読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201606―2

 

そしてほぼ診察が終了したようなので、私は封筒からA4の紙を1枚、取り出した。 それは、「指定難病医療費給付 継続申請のお知らせ」である。 この封筒の中に「臨床調査個人票 005 進行性核上性麻痺(更新)」が入っていて、取り出した紙には「難病指定医又は協力難病指定医が記入して下さい」と書いてある。 要は、更新のための診断書である。

 

勿論、予め、インターネットで、F医師が難病指定医である事は確認しておいた。

 

F医師はこの票を見るなり、書き込み始めた。 オオ、この場で書いている! と言う事は、今日中に貰えるのか!!! そして、

 

   「前回(の記入日)は、いつでした?」

 

と聞くので、

 

   「同じく6月です」

 

と答えると、モニターの画面を探し始めた。 そして、

 

   「(あった、あった! 6月○日ですねぇ・・)」

 

と独り言を言いながら、その記録を画面に拡大表示した。 そう、過去の文書が見られる様になっている。 それを見ながら記入し、ADL関する項目の所だけ、質問した。 例えば、

 

   「どうですか、食事は一人でできますか? 咽たりしませんか? トイレは一人でできますか? 入浴はどうですか? 階段は登れますか?」

 

等である。 で、記入したものを渡されたので、自宅に戻ってから見ると・・ 全般的に去年のものより、重くなっている。 

 

まぁ一般論であるが、俗にこの世界では「障害は軽く、等級は重く」と言われるが、この線には沿っている。 それには、妻のコメントがあったからであろう。 例えば、F医師の

 

   「食事は一人でできますか?」

 

に対し、私は肯定したが、妻が

 

   「でも、時々咽るじゃない!」

 

とか、

 

   「お風呂は一人で入れますか?」

 

   「えぇ、でもリフォームして、手摺りをそこらじゅう付けたんです・・」

 

等である。 そして、次回の予約を5週間後にお願いして、今日の診察を終えた。

 

でも、折角メモを書いてきたので、置いて来た。 そこには、ここ2週間のF医師による処方について、書いて置いた。