読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

歯医者にて、指摘を受ける

12月中旬の某日、歯医者に行った。 定期健診を兼ねた歯石の除去のために、3ヶ月毎に通っている。 勿論、電話で予め、午前11時に予約してある。

 

所が、フと気付くと、時刻は10時35分!?! それから大急ぎで準備し、車に乗った。 それでも歯医者の手前の国道上でで、ラジオから11時の時報を聞いた。 

 

「(うーん、今から急いでも5分の遅刻だぁ・・)」

 

とは思ったが、ここは急いでも、慌ててはならない。

 

   ―――――――――――――――――

 

歯医者の受付に健康保険証を出し、待合室のソファに腰掛けた。 それから約10分待った。

 

   「(なーんだ、急ぐ必要はなかった)」

 

と思ってしまった。 

 

その後、前の患者が終わり、私が治療用の椅子に腰掛けると、11:15分になっていた。 そして、あの「キーーーン」と言う超音波スケーラーの不気味な音と共に、歯石取りが始まった。

 

そして、10分程で一通り終わると、A嬢は指にデンタルフロスを巻いて歯間を掃除し、講評を行った。

 

   「ここが、磨けてません。 電動の歯ブラシをお使いですよね?」

 

と言いつつ、左右の犬歯の周辺を触った。 道理で、その辺にスケーラーを丹念に当てていたハズだ。 更に、

 

   「前回より、(歯茎からの)出血が多いです。 チャンと、あれ(=エピオスウォーター)ですすいで下さいね」

 

と言った。

 

   ―――――――――――――――――

 

私には心当たりがあった。 風呂上がりに三種の神器で歯の手入れをしていると、湯冷めしてしまうので、つい、二種の神器にしてしまっていたのだ。 その結果は、明らかである。

 

   http://psp-pagf.hatenablog.jp/entry/2014/07/18/055132

 

私は反省し、以降はチャンと三種の神器で歯の手入れを行っている。