読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

気功36

2016年4月となり、日本の各地から桜が満開の便りが届く。 我が家の庭の桜も、満開となった。 そんな4月の始め、気功の施術を受けに、妻の運転で気功師宅に出掛けた。 

 

宅に着くと、ドアが開いていて、私達は声を掛けて入った。 すると、気功師が奥から出て来た。 いつもなら、ドアの側で私の歩容を知るために、聴き耳を立てていたのに・・ 更に、奥から子犬のキャンキャン鳴く声がして、ガラス越にこちらに向かって吠えているのが分かった。

 

何か、いつもと違う雰囲気を感じながら、室内に入ると犬は急に静かになり、挨拶後、早速施術が始まった。

 

   ――――――――――――――――――――

 

うつ伏せの状態で、妻が私の腰痛を告げた。 すると、気功師は私の腰の辺りを撫で始めた。 更に尾骶骨の方に手を当て、

 

   「痛いのは、この辺かしら?」

 

と訊いた。 私がもっと上を指すと、

 

   「あら、変ねぇ、この辺だと言っている・・ レントゲンは撮ったんでしょ?」

 

   「ええ、5つある腰椎の上から2番目が・・ (変でした。)」

 

と言うやり取りになった。 その後仰向けになって、約1時間で全体の施術を終えた。

 

   ――――――――――――――――――――

 

その後、気功師が淹れてくれた甘いコーヒーを飲みながら、私の状態についての説明を聴いた。 先ずは、胃痛である。 昨年11月中旬の上腹部痛に似た痛みを、ここ1ヶ月で2回ほど経験したからである。 すると、気功師

 

   「あら、そう? 何も無かったけど?」

 

と言う気功師の言葉にチョッピリ安心し、続いて私の高血圧の懸念を妻が話した。 すると気功師

 

   「136の85だったわよ」

 

と、気功での見立てを述べた。 すると、今度はそれに対して妻が答え、次の様なやり取りとなった。

 

   「家で測ると、150の100位ですけど・・」

 

   「それじゃあ、高血圧じゃあない! 家では、どんな血圧計で?」

 

   「あのぉ・・ 手首に巻くものなんです」

 

   「あのね、血圧計って(メーカーや機種によって)色々なのよ! 一番正確なのは、水銀柱でやるやつなの・・」

 

と。