読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

リハビリ299―腰痛あれど、体調十分

2016年1月下旬にもう一回、リハビリがあった。 勿論これが、1月で最後になる。 そこでいつも通り、妻の運転で総合病院に出掛けた。 リハビリ室に入り、これまたいつものM医師と、いつもの会話で診察を受けた。

 

ほぼ定刻、担当のI士が現れて、施術が始まった。 彼は私が杖を使っていないのを見て、

 

   「どうですか? お薬が変わって、調子イイみたいですね?」

 

と訊いた。 前回は、処方薬の種類は変わらず、ドプスが半量へと減薬処方となったのである。 確かに減薬直後の1週間~10日位は調子悪かったが、その後はほぼ減薬前まで戻った。

 

その意味では、処方が変わって調子は戻った。 但し、腰痛が未だある。 ただこれが、減薬の影響なのか否かは不明である。

 

で、あればその辺の所をキチンと説明し、誤解があれば解くべきなのでるが、構音障害があると、つい億劫になって、

 

   「えぇ・・」

 

と答えてしまった。

 

   ―――――――――――――――――――

 

さて、一通りマッサージやストレッチ、筋トレが終わると、I士は私に台から降りて、靴を履く様に促した。 そして、別の台の高さを私の臍位まで上げ、足を半歩開き、台に向かって両腕を突いた。 すると、台に両手を付いて、上半身が屈み込んだ格好になった。

 

そう、今日の新技である。

 

I士は、その状態で左腕を真っ直ぐ上に伸ばした。 両腕は180度広がり、胸板は完全に鉛直になった。 そう、同じ格好を四つん這いでやった事がある。 私は、I士の真似をした そして今度は、左右を入れ替えて、同じ事をやった。 

 

・・と思った。 所が、妻に言わせると、

 

   「Iさんと同じ事をやっている積もりかも知れないけど・・ 格好が全然違う」

 

と。(汗) 

 

自分では、同じ課題がほぼ出来ている・・と思っていた。 リハビリの奥は、深い・・