読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ330―女性の理学療法士  

さて、2016年8月下旬の今日は、リハビリと診察がある日だ。 先に診察を受ければ、リハビリ直前の予診は不要なのだが、診察の方は時間が不定なのだ。

 

まぁ、仮の話しをしても仕方ないので、妻の運転で総合病院に出掛けた。 そうだ、確かI士は不在で。女性の理学療法士を予約していてくれたハズである。 事実、待っていると、

 

   「○○さーん?」

 

と、女性の声がした。 見ると、体格の良い女性だ。 マスクをしているので顔全体は分からないが、髪をポニーテイルにしているので、「ミニ北斗晶」を美人にした印象だ。 名札を見ると、Tと言う名前であった。 女性の理学療法士による施術は、久しぶりだ。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/20131104/1383512727

 

   ――――――――――――――――

 

さて、空いている台を清拭し、施術が始まった。 先ずは下半身のマッサージである。 あ、女性が男性の下半身をマッサージする・・と言っても、誤解はないだろう。(汗)

 

台の上で脚の屈伸・足の反り返り・ハムストリングスの伸展などを行った後、薄い台と柔らかいエアークッションを持って来て、台の下に置いた。 そして、そのツールの所までお尻のみでいざって行ってみよ・・とT嬢が言った。 その昔、O士がやってみせて、私が出来なかったやつだ。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/20130629/1372455663

 

そこで私は諦めて、手を使ってしまった。

 

   ―――――――――――――――――

 

T嬢は、薄い台を床に置き、エアークッションは台の上に置き、前者に足を乗せ、後者に尻を乗せる様、指示した。 私はエアークッションに座り、言われる通りやったが、違ったらしい。 彼女は私の足元に廻って、薄い台を奥に半歩分ずらした。 すると足の先の半分は空中に浮き、台には踵しか乗っていない事になる。 これで準備完了である。

 

私のこの状態で、T嬢は私の背中に位置して、私にバンザイを促して私の両腕を持った。 そしてその両腕を上に引っ張り上げた。 すると私の後頭部が、彼女の胸に当たった。 いよいよ、佳境である。