パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

姫初め

日本の新年には色々な儀式があるが、楽しみの一つは「姫初め」である。

 

Mailerと半日戯れている間に、夕方となってしまった。 ま、トラブってはいるが、メールの受信はできている。 それに正月休みなので仕事のメールは来ないし、知人・友人からのアケオメメールは、訳を添えて別アカウントから送信すれば良い。

 

そこで、mailerの修復作業は、一旦、ここまでとした。 今夜は、それよりも大切な「儀式」が待っている。

 

以下には性的表現があるが、不愉快に思われる読者には、パスしてほしい。

 

   ―――――――――――――――――――――――

 

2012年冒頭の某夜、寝室のエアコンの室温設定を高めにして「姫初め」に臨んだが、妻が生憎の旗日となっていた。 折角年末から禁欲をして、楽しみにしていたのに・・ それに当方の竿は、既に準備万端である。 今更、持て余したリビドーを昇華するすべもない。

 

そこで、妻に何日目か尋ねてみると、4日目…と言う。 もしかして・・!!!

 

どういう事かと言うと、2、3日目は出血が多くてシーツが「日の丸」になってしまう。 5日目は終わりかけているので挿入可能だが、出血が残っているので流石に前戯ができない。 4日目なら、可能である。

 

妻もその事を分かってくれているので、条件付でOKしてくれた。 その条件とは、?正常位のみとし、体位変換を行わない、?前戯なしで、早目に終わらせる事… である。

 

   「前戯なしで、挿入できるの?」

 

と、疑問に思われた読者もいるだろう。 でも、経血があるので、大丈夫なのだ。

 

   ――――――――――――――――――――――――

 

そこで前戯は胸だけとし、私は妻の脚の間に割り込み、正常位で挿入の態勢になった。 潤っていれば竿の先を溝に沿って上下し、入り口を探せる。 しかし、今夜は潤っていないので、「一発勝負」だ。

 

(続)