パーキンソン病/症候群の闘病記です。 同病の方々のご参考になれば幸いです。

idやURLのPSPとはパーキンソン症候群の中の進行性核上性麻痺、PAGFとはPSPの非典型例である純粋無動症の事です。

発症のころ

2008年の夏でしょうか、歩くのに違和感を感じました。 つい、つま先歩きで前傾姿勢になってしまうのです。

 

今考えれば、それがパーキンソン病との長い付き合いの始まりだったのでした。

 

パーキンソン病は決して珍しい病気ではありません。 これから闘病記を書いて行きますので、同病の方と意見交換ができれば幸いです。