読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201608―2  

さて、いよいよ本日の本題である。 メモには、次の様に書いておいた。

 

(2) 処方について  (処方量は、1日当たり)

⑤ 処方を次の様に希望します。

薬  剤

現在

希望

マドパー配合錠 100mg

2  錠 

2  錠 

プラミペキソール0.125mg

2  錠

0  錠

ドプス 100mg

4.5 錠 

6  錠 

シンメトレル 50mg

4  錠 

4  錠 

⑥ 希望の理由1(ドプスの増量)

  ・ すくみ足が酷くなったため。

  ・ 過去、ドプスは6錠/日で処方されていた。(平成25年5月○日~平成27年11月○日) 高血圧の原因がドプスにあるか否か、平成27年1月○日以降3錠に減量。 6錠に戻す途中だった。

  ・ ドプスの標準維持量は1日600mg、1日3回分割投与。(添付文書より) 

⑦ 希望の理由2(プラミペキソールの減量)

  ・ プラミペキソールの薬理(D2レセプターへのアゴニスト)は、進行性核上性麻痺とは無関係?

  ・ 平成26年12月○日よりプラミペキソールの副作用を避けるため、0.5mg×3錠/日から0.125mg×3錠へ、更に平成27年5月○日より0.125mg×2錠に減量し、最終的に0錠にする途中だった。

 

さて、患者の希望はどこまで叶えられるのか? 

 

最後に、高血圧について、報告と質問を記した。

 

 (3) 高血圧について 

⑧ 前回の処方で、アムロジピン(5mg、1錠/日)は奏功した。 例えば、収縮期で概ね120~140mmHg、拡張期で85~95mmHgになった。

⑨ 高血圧の原因は、以下のいずれと推定できるでしょうか?

  ・ 進行性核上性麻痺に関連している。

    → 進行性核上性麻痺の症状である。

    → 進行性核上性麻痺の治療薬の副作用である。

  ・ 進行性核上性麻痺とは無関係である。

    → 例:本態性高血圧。

 

これに対し、F医師が、

 

   「どうですか、アムロジピンは引き続き必要でしょうか?」

 

と訊いたので、妻が慌ててバッグから「家庭血圧日記」を出し、該当ページを開いてF医師に渡した。 F医師は、それを一瞥した。 私は

 

   「お願いします」

 

と答えた。 尚、⑨の質問には答えなかった。