読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ308―脚を上げる

今日は3月下旬、今月最後のリハビリの予約日だ。 そこで、妻の運転で総合病院に出掛け、いつものM医師の予診をうけた。

 

するとほぼ定刻、担当のPTであるI士が現れ、空いている台を探して施術が始まった。 この頃には腰痛はほぼ収まり、違和感を残すのみとなっていた。

 

   ―――――――――――――――――――――

 

今日は、歩行の練習で、色々と新技があった。

 

先ずは、その1である。 これは、膝を叩きながらの歩行である。 例えば右脚を挙げて、その膝を左手で叩く。 続いてその右脚を着地し、左右交替して同じ動作を行う。 ただこれは、以前、整形外科でやった事があったので、早速左右の膝を対角の(=反対側の)手で叩きながら歩き始めた。

 

すると、I士が

 

   「先ずは、止まってやって下さい」

 

と注意した。 そこで、その場で足踏みの様に何回かやったら、直ぐに歩行許可となった。 すると今度は。

 

   「もっとユックリ!」

 

と注意した。 ペースはモデラート・・と言うより、ラルゴである。 これでリハビリ室内を往復した。

 

   ――――――――――――――――――――

 

続いて、その2である。 今度は、挙げた片脚を手の平で叩くのでなく、肘と接触させる・・と言うのである。 彼が一回見本を見せてくれた。 そこで私がやってみた。 すると、

 

   「違うんです、上半身は回旋運動になるんです」

 

と注意を受けた。 つまり、私の場合はハムストリングスが固いので、脚が余り挙がらない。 その結果脚と肘を接触させために、上半身が下がってしまうのである。

 

そこで接触には余り拘らず、脚上げと上半身の左右の回転を同期させる事に専念した。 まぁ、一応の評価を貰った。

 

最後は、その3である。 今度は、彼は、

 

   「こんな事、できますか?」

 

と訊きながら、右脚を伸ばしたまま、スッと蹴り上げた。 そしてその爪先を左手で触ったのである。 勿論、脚は水平より高く、上半身は立ったままである。

 

一応試したが、遥かに届かない・・ そこで、出来る範囲で片脚を前の方に蹴りながら進んでみた。 彼は、

 

   「オッ、イイですねぇ!」

 

と言いながら私の後ろから付いて来たが、それが彼の要請に遥かに届かないのは、私自身が分かっている。