読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

抄読会―11  

次に烏賊博士は、私のAndroid携帯で試して見よう・・と提案した。 そこで私はGoogle Playを起動し、「BrainWave」と入力すると、NeuroSky Dev社の「Brainwave Visualizer」と言うソフトがあるので、これをインストールした。 すると、先程iPadと同じ画面が出現した。

 

そこで彼は自分の頭からデバイスを外し、私の頭にセットした。 そしてBluetooth接続を試みた。 しかし、何度やってもダメだった。 すると彼は、デバイスから単4電池を取り出した。 曰く、

 

   「今までは、私のiPadとペアリングしていただろ? だから新しい携帯とペアリングする時は、こうやってハードウエアリセットをする必要があるんだ・・」

 

と言いながら、元の場所に電池を入れた。 すると私のBluetooth検出画面に「MindWave Mobile」の文字が現れ、ペアリングが完了した。 そして画面右上隅の電波強度アイコンが最大値を示したと共に、デバイスのLEDが青く点灯して正常にペアリング出来た事を知らせていた。

 

うん、面白い! このデバイスは。 しかし、面白いだけでは仕方ない。 すると、彼が突然、加算問題を連続して出した。 しかも、繰り上がりのある加算を・・ きっとその間、α波が減りβ波が増えるかどうか、観たかったのだろう。

 

   ―――――――――――――――――――

 

こうして色々実験するのは、楽しい。 しかし、楽しい時間は過ぎるのが早い。 彼が用事があるので、また次回・・となった。

 

   「今度、出来たら5チャンネルの脳波計を持って来るよ。 これなら、脳内のどこが活性化されているか、わかるんだ」

 

と言い、別れた。 脳内の活性化マップが描ける!?! こりゃ変な事を考えていると、バレちゃうゾ・・と心配された諸姉諸兄、そこまでの解像度は無いので、ご安心を!

 

   ――――――――――――――――――

 

私はエレベーターを降り、駐車場に向かった。 そして、自分の車を見つけた。 将にその時、突進してしまった。 と言うのも、右手には杖、左手には食べきれなかったバーガーの紙袋を持っていて、周囲に掴まる物があっても、両手が塞がっていたのである。

 

私は自分の車の横のアスファルトに倒れ込んだ。 その時、咄嗟に右手の杖をアスファルトの上に置き、その上に右手を着いた。 そのため、完全に無事だった。 所が左手は、紙袋を握ったままなので、指の甲側が着いた。 そのために小指と薬指に擦過傷を負ってしまった。

 

所が、このままでは終わらなかった。 両手をアスファルトに付いただけでは十分な制動に至らず、顔面も付いてしまった・・ いや、「顔面制動」した訳でも無い、唯、最終的なバランスとして両手のみで停止出来なかったのだ。 そのため、顔の左側が接地した。 これにより、左唇の上から出血した。 なぜ、ここが? 実は、その内側に犬歯のある場所なのだ。

 

出血と言っても、それ程でも無い。 やがて自然に止血した。 そこで、ティッシュペーパーで血を拭い、車に乗り運転して帰宅した。

 

帰宅時、妻は最初はビックリしたが、突進による転倒と分かると、余り騒がなかった。 私は家に入り、指の擦過傷にゲンタマイシン軟膏をタップリと塗り、傷テープで抑えた。 更に、唇にも塗っておいた。

 

その後当日は唇から滲出液がでたり、2~3日は小指が痛んだが、こうして口内炎にもならず治って行った。

 

今回の事故(=怪我)は、色々な教訓を残した。