読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

所沢ゆり園へ

6月下旬の某日、義妹夫婦の案内で埼玉県所沢市にある「ゆり園」に出掛けた。 前の晩の急なお誘いであったが、当日何も予定も無かったので、二つ返事でOKした。

 

   http://www.seibu-group.co.jp/railways/enjoy/rec/yurien/

 

メンバーは、義妹夫婦・義母・私達夫婦の5人である。 そして午前9時前にピックアップしてもらい、出発となった。 高速道路はガラガラだった。 唯、入間の三井アウトレットパークへの出口を除いて・・ 確か、アウトレットは10時開店のハズ。 なのに、皆、何を求めて、こんな早くから!?!

 

ま、他人は他人。 我々は一路、ゆり園を目指した。 そしてナビの指定する通りに進んでも、ゆり園の看板が見えない? 仕方なく近くの駐車場の入り口で、

 

「ゆり園に行きたいんですけど、脚の不自由な人もいるんで・・」

 

と訊くと、地図と共に最寄りのD駐車場を教えてくれ、無線でその旨を連絡しておいてくれると言う。 実際、案内の通りに進むとD駐車場があり、係員が「満車」の札の脇に立っている。 彼に先程の(無線連絡して貰った)旨を申し出ると、身障者用のスペースを案内してくれた。 ただ、車椅子の準備はなさそうだ。

 

さて、駐車は出来たが、ゆり園の方角は? と思っていると、ゆりの鉢を下げている人が次々と歩いて来る! その人達と反対方向に歩けば良いのは、明らかだ!!!

 

こうして、無事にゆり園の入り口に着いた。 と言いたい所だが、途中坂を下りて、また上らなければならない・・ 帰りが心配だ。

 

   ――――――――――――――――

 

入園券販売所は30人位の列が出来ているので、屋根下のベンチに腰掛けて待った。 目の前には即売用のゆりの鉢植えが並び、周囲に良い香りを放っている。 もうこれだけでも、十分癒される気がした。

 

さて、入園料を支払って入ると、正面に色とりどりのゆりの花が咲いていた。 否、色ばかりか、花弁に縮れの入った品種もある。 

 

白い大輪はカサブランカ

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20160701/20160701135453.jpg

 

黄色いゆりはイエローウィン

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20160701/20160701135451.jpg

 

赤いゆりはアプリコだろうか?

 

   http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20160701/20160701135452.jpg