読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

ハビリ310―バランスの悪化

4月中旬の某日、妻の運転でいつもの総合病院にリハビリに行った。 いつものM医師が、

 

   「どうですか、お変わりないですか?」

 

と訊いたので、

 

   「この頃、バランスが(悪いんです)・・」

 

と申告した。 事実、この1週間程、上手く歩けない。 その理由として、次の可能性がある。

 

   ① 腰痛のため、歩行を含めた運動量が減っている。(1000歩/日程度)

   ② 症状が、進んだ。

   ③ シンメトレルによる「ハネムーン期」が終わった。

 

まぁ、②や③は考えたくはないが、覚悟もしなければならない。 これに対してM医師は、

 

   「転んだりはしてないですか?」

 

と訊いたので、大丈夫の旨を答えた。 すると、M医師はキーボードをカチャカチャ打って、予診を終えた。

 

そして待っていると、I士が現れて施術を開始した。 実は、2週間ぶりである。

 

   ――――――――――――――――

 

彼は、先ず私の体調を訊いた。 そこで、私は

 

   「バランスが(悪化している)・・」

 

旨、答えた。 これに対して、彼も転倒の有無のみを訊いた。

 

さて、今日は色々な事をやった。 例えば、四つん這いの状態で手と対角の脚を伸ばし、それを彼の合図でお腹の下で接触させる(=膝を対角の手で叩く)。 実は、これ自体はやった事がある。 続いて、四つん這いのまま手を上に挙げ、胸を開いた。 そして挙げた手と対角の脚を挙げ、同じく彼の合図でお腹の下で接触させる。 

 

その後I士は丸椅子に腰掛け、立位になった私に肩を持たせた。 私は片足を大きく前に出して、その膝を曲げて腰を落とした。 その状態で背を伸ばし、前に屈んだ。 すると彼は、私に

 

「そのまま、両腕を挙げられますか?」

 

と訊いた。 私は、彼の肩から手を離し、両腕を斜め45度に挙げた。 すると今度は、

 

   「そのまま、身体を起こせますか?」

 

と訊いたので、起こした。 すると、

 

   「(そうではなく)下半身は、そのままで出来ますか?」

 

と訊くので、一応やって見た。 彼は何とも言わなかったが、きっと出来てなかったのだろう。