読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

気功―39  

2016年8月上旬の次の行事は、気功である。 そこで予約日に妻の運転で、気功師宅に出掛けた。 何度も通った道であるが、妻は目的地をカーナビの運転履歴から探し、セットした。

 

さて、今回は意識して歩いたので、気功師からは特にコメントは無かった。 所が、入り口での方向転換が上手く行かず、脇の柱にもたれ込んでしまった。

 

   「ほら、ユックリ! 慌てない、慌てない」

 

とは言うが、別に慌てている訳ではない。 それに、

 

   「脚を上げて!」

 

とは言うが、私に言わせれば、

 

   (それが出来れば、苦労はないっ)

 

と思うのである。 まぁ、それは置いといて、いつもの小部屋に入り、軽い挨拶後、早速施術が始まった。 気功師は右手で水晶を廻し、左手を私の体の上方でかざした。 すると、特に暖かく感じる部位がある。 きっとチャクラが入る「ツボ」なのだろう。

 

こうして約1時間、仰向けになって15分程で施術が終わった。 気功師がお茶を淹れに立ったので、私は元の座布団に戻ろうとした。 しかし気功の施術を受け始めた頃の軽さは、感じられなかった。

 

その後、お茶と菓子を戴きながら、雑談をした。 その中から、私の病気に関する事項について、幾つかのコメントを紹介しよう。 先ず、気功師は開口一番、

 

   「頭の中のモヤモヤしたものを、全部取っといたわよ」

 

と言った。 私の中では、この所、平穏に過ごせているので、思い当たる所が無かった。

 

続いて、脚を上げる練習をやっているかを訊いた。 妻が、

 

   「あっ、それ、リハビリでやってます」

 

と答えた。 更に、ヨガマットやハーフのストレッチポールを持っている事を紹介したら、有効利用しているか、ツッコミが入った。 すると、妻が

 

   「お昼寝マットと枕になってます」

 

なんて告げ口をするもんだから、私がとばっちりを受けてしまった。

 

最後に帰り際、

 

   「また元に戻っちゃったわね? 折角、前回、少し痩せたのに・・」

 

と指摘を受けてしまった。 まぁ、言えてるだけに反論出来なかった。 熱中症予防のためにエアコンを効かせた部屋で、オリンピックでの日本人の活躍をテレビ中継で観ていれば、当然である。 ・・等と開き直っても、屁のツッパリにもならない。