読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

診察201605―2

続いて、この6週間の症状の変化について報告した。

 

(2) マドパー配合錠の減量後の体調の変化について 

⑤ 4月○日以降、私の希望により2錠/日に減量された。 その直後、体調に特に変化は無かった。

⑥ 尿が濃黄色から黄色になった。

⑦ 5月上旬の頃から、体調が悪化。 具体的には、バランスの悪化により歩容・歩行障害が酷くなる。 例えば、降車時、脚がすくんでバランスを失い、右肩に擦過傷を受傷した。 (右手に杖、左手に下げ袋)

⑧ ⑦は、⑤とは無関係に思われた。 そこで、⑦の原因として以下の3点を考えた。

  ・ 症状が、緩徐ではあるものの、進行してきている。

  ・ シンメトレルによる「ハネムーン期」(著効を示す期間)が、終焉となった。

  ・ 3~4月の腰痛により、運動量が低下した。 (2000歩/日が1000以下に)

 

ここが、本日のキモである。 F医師は、ジッと集中して眺めていた。 ここでは特にコメントは無かったが、途中、診察を入れた。 例えば座位のまま、両手を前に突き出して高速グーパーをやったり、腕の屈伸、腿上げ、続いて立位になって、ベッドへの腰掛け動作や、室内歩行をやったりした。 殆んどの項目で予想以上に出来たらしく、F医師は評価した。

 

また、リハビリについても、

 

「どんな事をやってますか?」

 

と訊くので、

 

   「ストレッチとか、マッサージとか・・」

 

と答えると、

 

   「どうですか、効果はありますか? 例えば、リハビリの後は体の動きが良いとか?」

 

と聞いたので、勿論、肯定の返事をした。

 

さて、残るは処方と次回の予約日の決定である。

 

所で、話は前後するが・・

 

通常は、診察日に合わせて、リハビリの予約を入れて置く。 勿論、今回も診察前に入れて置いた。 しかし今回は、急用のため電話でキャンセルせざるを得なかったのである。