読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

秋の秩父路を訪ねて

2015年も11月となって秋も深まって来ると、紅葉観賞の季節となる。 実は義妹夫婦から「紅葉狩り」のお誘いを受けた。 妻と「毎日が日曜日」の私は、即OKした。 行く先は埼玉県の奥秩父にある中津峡が候補と言う。

 

少し遠いので、朝9時の出発・・と言う。 上旬の某日、妻と義母を含め、5人が義弟の車に乗り込んだ。 さて、ルートであるが、行きは国道254号から140号に入る道を選んだ。 当然、同じ思いの車も多く140号は渋滞している。

 

所が、道を間違えて299号に入ってしまった。 しかしこれが幸いし、混雑する秩父市内を通らなくて済んだのだ。 途中、県道43号から一度国道140号に戻り、中津川沿いの市道大滝幹線17号に入った。 ここからは、一本道である。

 

途中、ループ橋(雷電廿六木橋)を渡る辺りから周囲の山々は色づき始め、皆、期待にワクワクしてきた。

 

   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7%E9%9B%BB%E5%BB%BF%E5%85%AD%E6%9C%A8%E6%A9%8B

 

更に途中、名勝「永世戸山」で降りて秋を満喫した。 山は色づき、眼下に中津川の渓谷を楽しめる。

 

   http://f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20151103/20151103125326.jpg

 

   http://f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20151103/20151103125304.jpg

 

更に、奥に進むと20分程で中津峡に着いた! 燃える様な深紅のモミジが見え、

 

   「(嗚呼、少し遠かったが、来て良かった!)」

 

と思えた。

 

   http://f.st-hatena.com/images/fotolife/P/PSP-PAGF/20151103/20151103134152.jpg

 

ここまで、乗車3時間に昼食1時間を加え、午後1時を過ぎていた。 尚、昼食は秩父蕎麦の名店、「紺屋」(こうや)で摂った。