いて、前菜。 二段の籠に、沢山の小鉢が並んでいる。 例えば、白和えや酢の物・・ 何れも、薄味で品が良い。 甘味を抑えた練り物もあった。 箸を運ぼうとした頃には、生ビールも届いた。 

 

改めて乾杯をして、やがて飲み干す頃には、冷酒が届いた。 食事に合う様、長男が選んだ辛口だ。 と言っても、日本酒は地酒が2種類しかない。 しかし、飲んで見ると口当たりが良く、

 

   「これ、本当にこれ、辛口?」

 

と、日本酒に詳しくない妻まで言い出した。 それなら・・と、甘口も注文した。

 

この頃には、刺身盛り合わせが届いた。 見ると、氷の上に乗っているのは、大トロと、厚いホタテ、脂の乗った白身である。 まさか海から遠い秩父の宿で、こんなに旨い刺身に出遇うなんて!

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233243.jpg (本当は、大トロは3切れあった。)

 

そして、甘口の酒が届く頃には、本日のメインディッシュが運ばれて来た。 牛肉である。 見ると、適度にサシが入り、薄く切られた数枚が丁寧に折り畳まれている。 運んで来た女性によれば、

 

   「近江牛です。 ここの女将の出身地なので・・」

 

と言う事らしい。 これを卓上の固形燃料で沸騰した湯で、しゃぶしゃぶにするらしい。 そしてこれを、ポン酢醤油だれかゴマだれで食べるのであるが、このどちらでも美味しい。

 

そろそろ甘口の日本酒が切れる頃、卓上の固形燃料が釜めしを炊き上げた。 ここまで、ほぼ2時間。 

 

え? 甘口の日本酒の味ですか? まぁ、先の辛口と飲み比べれば違いが分かるけど・・ 何れもサッパリした飲み口で、グイグイいけました。

 

釜めしに箸を付ける頃、味噌汁が運ばれて来た。 赤味噌仕立てである。 この頃になると、もう満腹を越えてしまって、あの数時間前の空腹は一体本当だったのだろうか・・と思える程である。

 

それでも、この後、デザートが出ると言う。 ハテ、スイーツか、アイスクリームか、フルーツか・・と思ったら、その全部だった。

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20161020/20161020233244.jpg

 

   ――――――――――――――――――――

 

やがて9時を廻る頃、漸く宴が終わり、布団が敷かれた。 いよいよ・・である。